好き嫌いを直すことは可能か?


ワンステップ・クリアブルー


好き嫌いを直すことは可能か?

 

好き嫌いの何がいけないかと言われると、それは非常に難しい話だと思います。もちろん親の立場としてはちゃんと成長して大人の体を作れるだろうかとか、太ってしまって病気になりはしないだろうかと言うようなことがまず心配になってしまうはず。

 

もうちょっと深く考えると、大人になっても食べられないものばっかりで、結婚相手に迷惑をかけないだろうか、一緒に食事をする人を不愉快な気持ちにさせないだろうかという心配にもなっていく。

 

実際、大人になっても嫌いなものはまったく受け付けないという人はいますよね。黙ってただ食べないならまだしも、そんなものを食べる人の気がしれないなどとわざわざ口に出して言う人もいます。

 

嫌いなものを選り分けて食べる姿は美しいとは言えませんし、お料理そのものや作ってくれた人に対して失礼な態度にもなります。好き嫌いを公言して憚らない態度=幼稚というイメージがどうしてもありますし、食事に対する倫理観まで疑われかねません。

 

そうなると栄養不足や体だけの問題ではなくなってしまいます。

 

直せるものなら直したいけれど、子供が好き嫌いをするのはある程度仕方ないという気持ちもある。自分も昔は苦手だったなという食べ物があるのではないでしょうか。そのうち食べられるようになるさと楽天的に考えるという方法もあるけれど、もし万が一大人になってもこんな調子だったらどうしようなんて思ってしまいますよね。

 

マルチビタミングミは、栄養を補うことは可能ですが、好き嫌いを直すという目的を達成できるものではありません。しかし、嫌いな食べ物とセットになっている親の厳しい躾が好き嫌いを増長させるなんてこともあるとすれば、親心からとは言え厳しくしすぎるのも考え物です。

 

マルチビタミングミがあれば、野菜を食べなければ体を壊してしまうという心配がなくなる分、長い目で精神的ゆとりを持って、お子さんの食べ方を教育できるのではないでしょうか。

 

それでも嫌いなものは嫌いなのかもしれませんが、嫌いなものがあることは悪いことではないと言う考え方もできるはず。その場しのぎかもしれませんが、マルチビタミングミは子育ての難関をサポートするアイテムにもなるはずです。

 

マルチビタミングミの食べ過ぎをふせぐために

 

マルチビタミングミは食べやすく美味しいので、お子さんでもお菓子のように口に運んでくれるはずです。お水と飲む必要もありませんから好きなときに口に入れれば良いだけというあたり、大人にとっても続けやすいサプリメントとして人気があり、リピート率が90%を越えている製品だと言います。

 

当然、懸念されるのは食べ過ぎの方であって、自己管理ができる大人ならまだしも、子供は美味しいからと一日の目安摂取量を超えた量を食べてしまうかもしれません。食べなさいと言えば食べないし、あまり食べるなと言うと食べてしまうお子さんもいるでしょうから、一日に食べる量を制限することはとても大事です。

 

どんなものでも行き過ぎれば毒になってしまいます。体に良いものだからと言って、食べ過ぎればまた別の影響が出てきてしまう。そうなったら元も子もありませんから、お子さんの性格に合わせて、一日に食べられるグミの量をしっかり守ってもらう方法を考える必要があります。

 

おすすめの方法は、商品が届いたら他のボトルに小分けにして置いておくことです。

 

一見してたくさん入っているので、意識しなければついつい食べ過ぎてしまう。これは大人でも同じで、ついサプリメントだと言うことを忘れてしまうことがあります。小さめのボトルなり乾燥しにくい容器なりに、少しずつ親が補充することにして、食べ過ぎても高が知れているという状態にしておくと良いと思います。

 

もちろん性格によるでしょうが、パッと見の量が少なければ、子供だって意外に計画的に、慎重に食べるのではないかと思います。これは一例に過ぎませんが、好き嫌いによる栄養不足の心配がなくなったところで、食べ過ぎの心配をしないためにも、お子さんに合わせた工夫を考えてみて欲しいと思います。

 

お子さんの好き嫌いは心配だと思いますが、ぜひマルチビタミングミを食べて、ゆとりある食育をしていただけたらと思います。