出産手当金の支給額は?


ワンステップ・クリアブルー


出産手当金の支給額は?

 

出産手当金の支給額というのはどのくらいなのかをご存知でしょうか?
この支給額は、産休前に働いていた時に会社から支払われていた給料の、3分の2が支払われることになっています。

 

標準報酬日額というのは、入社時における賃金、もしくは4月から6ヶ月間の賃金の平均をもとにして算出された報酬月額を30で割って算出された金額のことを言います。
これは健康保険料を決定する時にも使用される計算式です。

 

出産手当金の支給日数というのは産休の日数によってそれぞれ異なりますので、支給額も当然異なります。
産休は産前休暇を取得していない人がいたり、産後6週間だけ仕事に復帰をする人がいるなどそれぞれの事情であったり都合によって取得をする日数が違ってきます。

 

出産手当金というのは取得をした産休の日数によって支給額が決定するものですので、産休の取得においては体調や仕事の忙しさ、さらに受け取ることができる金額についても十分に考慮したうえで計画的に行うように心がけなければなりませんよ。

 

さらに、支給額は出産をする日にちによっても異なります。
産前休暇と呼ばれるものは、出産の予定日を含めて6週間前から取得をすることができます。
しかし、実際の出産が予定日よりも早くなってしまった場合には、産前休暇の期間というのは短くなってしまいますので、注意しなければなりません。