高齢出産と流産


ワンステップ・クリアブルー


高齢出産と流産

 

高齢出産というのは、無事に生まれる前に流産をしてしまうリスクが高くなります。
20代や30代前半の人の妊娠においても初期段階において流産をしてしまうことが多いです。

 

高齢だからと特別なものではありませんが、流産の確率というのは35歳を過ぎた頃から上昇します。
妊娠して出産を控えている人の中には、流産をしてしまう方も少なくありません。
そのような場合には母親というのは自分に何かしらの責任があるのではないかと考えてしまうものです。

 

高齢出産を控えている人は、妊娠中でも仕事を継続して行っていることが多いですので、仕事が原因となって流産をしてしまう、ということも少なくありません。

 

たしかに高齢での妊娠や流産というのは悲しいことではありますが、原因というのは胎児における染色体異常ですので、母親の責任というものではありません。

 

高齢出産では、胎児の染色体異常になってしまう確率が若い世代における妊娠よりもかなり高くなります。
しかし、胎児の染色体異常を予防することというのは不可能ですので、仕方がありません。

 

母親は自分の責任だとして酷く自分を攻めてしまうものですが、そんなことはありません。
そうではなく、夫婦2人でしっかりと高齢出産におけるリスクを乗り越えていく必要があるんですよ。