乳幼児医療費助成


ワンステップ・クリアブルー


乳幼児医療費助成が使えるのはいつまで?

 

乳幼児医療費助成が使えるのはいつまでなのか、気になったので調べてみました〜。
乳幼児医療費助成いつまで?と調べてみたら、3歳までとでてきました。
うそ?意外に使える期間って短いんだなぁとショックをうけてしまいました。子供のころは病院へかかることが多いので困ったなぁ・・・。
と考えていたら、なんと乳幼児医療費助成がつける期間は自治体によって違うみたいです。
さっそく、私の住んでいる自治体を検索してみると中学三年生までが対象のようです。
良かったぁ。中学生ごろになれば、今よりは病院へ行く回数は減ると思うけど、逆に部活などで怪我が増えてくる年齢ですよね。自治体には本当に感謝です。
3歳まで、6歳まで、小学生までと各自治体によって違うので、不公平だなぁとも思うけれど、この県に住んでいてよかったなぁと子供を産んで初めて思いました(笑)
予防接種もほかの地自体に比べたら、助成金や定期接種になっているものが多いので本当に助かります。これからも、この街に住み続けるぞ〜。

 

 

乳幼児医療費助成ですべてが無料?

 

乳幼児医療費助成の券を持っていると、すべての医療費が無料になるのかと思っていました。
乳幼児医療費助成と保険証と診察券は忘れずに持ったのですが、お財布を忘れてしまったんです。
途中で思い出したのですが、予約の時間もあるし、まぁ無料だからいいかぁと取りに戻りませんでした。
診察を終えてお会計の時に、お薬を入れるケース代で50円かかりますと言われました。えっ?乳幼児医療費助成があれば無料なんじゃないの?
これは、私の勘違いでケースや薬をあげるスポイトなどは料金が発生するみたいですね。知らなかったぁ〜。
お財布がないからどうしようと思い、「車に忘れてきたのでと言って車に戻り、多少車に貯めてあった小銭をかき集めてお支払しまいた(笑)
少しでもお金が入っててよかったぁ(汗)50円がないなんて、恥ずかしくていえないですよね〜
それからは、かならず乳幼児医療費助成と保険証と診察券とお財布を忘れないようにチェックして病院へ通っています。
みなさんも、無料だからと言ってお財布を忘れないようにしてくださいね〜。