栄養不足は問題


ワンステップ・クリアブルー


栄養不足は神経管閉鎖障害以前の問題

 

葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害が起こるリスクを下げられると言われていますが、障害を起こすほどの栄養不足自体、簡単に起こるものではありませんよね。
葉酸サプリの認知度が上がるに連れ、最近では母親の必需品のように扱われてはいますが、妊娠中にサプリメントなんて飲んだことはないというお母さんだって少なくはないでしょう。

 

多くの場合、普通に健康であれば普通に健康な赤ちゃんが生まれるものですが、どんなに万全の体調だったとしても不幸な結果になってしまうこともあれば、原因は不明でも障害を持って生まれくる赤ちゃんは現に存在するもの。

 

栄養不足が子供の成長に影響するということは理解できますが、そもそも栄養不足であれば障害以前に妊娠自体が維持できないことの方が多いのではないでしょうか。
実際、健康な母体であっても流産を起こす可能性はありますし、その原因が栄養不足で赤ちゃんが成長できなかったことにあっても決して不思議はないはずです。
となれば、栄養が不十分な状態でいくら妊活をしていても、妊娠が成立すること自体難しいものと言えるのでしょう。

 

葉酸は赤ちゃんの成長には特に大きな役割を果たすビタミンの一種ですが、それ以前に人体で重要な役割を果たすビタミンでもあります。
葉酸に限らず、妊娠の前の段階から十分な栄養を蓄えておくことはとても大切なことです。

 

親が健康であることが妊娠の確率を高め、赤ちゃんの健やかな成長をアシストすることができることに繋がり、結果として元気な赤ちゃんが誕生する。
障害のリスクを考えることも勿論大切なことですが、それ以前に妊娠前から葉酸をはじめとする栄養素をしっかりと補っていくことに重点を置き、妊娠に向けた基礎の体作りを心がけていくようにしましょう。