排卵検査器 おすすめ


ワンステップ・クリアブルー


唾液でできる排卵検査器がおすすめ!

 

排卵検査薬による不妊治療や妊活が、日本でも最近増えていると聞きます。

 

なんでも、産婦人科を定期的に受診する必要が無く、当事者夫婦だけでできるという点が良いのだとか。

 

確かに、産婦人科にかかるとなると、時間もお金もかかりますからね

 

しかし、産婦人科に頼る程ではないとは言え、排卵検査薬も決して安いものではありません。

 

どんなにお手頃価格のものでも、1回分につき400円くらいする関係上、月3000〜4000円くらいの出費となりますから。

 

となると、妊娠できるまで時間がかかったり、1人以上子供が欲しかったりする場合だと、コストパフォーマンス的にはあまり好ましくないと思われます。

 

そこで、唾液でできる排卵検査器、排卵チェッカーというのがあるそうです。

 

なんでも、これなら1回買えば半永久的に使い続けることができるのだとか。

 

つまり、排卵検査薬のように検査回数にリミットがある訳ではありませんから、遠慮無く毎日何回でも検査することができるんですね。

 

排卵チェッカー自体は、5000〜10000円位するためちょっと高級ではありますが、長期的に見ると排卵検査薬よりも安く済むそうです。

 

そのため、排卵チェッカーの需要は、日本でも最近伸びつつあるとのことでした。

 

 

排卵検査薬ではなく唾液で排卵が予測できる!?

 

排卵を予測する手段としては、排卵検査薬が有名ですが、実はそれ以外にも方法はあるそうです。

 

なんだか、長期間に渡って基礎体温を記録し続けなければいけない、オギノ式が頭に浮かびそうですが、もっと簡単な手段です。それは、排卵チェッカー。

 

なんでも、尿ではなく唾液を材料に、排卵を予測できるのだとか。

 

これには驚きました。排卵と唾液との間に関係があるとは思っていなかったので。

 

しかし、実際のところ、排卵が近づくにつれて、唾液中に特殊な結晶が増えていくため、どんどん唾液の粘性が強くなっていくみたいです。

 

つまり、排卵チェッカーはその唾液中の結晶を手掛かりとするんですね。

 

そこで、排卵チェッカーの値段を調べたところ、メーカーによって差があるせいか、5000〜10000円くらいが相場と分かりました。

 

排卵検査薬だと、1回分につき400円くらいですから、それに比べたら大分高いようにも思えますが…なんと、排卵チェッカーは1度買ったら、半永久的に使い続けられるそうです。

 

つまり、毎日何回でも、気が済むまで検査して良いんですね。

 

そのため、最初買う時だけちょっとお金がかかりますが、長期的な目線で見ると排卵検査薬よりも断然コスパが良いとのことでした。

 

 

クリアブルー排卵検査器は高価だけど

 

まだ認可されていない関係上、個人輸入でしか入手できませんが、クリアブルー排卵検査器という排卵日予測グッズを使用している人が、日本でも徐々に増えているそうです。

 

ただ、最初は、クリアブルー排卵検査器も、排卵検査薬と変わらないようなものだと思っていたので、特に疑問は感じませんでした。

 

日本製の排卵検査薬を使うよりも、海外製の排卵検査薬を個人輸入した方が、かなり安く済むというのは有名な話ですから。

 

しかし、クリアブルー排卵検査器は、排卵検査薬とは似ても似つかない、病院に置いてあるような本格的な機械の見た目をしていました。そして、そのお値段はなんと、5万円近くします。

 

ちなみに、それはクリアブルー排卵検査器本体の価格で、他に、尿をかけるテストスティックというのも必要で、これも1回分につき300円程度するそうです。

 

となると、クリアブルー排卵検査器はトータル的に、かなりのコストがかかることになります。それなのに、なぜ日本でも使用者が増えているのでしょうか?

 

理由、クリアブルー排卵検査器の高い性能にありました。なんでも、黄体ホルモンだけでなく、卵胞ホルモンまで検出してくれる関係上、5日も前から排卵日を知ることができるのだとか。

 

確かに、この高性能さを考えると、ここまで高価なのも頷けます。

 

 

繰り返し使える排卵検査器がある!?

 

排卵検査薬を不妊治療や妊活で使うと、トータル的にかなりの出費になることも多いと聞きます。排卵検査薬は、どんなに安くても1回分につき400円以上しますから。すぐ妊娠できたとか、子供は1人で良い、ならまだしも、逆に妊娠できるまで時間がかかったり、子供が複数欲しい場合だったりすると、コストパフォーマンスの面では良くないと思います。

 

そこで、排卵検査薬ではない、排卵の予測手段を探してみたところ、1回買えば半永久的に繰り返し使い続けられる排卵検査器があると分かりました。それは、排卵チェッカー。お値段は、5000〜10000万円が相場なため、3〜4か月使い続ければ、排卵検査薬よりも断然お得とのことでした。

 

しかし、排卵チェッカーは、排卵検査薬と違って、判断材料として尿を使いません。では、何を手掛かりに排卵を予測するのかと言うと…唾液です。唾液と排卵って、あまり関係しているイメージが湧きにくいですが、実際のところ、排卵が近づくと唾液の中に特殊な結晶がどんどん増えていくのだとか。

 

つまり、排卵チェッカーは、その唾液の中の結晶の量を手掛かりに、排卵を予測してくれるんですね。ただし、見て判断するのは、あくまでも使用者なため、慣れない最初に内はちょっと苦戦することが多いそうです。

 

 

 

排卵検査薬って沢山テスターが必要

 

ネット通販で購入できる海外の排卵検査薬って、1パックに沢山のテスターが入っているから、日本製よりも人気があるんですってね。

 

私はネット通販で売っている海外の排卵検査薬は、説明書とかが英語なので、日本製品の方が人気があるのだと思っていました。

 

でも、日本製の排卵検査薬も問題があり、1箱に入っている数が少ない割に高価なので、1日朝夕チェックしたい人の場合は、日本製の排卵検査薬では、全く数が足りないようです。

 

排卵検査薬は、薄い陽性反応が出た時に、再確認するために、同じ日にもう一本排卵検査薬を使うこともあります。

 

多い人は朝昼晩と3本使うケースなんかも。

 

そのため、5本入りとかの排卵検査薬を買ってしまうと、3日も持たない可能性があるので、海外の排卵検査薬じゃないと、経済的な負担が大きくなるそうです。

 

私の友達は、1日に2本使ってチェックしているようなので、日本製の排卵検査薬はあり得ないと言っていました。

 

日本製は高性能だけど高いっていうイメージがありますが、排卵検査薬もまさにそんな感じのようですね。

 

ただ、排卵検査薬なんて、消耗品なので、1つの単価があんまりにも高いと、やっぱりリピするのは大変になってきますね。

 

 

 

 

排卵検査薬を対面で買うのはNG

 

排卵検査薬って、本当に対面では買いにくい。

 

レジのスタッフが男性か女性か、必ずチェックしてしまいます。

 

レジのスタッフが年増の女性だと、なんだか安心して購入できるのですが。

 

若い男性とか若い女性だと、嫌だな〜って思うんです。

 

妊娠検査薬も排卵検査薬も、やっぱりレジで購入するには勇気がいりませんか?

 

悪いことをしているわけではないですが、やっぱりちょっと気が引けてしまうのです。

 

排卵検査薬を買うんだったらやっぱり通販の海外製品を購入した方が、気が楽でいいかな。

 

最初は海外製の排卵検査薬って怪しんでいたけど通販って顔を知られることがないので、やっぱり自宅でクリックするだけで購入できるのが良いですよね。

 

薬局とかは、薬剤師さんに詳しい使い方を質問できたりしますが、やっぱり恥ずかしい!

 

ネットの海外の排卵検査薬は、説明書が英語だから、初心者が使う場合は、正しい使用方法がわからないので、苦戦するデメリットもありますが。

 

今はネットで海外の排卵検査薬の使い方をしっかり説明しているサイトも多いので、自宅でインターネットが利用できる環境の人だったら、あまり問題ないかなって思います。

 

ただ、日本製と海外製では価格が全く違いますので、やっぱり海外製の方がお得で良いと思います。

 

排卵検査薬の金額がストレスに!

 

長期的な妊活になってくると、排卵検査薬の金額が、ストレスの大小を左右するようになってきます!

 

「日本製が一番」と言っていた私が、気づいたら「海外製の排卵検査薬しか使えない!」となったくらい。

 

日本製と海外製の排卵検査薬では、全然排卵検査薬の1本あたりの金額が違うのです!

 

海外の排卵検査薬は、テスターの作りが安っぽいですが、1パックに50本くらい入っていても3000円前後で購入できます。

 

ところが、日本の排卵検査薬は、1週間7本入りで3000円前後で売っている!

 

海外の排卵検査薬は1本50円くらいで試せるのに、日本の場合は1本500円くらいなんです!

 

そりゃあ、10倍も排卵検査薬の差があるのですから、長期で購入していれば、経済的な負担が全く違ってきますよね。

 

排卵検査薬を使って、最初の1回だけで子供が出来た人は、ラッキーですけどね。

 

2回目、3回目と挑戦するとなると、やっぱり1本あたりの排卵検査薬の金額が安い海外製の方が、断然魅力的になってしまいます。

 

 

特に排卵検査薬の陽性反応が出にくい人や、1日に朝夕とチェックしたい人は、テスターの数が多い海外製の方が絶対にお得です。

 

少しでも経済的な負担を減らしたい人は、思い切って海外製に変えてみることをおすすめします。

 

 

排卵検査薬の金額を聞いてびっくり

 

日本製の排卵検査薬が、ドラッグストアでも購入できるようになりましたが。

 

排卵検査薬の金額を聞いてびっくり!

 

1箱3000円くらいするんです。

 

本当は『え、高すぎて無理なんだけど!』って思ったのですが、もう薬剤師さんに聞いて持って来てもらった手前、引くに引けない!

 

仕方ないのでお買い上げしたけど、1箱3000円なんて、毎日500円のランチで働いてくれている旦那さんには、とても言えませんでした。

 

私がネットで見た時には、海外製の排卵検査薬が20本とか30本で2000円前後で売っているものがあったから、7本入りだったら1000円くらいで購入できるのかな・・・なんて思っていました。

 

まさか3000円もするなんて・・・。

 

夫の一週間分のお昼代です!

 

そう考えると、日本製の排卵検査薬の金額って、高すぎると思います!

 

気軽に購入できるようになったのは良いですが、海外製の排卵検査薬並に金額が低くなってくれないと、定期的になんて購入できないと思いました。

 

予定日がある程度狂わない人は良いですが、生理周期が乱れている人は、7本で陽性反応を出すっていうのは、ちょっと難しいような気がします。

 

排卵検査薬の一本一本が、本気の勝負ですね!

 

 

 

妊活ブロガーさんが使っている排卵検査薬

 

私がいつも参考にしている妊活ブロガーさんがいます。

 

排卵検査薬の買い方や種類なども、その妊活ブロガーさんの記事を読んで勉強しました。

 

やっぱり、同じ悩みを抱えている人のブログって、毎日見てしまいますね。

 

私がその妊活ブロガーさんの存在を知ったのは、排卵検査薬を使ってタイミング療法に何か月も挑戦していたけど。

 

なかなか授からないので違う排卵検査薬を買ってみようか悩んでいた頃。

 

妊活ブロガーさんの記事で、排卵検査薬の買い方をチェックしていたら、長期で妊活している人は、みんな海外の排卵検査薬を使っていたので、私も使ってみようかなって思ったのです。

 

日本の排卵検査薬って、テスターがしっかりした品質で出来ているけど、1箱に入っている数が少なくてお金がかかるんですよね。

 

だから少しでも節約したいと思って、ケチって排卵検査薬を使っていると、なんだかストレスが溜まるし。

 

みんなこんな、排卵検査薬1本をケチケチ使ってストレスを溜めているのか?

 

それともみんなお金持ちでガンガン購入して使っているのか、すごく悩みました。

 

その結果、海外の排卵検査薬に変えて、本当にストレスフリーになったのが良かったと思います。

 

やっぱり排卵検査薬は『量』が大事かもしれません。

 

 

 

排卵検査薬はネット注文が楽

 

排卵検査薬の買い方として一番人気があるのは、やっぱりネット注文だと思います。

 

私も一度、排卵検査薬を薬局で購入しようと思ったことがあったのですが。

 

やっぱり人前で購入するのが恥ずかしくて、なかなかレジに持っていくことが出来ませんでした。

 

でも、レジの店員さんが女性だったので、頑張って持っていきましたが。

 

もう恥かしくて、顔から火が出そうでした!

 

そんな必死の思いで排卵検査薬を購入したけど、生理周期が乱れている私は、なんと排卵検査薬をたった3日で使い切ってしまい・・・。

 

もう一回買い方を買い直すことになってしまい、さすがに同じ薬局では購入できないと思いました。

 

こういう時、やっぱり人目を気にしてしまいますよね。

 

『ああ、この人、前も排卵検査薬買っていった人だ』とか思われてしまうのは、本当に憂鬱です。

 

口には当然出さないと思いますが、やっぱり自分自身が気にしてしまうので、嫌なんですよね。

 

妊娠検査薬とか、排卵検査薬って、その商品を買っただけで、その人がどんな悩みを抱えているのか、すぐにばれてしまうのが嫌!

 

だからこそ、対面販売では、あんまり買いたくないんですよね。

 

排卵検査薬の買い方は、色々とありますが、対面よりもネット注文の方が私はおすすめです。

排卵検査器がおすすめ!記事一覧

排卵検査薬を選ぶうえでのおすすめ多くある排卵検査薬の中からおすすめなものを選ぶには性能には基本的には大差がない為、後は価...

晩婚化と卵子の老化最近は晩婚化が進んだことによって、30歳を過ぎて結婚をして、そこから妊娠を望むというのもとても多くなっ...

排卵日検査薬と陽性反応排卵日検査薬と陽性反応というのはどのように出るのでしょうか?排卵日検査薬において陽性反応が出ている...

AFC葉酸サプリの魅力とは?AFC葉酸サプリの人気の秘密は「女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」とキャッチコピーにも...

妊娠中どのタイミングでも使える葉酸サプリベルタ葉酸サプリは妊婦さんにとっても、どのタイミングでも使える、珍しい葉酸サプリ...

卵子とルイボスティー卵子の質を上げるうえで、ルイボスティーが効果的だと考えられています。ルイボスというのは南アフリカ共和...

自分にあったものを見つけて! おすすめ排卵検査薬妊娠をサポートしてくれる排卵検査薬は、様々な種類があります。感度や価格、...

出産育児一時金が減った?妊活中の私は、出産育児一時金に変更はないかなぁと何気なく調べてみたのですが、平成27年度から40...

妊活アプリで基礎体温の管理基礎体温ってつけたことがありますか?妊娠するために排卵日をチェックをする時には、基礎体温をつけ...

マカの妊活はどんな人に効果がある?マカで妊活している人って、最近多くなってきましたね。女性ホルモンの乱れを改善してくれる...

妊活アプリで男女の産み分けも可能!?今どきの妊活アプリってすごいんですね!妊活アプリで、男女の産み分けが出来ると聞きまし...

妊娠線予防にはオイル妊娠線予防には、クリームかオイルを使っている人が多いみたい。私はオイルにしようかと思っているんだ。ど...

里帰り出産場合の出生届の提出先は?里帰り出産を予定している友達が、地元に戻ってきました。予定日まであと1ヶ月、無理のない...

乳幼児医療費助成って自治体によって違うの?久しぶり里帰りしてきた友達と話をして、子供にかかる医療費についての話になりまし...