里帰り出産場合の出生届


ワンステップ・クリアブルー


里帰り出産場合の出生届の提出先は?

 

里帰り出産を予定している友達が、地元に戻ってきました。予定日まであと1ヶ月、無理のない程度にランチや散歩に一緒に行こうと思っています。
そんな友達が、出生届はどこに提出したらいいんだろうと悩んでいました。出生届が提出できる場所は、「父母の本籍地」「父母の住所地」「出生地」のいずれかとなっています。
それに、出生届は産まれた日から14日以内に提出しなくてはいけないので、里帰り出産だと慌ててしまいそですよね。
病院からの出生証明書や母子手帳も必要なので、住んでいるところがそう遠くなければ、ご主人にそちらで提出してもらえるかなと思います。
妻の出産で会社を休めるところも多いので、それも可能ですよね。県外や離れた所なら、出生地で提出するのがいいのかなと思いました。
慌ててしまって、出生届に書く子供の名前が間違ってしまったら困りますもんね。
友達は、間に合えば済んでいるところで、無理そうなら出生地で提出しようかなといっていました。
無事に元気な赤ちゃんが出産できるといいですよね。

 

出生届は慎重に書きましょう

 

産後一番最初に提出するものが、出生届です。産まれた日から14日以内に提出しなくてはいけないので、結構忙しいですよね。
産まれる前から名前を決める人が多いので間に合いそうですが、産まれた我が子の顔を見てじっくり決めようとしていたら、間に合わないかも?
出生届の提出によって内容が戸籍に記載されていくわけですから、慌てて書いて子供の名前の漢字を間違えてしまったら大変なことになっちゃいます。
そうなったら、後で改名する感じになるのかな(笑)提出時に、役所の方がしっかり再確認してくれるのかな?
何度も何度も確認して、名前はしっかり丁寧に書くことをおすすめします。
出生届を提出するのはパパの人が多いようなので、世間ではパパの役目というのが定着しているのかもしれませんね。産後初めてのパパのお仕事って感じですかね。
女性は産後無理をせず、病院や家でゆっくり体を休める必要があるので、提出物はパパにお任せしちゃいましょう。一緒に提出してみたいという気持ちもありますけどね。

 

出生届は主人にお願い

 

子供が誕生した日から14日以内に、出生届を提出する必要があります。
提出書類は、父親か母親が必ず記入する必要がありますが、提出は他の方でも大丈夫のようです。
統計を見てみると、一番多いのは父親、おじちゃん&おばあちゃん、両親そろって、母親が上がっていました。
他にも親戚や友達とう方もいましたね。実際私は、主人に言ってもらいました。書類を書く余裕もなかったし、退院後に外出する気力もありませんでしたから。
それに私の考えとしては、女性は妊娠した時から母親になったとう意識がありますが、男性は何かきっかけがないと父親になったという実感がわかないと思うんですよね。
そこで、自分の子供の名前を登録する出生届を出すことで、「自分の戸籍に子供の名前が入った〜」という気持ちが持てるんじゃないかなと思います。
実際うちの主人がそういう気持ちになったのかはわかりませんが、なんでも女性がするよりは出来ることをお願いして頼りにしているという感じにしたほうがいいのかなと思いました。
二人の子供ですから、役割は分担しないとね。