神経管閉鎖障害


ワンステップ・クリアブルー


神経管閉鎖障害を気にする以前に親の栄養不足に注意!夫婦の妊活に葉酸サプリのススメ

 

妊娠を望む女性にとって、また妊娠した女性にとって注目すべき栄養素となる葉酸は、妊娠後よりもむしろ妊娠前の方が重要な栄養素となる一面があります。

 

妊婦さんが葉酸を摂取することで、産まれてくる子供の神経管閉鎖障害の可能性が下がると言われていますが、これはつまり赤ちゃんに求められるものということではなく、まずは誰よりも親自身にとって求められる栄養素であることを示してもいます。

 

事実、厚生労働省は妊娠ができる年齢の女性は1日400μgを目安に葉酸を摂取すると良いといった通達を出しています。

 

だからこそ現在、葉酸サプリメントも需要ある商品となっている訳ですね。

 

ここではそんな葉酸という栄養素を、赤ちゃんの両親が摂取する重要性について触れていきたいと思います。

 

赤ちゃんよりも大事なのは親!?

 

葉酸は妊婦さんがお腹の中で赤ちゃんを育てる上で、不可欠な栄養素の一つとされています。

 

当然ながら、栄養が不足すれば何かしらの問題が生じる恐れが出てきますよね。

 

しかし、普通に食事を摂れるのであれば決して必要以上に不安を抱える必要はありませんし、仮に少しくらい栄養が足りなかったからと言って、すぐに問題が起きるといった心配もないでしょう。
これは何も、葉酸や葉酸サプリが必要ないと言っている訳ではありません。
日本だけでなく、各国で葉酸の重要性は認知されていますので、念の為程度でもとっておいて損をするような栄養素ではないことだけは事実です。

 

お腹に宿った命は母体から養分を吸収し、大きく成長しようとします。
これはつまり、栄養が足りなくて困るのは赤ちゃんではなく、母体の持ち主である母親であることを示しています。
となれば、葉酸サプリは妊婦さんだけは飲めばいいものと...と考えてしまいがちですが、この考え方には少し偏りがあるようにも思えます。

 

葉酸が妊婦さんにとってまた赤ちゃんにとって必要な栄養素となるのであれば、妊娠する可能性がある女性が妊娠前から十分に補う習慣をつけておくべきもののはず。
また妊娠前という考え方をするのなら、当然ながら健康な精子を沢山つくるために男性にも意識してもらいたい栄養素ということになります。

 

更に、子供が神経管閉鎖障害を持って産まれてくる以前の問題として、栄養不足であればそもそも妊娠が成立しにくいことを考えれば、必然と葉酸は求められる栄養素となるべきもののはずです。
赤ちゃんを誕生させるためには、何よりもまずは卵子と精子が出会うこと、つまりは親の存在が必要です。
葉酸はそんな親となるべき人達にこそ求められる栄養素であることを認識しておきましょう。