葉酸サプリメントの役割


ワンステップ・クリアブルー


妊娠中の葉酸サプリメントの役割

 

妊娠初期

妊娠初期は、赤ちゃんの大事な中枢神経が出来始める段階です。
中枢神経は、いくつもの神経か束になって構成される、文字通り人体の中枢を担う神経系を指します。
簡単に言えば、脳や脊髄のことです。
妊娠のかなり早い段階からこの中枢神経は作られ始めるのですが、その過程において葉酸が大量に消費されます。
この時期に葉酸を摂取することで、二分脊椎症という神経管閉鎖障害の予防をする効果があると言われています。

 

妊娠中期

妊娠初期から中期にかけて、赤ちゃんの体は活発に細胞分裂を繰り返し、どんどん大きく成長していきます。
妊娠初期から十分な栄養があることが求められますが、ヒトの体が完成しつつある妊娠中期にいたっても決して油断はできません。
赤ちゃんはお母さんから栄養を吸収するしかありませんので、母体がどれだけ健康であるかということが、赤ちゃんの健康を作り上げる土台となっていきます。
一方、妊娠初期から中期にかけてはつわりが酷くなる時期でもありますので、大切なタイミングとは分かっていてもろくに食べ物を口にできない人も少なくありません。
それでも葉酸をはじめ各種ビタミンやミネラルは絶対に必要なことは言うまでもありませんので、ただ飲み込むだけでいいサプリメントは非常に役立つでしょう。

 

出産後(授乳期)

出産後は、母親の身体は母親だけのものになるか...と言えば、そうでもありません。
これから授乳をしたり、子育てをすることを考える上でも、お母さん自身の健康管理を考えることはとても重要なことです。
母乳をあげる時にも、必要な成分のひとつとなるのが葉酸です。
母乳は赤ちゃんにとってパーフェクトなエネルギー源となりますが、母乳は当然お母さんの体の中で作られるものですので、十分な栄養がなければその力を発揮しきれません。
特に葉酸は母乳に多く含まれる栄養素でもありますので、赤ちゃんに母乳を与えれば、それだけ葉酸を消費するということになります。
葉酸を授乳終わりまで飲み続けることが推奨されるのは、母乳にも十分な葉酸を含ませる必要性があるためな訳です。