カンジダ膣炎 症状


ワンステップ・クリアブルー


.カンジダ膣炎になるとどんな症状が出る

 

女性のおりもの異常を起こす病気の中でも、もっともポピュラーな感染症がカンジダ膣炎です。既に知っているという方も多いでしょうし、経験済みという方も少なくないかと思います。

 

カンジダ膣炎は女性の5人に1人が生涯に1度は経験すると言われているほど、女性にとってはごくごく身近な感染症ですから、原因や症状などについては知っておいて損はしないと言えるのではないでしょうか。

 

カンジダ膣炎は膣内のカンジダ菌というカビの一種が原因となって発症するものですが、このカンジダ菌は膣内に常在している菌の1つで、健康な方でも必ず持っている菌ですから、誰にでも発症する可能性はあります。

 

体力や免疫力が低下している時や妊娠中、抗生物質などを服用している時などは、特に菌バランスが崩れやすいので、カンジダ膣炎になりやすい時と言えますから、そういった時にはカンジタ菌には要注意です。

 

カンジダ膣炎になるとどういった症状が出てくるかというと、膣内や外陰部のかゆみや痛み、おりもの異常が代表的な症状と言えます。それ以外にも外陰部の熱感やただれといった症状が出る場合もありますし、無意識で掻き毟ってしまって出血が起こるという場合もあります。

 

かゆみや痛みは分かりやすいかと思いますが、おりもの異常って?と思われる方もいるかと思います。カンジダ膣炎になると、おりものは通常時とは異なり、白色や黄色、黄緑色といったいつもとは明らかに違う色に変化します。また、色とは別にヨーグルト状や酒粕状といった状態におりものが変化しますから、見た目ですぐに分かるかと思います。

 

こういった症状が出てきた場合にはカンジダ膣炎である可能性が高いですので、かゆみや痛み、おりもの異常といった症状を我慢せずに、なるべく早めに婦人科を受診するようにしましょう。

 

カンジダ膣炎は初期も初期の段階であれば、膣内の自浄作用によって自然治癒する場合もありますが、自覚症状が出てくるレベルになると、基本的には治療をしない限り勝手に治ったりすることはありません。

 

早い段階で治療を始めればそれだけ治療にかかる時間も辛い思いをする時間も短くて済みますし、逆に放っておけば放っておいただけ症状は酷くなってしまいますし、治療にかかる時間も長くなってしまいますから、決して我慢だけはしないようにしましょう。

 

カンジダ膣炎の厄介なところは一度発症すると繰り返し再発する可能性が高いという点ですが、きちんとした治療を受けさえすれば完治させることはできます。

 

ですから、もしも発症してしまった場合には、そのまま放っておかずにきちんと治療を受けることが大切ですし、少し症状が良くなったからといって自己判断で治療を中止したり、中断したりせずに、医師がオーケーを出すまで根気強く治療を続けていくことが大切です。

 

カンジダ膣炎の状態は写真では見れない?

 

多くの女性を悩ませ、辛い思いをさせている疾患の1つにカンジダ膣炎がありますが、既に経験済みであるという女性の方、なったことはないけれど知っているという女性の方も少なくないのではないでしょうか。

 

カンジダ膣炎は膣内に常在しているカンジダ菌というカビの一種が異常繁殖してしまい、それに感染してしまうことで起こる感染症です。感染症ということから性感染症と誤解されている方も多いようですが、これは年齢も性交渉経験の有無も全く関係なく発症するものです。

 

先ほど触れた通り、カンジダ菌は膣内の常在菌の1つで、どんなに健康な人であっても必ずいくらかは持っている菌です。通常であれば膣内の善玉菌の働きによって異常繁殖しないようコントロールされていますから、健康な状態であれば何の心配もいりません。

 

しかし一度、疲労や体調不良などにより免疫力が低下してしまったり、抗生物質の服用などで菌バランスが崩れてしまったりすると、カンジダ菌はここぞとばかりに繁殖し、膣内で悪さをしでかしはじめるのです。

 

カンジダ膣炎になると、おりものが白や黄色、黄緑色などに変色し、その状態も酒粕状やヨーグルト状といった通常とは異なる状態に変化します。また、膣内や外陰部に強いかゆみや痛みなども起こり、耐え難い苦痛となる症状が出てきます。

 

カンジダ膣炎は軽度の状態であれば自然治癒する場合もありますが、自覚症状が出てくるようになると自然治癒することはなく、放っておいた分だけ症状は悪化していってしまいますから、医療機関で治療を受ける必要が出てきます。

 

今挙げたような症状に心当たりのある方は、なるべく早めに婦人科を受診し、検査を受ける必要がありますが、実際、どんな状態になるのかを写真で見たいと思われる方もいるかもしれません。

 

しかし、他のカンジダの場合だとインターネット上に写真がアップされていたりもしますが、カンジダ膣炎の場合は場所が場所なだけにインターネット上などで写真を見るということはほぼ不可能と言えます。

 

ですから、もしかして?と思っている方は、インターネット上で症状や状態、写真などを調べるのもいいですが、症状がひどくなる前になるべく早めに婦人科へ行き、検査を受けた上で医師の指示に従うようにすることをお勧めします。

 

カンジダ膣炎は再発しやすいものではありますが、適切な治療を受けさえすれば完治させることのできる疾患でもあります。また、治療開始が早ければ早い分だけ治るのも早くなりますから、一時の恥ずかしさを我慢して、なるべく早めに婦人科へ行くようにしてみて下さい。