カンジダ膣炎 原因


ワンステップ・クリアブルー


カンジダ菌の原因と予防法

 

女性のおりものに異常が出る病気で最もポピュラーな感染症にカンジダ膣炎があります。カンジダ膣炎は感染症ということで、性感染症と誤解されがちではありますが、これは性感染症ではありませんので、誤解されている方は早めにその誤解を解いておくようにしましょう。

 

カンジダ膣炎の原因はカンジダ菌というカビの一種で、このカンジダ菌というのはどんなに健康な人であっても膣内に必ず持っている常在菌の1つです。このカンジダ菌が何らかのきっかけによって異常繁殖して感染してしまうことがカンジダ膣炎の原因です。

 

性感染症は性交渉によってパートナーからうつるものですが、カンジダ膣炎の場合は常在菌が原因となって感染、発症するものですので、性感染症ではないと言えるのです。

 

このため、カンジダ膣炎は発症することに年齢は一切関係ありませんし、性交渉の経験の有無というのも一切関係ありません。性交渉経験がない方で不安になってしまう方もいるようですが、原因は性交渉ではないと知っていれば過剰に不安になることもないと言えます。

 

カンジダ膣炎はカンジダ菌の異常繁殖が原因ですが、カンジダ菌が異常繁殖するきっかけとなるものに、ストレスや疲労による体力や免疫力の低下、抗生物質の服用、妊娠などが挙げられます。

 

健康な状態で免疫力が低下していない状態であれば女性の膣内は通常、善玉菌の働きによって強い酸性に保たれています。しかし、免疫力が低下してしまったり、抗生物質の服用や妊娠などによって菌バランスが崩れてしまうと、ここぞとばかりにカンジダ菌が繁殖を始めてしまうのです。

 

異常繁殖したカンジダ菌に感染してしまうと、おりものの色が変わったり、おりものがヨーグルト状や酒粕状といった通常時とは異なる状態に変化したり、膣内や外陰部に強い痒みが出てきたりするのです。

 

こういった自覚症状が出てくると、適切な治療を受ける以外に治す方法というのはなくなってしまいますから、もしもこういった自覚症状が出てきた場合には、我慢せずになるべく早めに婦人科を受診するようにしましょう。

 

カンジダ膣炎自体は完治させることのできるものですが、繰り返し再発してしまうという厄介な点があるということも覚えておいた方が良さそうです。

 

繰り返し再発してしまう方の場合、生活習慣の見直しや食生活の改善、ストレスを上手に発散していくといった心掛け1つでカンジダ膣炎の予防をすることも可能ですので、繰り返し再発するカンジダ膣炎に悩まされているという方は、治療と並行して自分の生活を少し振り返ってみることをお勧めします。

 

 

生理中はカンジダ膣炎の治療は一旦中止です

 

おりものの異常やデリケートゾーンのかゆみや熱感で辛い思いをさせてくれるのがカンジダ膣炎。カンジダ膣炎は年齢や性交渉経験の有無に関わらず女性であれば誰にでもなる可能性のある感染症ですので、日頃からカンジダ膣炎にならないよう予防をしておくことが大切です。

 

カンジダ膣炎の原因はカンジダ菌というカビの一種ですが、このカンジダ菌、悲しいかな健康な人でも必ず持っている常在菌の1つなんです。そのため、どんなに日頃から注意をしていても、いつ何時カンジダ菌に感染するか分からない厄介な存在でもあります。

 

通常、膣内は強い酸性に保たれている上、自浄作用によって善玉菌以外が異常繁殖することがないようにコントロールされています。しかし、ストレスや疲労、ホルモンバランスの乱れなどによって、膣内の菌バランスが崩れてしまうと、カンジダ菌はここぞとばかりに一気に繁殖してしまうのです。その異常繁殖してしまったカンジダ菌に感染し、膣内で炎症が起こっている状態をカンジダ膣炎といいます。

 

カンジダ膣炎になってしまうと、そのまま放っておいても基本的に自然治癒することはありませんし、放っておけば放っておいただけ症状は酷くなってしまうだけですから、速やかに適切な治療を受けなければ治ることはありません。

 

カンジダ膣炎の治療は婦人科で受けることができ、症状のさほど酷くない状態であれば1週間程度で完治させることが可能ですから、辛くて不快な思いを我慢せずに、ちょっとだけ勇気を出して婦人科を受診することをお勧めします。

 

カンジダ膣炎の治療は、膣内を洗浄してから膣内に薬を挿入するのが一般的です。膣内に挿入する膣錠は膣内にあり続けることで効果を発揮するもので、膣錠を挿入すれば2、3日で辛い症状は和らぎます。

 

しかし、辛い症状が和らいだとはいっても、その段階では完全にカンジダ菌を退治できている訳ではありませんので、医師がもう大丈夫というまで医師の指示に従う必要があります。

 

医師のもう大丈夫という言葉をもらう前に運悪く生理がきてしまう方も少なくありませんが、残念ながら生理中は治療は一旦中止になりますので、生理が終わってから治療を再開する形になり、間に生理を挟むと治療期間が長引いてしまうこともあります。

 

生理中は経血によってせっかく挿入した膣錠が流されてしまう可能性があるため、生理中にはカンジダ膣炎の治療を行うということはできません。ただ、カンジダ菌はもちろん膣内に存在する雑菌などは経血によって体外に排出されるため、生理中には薬を使わなくても辛い症状が緩和される場合が多くなります。

 

しかし、生理が終わったと同時に辛い症状は復活してきてしまいますから、生理がきたらカンジダ膣炎が治るという訳ではありませんので、生理終了後はまたしっかりと治療を再開するようにしていきましょう。