カンジダ膣炎 妊娠


ワンステップ・クリアブルー


妊娠時のカンジダ膣炎は早めに治すようにしましょう

 

体力や免疫力が低下したり、抗生物質の服用などによって膣内の菌バランスが崩れてしまうと発症しやすくなるのがカンジダ膣炎ですが、妊娠している時にもカンジダ膣炎になりやすい状態と言えますから、妊婦さんも十分な注意が必要となります。

 

カンジダ膣炎の原因は膣内に常在するカンジダ菌という真菌が異常繁殖することが原因です。カンジダ膣炎になると、おりものの色や形状に通常とは異なる変化が見られたり、膣内や外陰部に痒みや痛みが出たり、外陰部がただれたようになったり灼熱感が起こったりします。

 

デリケートゾーンで人目にはつかない場所ではありますが、だからこそ皮膚が薄く敏感なため、何もしていなくても痒くて仕方なくなったり、歩いた時に擦れて痛みや痒みが強くなったりしますから、早め早めの治療が必要となってきます。

 

特に妊娠している時にカンジダ膣炎になった場合は、出産までの間に必ず治しておかないと、生まれてくる赤ちゃんがカンジダ菌に感染してしまう場合もありますので、赤ちゃんのためにも早めに治すように心がけましょう。

 

妊娠時になぜカンジダ膣炎になりやすいかというと、つわりによって体力が落ちてしまって抵抗力が弱くなるため、体温が高くなることで汗をかきやすくなるため、下着で覆う部分が増えることで蒸れやすくなるため、おりものが増えるため、妊娠中の膣内は酸性ではなくアルカリ性になるためといったことが挙げられます。

 

妊娠中にカンジダ膣炎にならないようにするためには、下着を通気性の良いものにする、汚れたらマメに下着を取り換えるようにするといったことを意識的に行うようにし、少しでもデリケートゾーンを清潔な状態に保つようにすることが大切になります。

 

カンジダ膣炎は妊娠していない状態で発症しても辛くて仕方のないものですが、妊娠している時はお腹の中の赤ちゃんへの影響も気にしなければならなくなりますから、妊娠していない時よりもずっと早めの治療を心がける必要があることを覚えておくようにしましょう。

 

カンジダ膣炎が完治しないまま出産に至ってしまうと、産道を通った際に赤ちゃんがカンジダ菌に感染してしまい、赤ちゃんに鵞口瘡や皮膚炎が見られる場合もありますし、おむつかぶれなどに弱くなったりしてしまう場合があります。

 

こういった生まれてくる赤ちゃんへの影響を考えると、生まれてくるまでに治療をしっかりと受け、完治させておくことが大切であるということが納得できるかと思います。ですから、もしも自覚症状でカンジダ膣炎に気づいたり、検診の際に医師から指摘されたりした場合は、速やかに治療を受けるようにしておきましょう。

 

 

妊娠中の場合、カンジダ膣炎になりやすいので注意が必要です

 

 

カンジダ膣炎といえば、おりものの異常を起こしたり、外陰部にかゆみやただれのようなものが出たりして不快な思いをさせる、女性にとっては身近でポピュラーな感染症で、カンジダ菌というカビの一種が原因です。

 

このカンジダ菌は男女関係なく体表や体内など多くの場所に常在している菌ですが、体力や免疫力の低下、ホルモンバランスの乱れなどが原因となって異常繁殖し、体のあちこちで悪さをしでかし始めます。特に女性の膣内の場合は、蒸れなども手伝って他の場所よりも異常繁殖する可能性が高い場所であるとも言われています。

 

カンジダ菌に感染するのは先ほど書いた通り、体力や免疫力が低下している場合がほとんどですが、女性のカンジダ膣炎に関しては特に妊娠中は通常時よりもさらに発症しやすい状態になっていますから注意が必要です。

 

なぜ妊娠中にカンジダ膣炎になりやすいかというと、妊娠によって膣内のホルモンバランスが変わり、通常であれば強い酸性の状態である膣内がアルカリ性に傾いてしまうからなんです。また、妊娠中はつわりで栄養状態が悪くなったり、体力を消耗してしまったりしますので、それも伴って妊娠していない時よりもさらにカンジダ膣炎にかかりやすい状態になっていると言えるのです。

 

妊娠中であってもカンジダ膣炎の治療は普通に受けることができますから、辛いかゆみなどといった症状を我慢する必要は一切ありません。ですから、我慢せずにしっかりと治療を行うようにしましょう。

 

カンジダ膣炎の治療を妊娠中に行うとなると、気になるのが治療薬を使うことによって、お腹の中の赤ちゃんに悪い影響がないかどうかということだと思います。カンジダ膣炎の治療に使われる膣錠はお腹の中の赤ちゃんへの影響はありませんから、その辺は安心して使用することができるようになっています。

 

逆にカンジダ膣炎のまま赤ちゃんを出産してしまうと、産道を通った際に赤ちゃんがカンジダ菌に感染してしまい、鵞口瘡が現れたり、おむつかぶれしやすいと状態で生まれてきてしまう場合がありますから、出産までの間にしっかりとカンジダ膣炎は治しておくようにした方が賢明と言えます。

 

妊娠中は段々とお腹が大きくなっていくため、自分で膣錠を上手に挿入できなくなってしまうものです。自分で上手に膣錠を挿入できないからといって、自己判断で薬の使用をやめるのだけは避けましょう。

 

大きなお腹で上手に膣錠を挿入できない場合には、医師に相談すれば、定期的な通院という形で病院で膣錠を挿入してくれたり、他の対処法を提案してくれたりしますから、決して自己判断で薬を止めないようにだけ注意して下さい。

 

 

.カンジダ膣炎にかかっていると妊娠しにくいという訳ではありませんが…

 

女性であれば年齢に関係なく誰にでもかかる可能性があるため、日頃から気を付けておいて損はしない病気の1つにカンジダ膣炎がありますが、カンジダ膣炎については既に詳しく知っているという方も少なくないのではないでしょうか。

 

カンジダ膣炎は女性の5人に1人が生涯に1度は経験すると言われているほど女性にとっては身近な感染症であり、1度かかると繰り返し再発する可能性の非常に高い病気で、女性には身近でポピュラーな感染症である反面、1度でもかかると非常に厄介な存在でもあります。

 

カンジダ膣炎になるとおりものの量が増えたり、色が変色したり、ヨーグルト状といった状態に変化したり、外陰部や膣内に強いかゆみが出たりといった特徴的な症状があり、そのまま放っておくと耐え難い苦痛になってしまうものです。

 

よくカンジダ膣炎は性感染症であると誤解している方がいますが、カンジダ膣炎は性交渉を持った相手にうつってしまう可能性はゼロではないももの、決して性感染症ではありませんから、誤解している方はその誤解を解いておくようにする必要があります。

 

カンジダ膣炎の原因はカンジダ菌という体内や体表に常在しているカビの一種で、これは男女の性別に関係なく誰もに常在している菌の1つです。健康な状態であれば何の心配もいらない菌ではありますが、体力や免疫力が低下していたり、抗生物質の服用をしていたりすると発症しやすい状態になりますから、そういった時には特に注意が必要と言えます。

 

もしも性交渉によって相手にうつってしまった場合は、自分が原因である可能性もゼロではありませんが、相手に体力や免疫力の低下といった原因がある場合がほとんどです。ただし、後々のトラブルを避ける意味において、性交渉を持つ際にはカンジダ膣炎であることをカミングアウトしておいた方が正解と言えそうです。

 

また、カンジダ膣炎にかかっていると妊娠しにくい状態である、不妊の原因がカンジダ膣炎であると思われている方も多いようですが、それだけが不妊や妊娠しにくい原因であるとは言い切れませんから、その誤解も解いておいた方が良さそうです。

 

確かにカンジダ膣炎にかかっていると体力や免疫力が低下していますし、カンジダ菌が異常繁殖していて膣内環境が良くないため、通常時よりは妊娠しにくい状態であるとは言えますが、決して妊娠できない状態という訳ではありません。

 

ただし、少しでも早く妊娠したいと願っているのであれば、それを生活習慣の改善のきっかけと思ってその後につなげていくようにしていくようにするのが良さそうです。

 

 

.妊娠初期にカンジダ膣炎の薬を使っても大丈夫?

 

ストレスや疲労などによって体力や免疫力が低下することで起こりやすくなるのがカンジダ膣炎ですが、これはホルモンバランスが崩れてしまうことによってもかかりやすくなってしまうので、ホルモンバランスが崩れてしまう妊娠中は特に注意が必要です。

 

妊娠中はホルモンバランスが崩れてしまうだけでなく、つわりによって体力が消耗してしまったり、つわりによって栄養バランスが崩れてしまったりすることで、おのずと体力も免疫力も低下してしまいますから、妊娠中はそうでない時に比べてさらにカンジダ膣炎になりやすい状態でもあると言えます。

 

また、通常であれば強い酸性に保たれている膣内は妊娠することによってアルカリ性に傾いてしまうため、カンジダ菌が繁殖しやすい状態になっていますし、おりものの量が増えることから下着が汚れやすくなったり、蒸れやすくなったりしますので、それも手伝ってカンジダ膣炎になりやすい状態でもあると言えます。

 

カンジダ膣炎になると妊娠中であろうとなかろうと、外陰部にかゆみが出たり、おりものの色が変色してしまったりといった我慢するのが辛い不快で苦痛な症状が出てきてしまいます。こういった症状が出てきた場合には速やかに治療を受け、悪化して酷い思いをするようになる前に、なるべく早めに完治させておくようにしましょう。

 

特に妊娠している女性の場合、カンジダ膣炎を完治させずに出産に至ってしまうと、赤ちゃんが産道を通った際にカンジダ菌に感染し、生まれてきたら鵞口瘡になっていたなんてこともしばしばですから、少なくとも赤ちゃんが生まれてくるまでにはしっかりと治しておくようにしましょう。

 

カンジダ膣炎の治療には膣内洗浄と膣内に挿入する膣錠が使われるのが一般的ですが、妊娠中の方の場合、薬を使うことでお腹の中の赤ちゃんへの影響が気になってしまうかと思います。特に妊娠初期の大事な時期だと、赤ちゃんへの影響が気になって治療を受けずに我慢してしまうという方も少なくありません。

 

ただ、そのまま放っておいても自分が辛いだけですし、そのまま出産に至ってしまうと、赤ちゃんへがカンジダ菌に感染してしまうリスクも出てきますから、早い段階で治療をしっかりと受けるようにすることが大切です。

 

カンジダ膣炎の治療に使われる膣錠や軟膏が赤ちゃんへの影響がゼロであるかといえば、そうとは言い切れないのが現状です。しかし、産婦人科医は赤ちゃんへの影響を可能な限り少なくするために薬を処方するので、大人しく医師の指示に従うのが賢明と言えそうです。

 

妊娠初期でどうしても不安が拭えない場合は、医師に相談し、膣洗浄だけを行うという選択肢も取れますから、不安だという場合には、その旨を医師に伝え、どうすべきかを一緒に決めていくようにすると安心できるのではないでしょうか。