カンジダ膣炎抵抗力


ワンステップ・クリアブルー


自分自身の抵抗力が落ちているときが危ないカンジダ膣炎

 

膣に強いかゆみが出た場合には、カンジダ膣炎の可能性があります。カンジダ膣炎は、抵抗力が落ちている時に、カンジダ菌が増殖することで発症する場合があります。
風邪や、ストレス、睡眠不足など抵抗力が一時的に落ちていると、菌が増殖しやすい環境になってしまうため、注意が必要です。カンジダ膣炎は、軽症の場合において膣内の自浄作用で自然治癒する場合もあります。ですが、症状が悪化してしまった場合には、すぐに病院で治療を受けるほうがいいでしょう。症状が出てから放置する期間が長いと悪化し、治りが悪くなってしまう可能性があります。病院での治療を受ければ症状の改善も早くて安心できます。
また、カンジダ膣炎は、再発する可能性もありますので、自宅での予防策も大切です。抵抗力が弱まった時が発症する原因の一つなので、自身の免疫力を高め維持するように心がけることが重要なポイントになります。免疫力を落とさないためには、健康的な生活を送ることが大切です。規則正しく生活し、食事なども栄養をしっかりととれるように工夫しましょう。また、ストレスも免疫力低下の原因になりかねませんので、適度に発散するように軽い運動や気分転換することも必要です。