カンジダ膣炎にならないために


ワンステップ・クリアブルー


カンジダ膣炎にならないために

 

カンジダ膣炎は、カンジダ菌が何らかの理由により過剰に繁殖する事で症状があらわれる感染症であり、性行為感染症の様に性行為により感染するケースも多くありますが、カンジダ菌は皮膚や口の中、消化器官に誰もが保有する常在菌の一種の為、性交経験の有無にかかわらず症状があらわれる日和見感染症です。

 

特に、膣内の酸性度が弱くなるとカンジダ菌が過剰に繁殖し症状が発現するケースがほとんどです、腸内にもカンジダ菌が存在する為に便秘や下痢の際に膣内にカンジダ菌が侵入し症状があらわれるケースもあります。

 

その為、入浴時に石鹸で外陰部や膣内を洗浄し清潔な状態を保つだけでは無く、シャワートイレのビデや温風乾燥機能を使ってお手洗いの際にも、洗浄や乾燥を行い外陰部や膣内の清潔な状態を保っておく必要があります。

 

又、カンジダ菌は、高温多湿の環境を好むので、通気性の良い下着の着用もカンジダ膣炎の予防には有効です。

 

カンジダ膣炎の予防には、外陰部や膣内の清潔さだけでは無く、日々の生活習慣や体調管理をしっかりしておく必要もあります。

 

カンジダ菌の増殖には、女性ホルモンエストロゲンが大きく関わっている事がわかっており、ストレスや疲労の蓄積、喫煙や運動不足などの生活習慣の乱れなどによるホルモンバランスの変調が、著しい免疫力の低下を引き起こしカンジダ膣炎の発症要因の一つとされています。