カンジダ膣炎 市販薬


ワンステップ・クリアブルー


カンジダ膣炎は市販薬でも治せますが

 

女性の5人に1人が生涯に1度以上は経験すると言われているほど、女性にとってはごくごく身近でポピュラーな疾患の1つにカンジダ膣炎があります。カンジダ膣炎はカンジダ菌というカビの一種に感染することで発症する感染症の1つで、年齢や性交渉経験の有無に関わらず発症する可能性があるものです。

 

カンジダ膣炎はその名の通り、膣内でカンジダ菌が異常繁殖してしまうことで発症するものですから、デリケートゾーンという場所が場所なだけに「もしかして?」と思っても、なかなか婦人科へ行けずにいるという方も多いかと思います。

 

また、カンジダ膣炎は1度発症すると再発のリスクが非常に高いため、何度も何度も繰り返し発症してしまい、辛い思いを繰り返しているという方も少なくありません。

 

カンジダ膣炎になると膣内や外陰部に痒みや痛みといった症状が出たり、おりものがヨーグルト状になったり変色したりするといった症状が出ますので、比較的気づきやすいものの、放っておいて勝手に治ったりすることはなく、放っておいた分だけ症状はひどくなってしまいます。

 

婦人科で行うカンジダ膣炎の治療自体は簡単で、膣内洗浄を行った上で膣内に挿入する膣錠と外陰部に塗る塗り薬で行うというのが一般的ですが、ドラッグストアーや薬局などで市販薬も販売されていますから、市販薬を使って治療を行うというのもいいかもしれません。

 

フェミニーナ膣カンジダ錠やメディトリート膣坐剤、フレディCC、エンペシドLなどが有名な市販薬で、これらはドラッグストアーや薬局などの店頭で誰でも簡単に購入することができるようになっています。

 

ただし、市販薬を使う際には注意が必要です。カンジダ膣炎用の市販薬というのは、あくまで再発した方向けに販売されているものですから、再発の場合にのみ購入し、使用するようにして下さい。

 

カンジタ膣炎であるかどうかというのは病院で検査を受けない限りはっきりとは分からないものですから、特に初めてカンジダ膣炎になったという方の場合は、必ず婦人科を受診するようにしましょう。

 

初めての方が安易な自己判断で市販薬を購入して使用すると、症状が改善されなかったり、逆に症状が悪化してしまう場合があります。再発の方でも同様ですが、市販薬を使用しても症状に改善が見られない場合には、すぐに市販薬の使用を中止し、病院へ行くようにしましょう。

 

改善が見られない場合、カンジダ膣炎の症状は先ほど書いた通りですが、それに類似した別の疾患である可能性も出てきますから、婦人科でしっかりと検査を受け、何が原因となっているのかをはっきりさせてから適切な治療を受けるように心がけて下さい。

 

 

カンジダ膣炎は薬で治せます

 

婦人科を受診される女性の中でも比較的割合が高いものの1つにカンジダ膣炎がありますが、カンジダ膣炎はそのくらい女性にとってはポピュラーな病気であり、薬を用いた適切な治療さえ受ければ完治させることのできる完治可能な病気でもあります。

 

カンジダ膣炎は膣内に常在するカビの一種のカンジダ菌が異常繁殖することで発症するものですが、これは年齢も性交渉経験の有無も一切関係ないものですので、大人だけでなくお子様でも発症する場合があります。

 

カンジダ膣炎は体力の低下や免疫力の低下、抗生物質の服用や妊娠といったことが要因となって、膣内の菌バランスが乱れてしまうことで発症したり、下着や生理用品による蒸れなどによって発症したりします。

 

ですから、予防対策としては、妊娠や抗生物質の服用はやむを得ない場合もありますが、今挙げたきっかけとなるようなことが起こらないように、疲れている時には無理をしないといったことに注意することをお勧めします。

 

ただ、どんなに気を付けていても発症してしまうことはありますから、万が一カンジダ膣炎かもしれないと思った時には、そのまま我慢しないでなるべく早めに婦人科を受診するようにしましょう。

 

カンジダ膣炎になるとおりものの量や色、状態などに変化が起こり、それと合わせて膣内や外陰部に痒みや痛みが出たり、外陰部に熱感があったり、ただれたような感じになったりしますから、明らかに普段と異なるので分かりやすく気づきやすいものです。

 

婦人科では膣内洗浄を行ってから、膣内に膣剤を挿入するのが基本的な治療になりますが、痒みが酷い場合には膣剤の他に外陰部に塗る塗り薬が処方される場合もありますし、症状が酷い場合には真菌剤の飲み薬が処方されることもあります。

 

薬を使い始めると大体2〜3日程度で症状は和らいできますが、膣内に異常繁殖した菌は、そんな短期間で減ったりはしませんから、症状が緩和されてからも医師の指示が出るまでは薬の使用を続けるようにしていきましょう。

 

婦人科にかかる以外にもカンジダ膣炎用の市販薬を使って治療するという方法もありますが、再発の場合には市販薬を使うことは可ですが、初めての場合には市販薬の使用は、カンジダ膣炎であるという確かな証拠がないので避けた方が賢明です。

 

カンジダ膣炎は再発しやすいというネックがありますが、適切な治療を受け、予防対策をしっかりと取っていけば完治させることは可能です。ただ、自己判断で薬の使用を途中で止めてしまったりすると、ダラダラと辛い思いをし続けることになってしまいますから、きちんとした治療を受けるように心がけるようにしましょう。

 

 

適切な治療薬でカンジダ膣炎は治療するようにしましょう(

 

おりもの異常の出る女性の代表的な病気がカンジダ膣炎。カンジダ膣炎になると、通常時とは異なるおりものが出たり、デリケートゾーンにかゆみや痛みが出たりして、何をしていても気になって仕方ないという状態になってしまうものです。

 

しかも、カンジダ膣炎は治療薬を使って適切な治療を行えば完治させることはできるものの、一度発症してしまうと再発する可能性が非常に高いため、厄介な病気でもあります。

 

再発するリスクが高いからといって、適切な治療を受けずにそのまま放っておくと、自然治癒することはなく、逆に症状はどんどんと悪化していってしまいますから、カンジダ膣炎になってしまった場合には必ず治療を受けるようにしましょう。

 

カンジダ膣炎の治療には専用の治療薬がありますから、それを使って治療を行う形になります。この専用の治療薬というのは、膣内に挿入する膣錠や膣坐剤になり、かゆみの度合やレベルなどによっては、クリームといった塗り薬を併用することもあります。

 

カンジダ膣炎の治療薬は市販もされていて、ドラッグストアや薬局などで簡単に購入することができるようになっていますが、市販薬はあくまで再発した場合に使用するためのものですから、初めてカンジダ膣炎になったという方は、市販薬を購入するのではなく、必ず一度医療機関を受診するようにしましょう。

 

初めてカンジダ膣炎になったという方の場合、医療機関で検査を受けてみないことには、それが本当にカンジダ膣炎であるかどうかということは分かりません。ですから、安易な自己判断で市販の治療薬を購入して使うというのは避けた方が賢明です。

 

再発の場合であっても、なるべくであれば医療機関で治療を受けることをお勧めしますが、もしどうしても医療機関を受診できなかったり、医療機関へ行くのが手間だと感じるようであれば、市販の治療薬で治療を行うというのも1つの治療方法と言えるかもしれません。

 

ただし、市販の治療薬を使う場合、しばらく使ってみても症状に改善や緩和が見られない場合や症状が逆に悪化してしまう場合には、すぐに使用を中止して、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

 

カンジダ膣炎の辛い症状は、治療薬を使い始めて数日程度で緩和されます。しかし、その時点ではまだ膣内にカンジダ菌が多数存在していることが多いので、症状が和らいだからといって治療薬を使用するのをやめたりしないように注意しましょう。

 

症状が緩和されてからも治療薬は最低1週間程度は使用を続ける必要がありますし、そうすることでカンジダ菌を根こそぎ退治することが出来、晴れて完治したということができるようになりますから、症状が和らいだからと言って油断してしまわないよう注意が必要です。

 

カンジダ膣炎の治療は使われる薬品名に着目。

 

健康な人でも必ず持っている、いわゆる常在菌というのは数えきれないほどたくさんありますが、その中でも特に女性にとって身近で厄介な存在と言えるのがカンジダ菌ではないでしょうか。

 

女性の膣内に常在しているカビの一種であるカンジダ菌は、健康な状態であれば何ら心配する必要のない菌ですが、一度体調を崩したり、ホルモンバランスが乱れてしまったりすると、一変して厄介きわまりない存在になってしまいます。

 

膣内がカンジダ菌に感染してしまった状態をカンジダ膣炎といいますが、カンジダ膣炎になるとおりものに異常が出たり、外陰部や膣内がかゆくなったり、外陰部がただれたようになったり熱を持っている感じがするといった症状が出てきます。

 

軽度のうちは自然と治ってしまうこともありますが、今挙げたような自覚症状が出てくる段階までくると、きちんとした治療を受けなければ治らず、そのまま放っておくと悪化の一途を辿るだけですから、自覚症状が出てきたら早めに対処するようにしましょう。

 

カンジダ膣炎に使われるお薬は、膣内に挿入する膣錠や膣坐剤が一般的ですが、外陰部のかゆみなどの度合によっては、膣錠や膣坐剤と併用して外陰部に塗る塗り薬が処方される場合もあります。

 

お薬に関しては医師の指示に従うのが1番ですが、かゆみなどがあまり酷くて辛いようであれば、その旨をきちんと医師に相談して、なるべく早く楽になれるよう対処してもらうようにしてみて下さい。

 

また、カンジダ膣炎の場合、再発であれば市販の薬を使って、病院へ行かずに自分で治療を行うことも可能です。ただし、その際には必ず専用の薬を購入して使用するようにして下さい。

 

カンジダ膣炎に最も有用と言われているのは薬品名でいうとイミダゾール系のものになりますから、特に市販薬を購入する際には、ちょっとだけ成分表示のところの薬品名に注目してみるのもいいかもしれません。

 

カンジダ膣炎の治療薬で有名なアスタットやエンペシドなどは、このカンジダ膣炎に最も有用と言われるイミダゾール系のお薬になりますから、その効果はお墨付きといっても過言ではないかと思われます。

 

もしもお薬がよく分からないとか薬品名なんてちんぷんかんぷんという場合は、病院であれば医師に相談するのもいいですし、医師に相談しづらければ薬剤師さんに聞いてみたりするのもいいかもしれません。

 

また、市販薬の場合であれば、よく分からない場合や詳しく知りたい場合には、購入先のお店にいる薬剤師さんに薬品名を告げて、その中で選んでもらったり、選ぶのを手伝ってもらったりするというのも良いかもしれません。