カンジダ膣炎 自然治癒


ワンステップ・クリアブルー


カンジダ膣炎は自然治癒するのか、しないのか。

 

 

女性にとっては身近で馴染深く、最もポピュラーな疾患とも言えるのがカンジダ膣炎。女性の5人に1人が生涯に1度は経験すると言われるほど、誰にでも発症する可能性のある疾患ですから、カンジダ膣炎になったことはないという方も油断は禁物です。

 

カンジダ膣炎の原因となるのはカンジダ菌と呼ばれるカビの一種です。このカンジダ菌は、健康な人であっても必ず膣内に持っている常在菌の1つで、ふとしたはずみで異常繁殖し、それによって感染してしまった状態をカンジダ膣炎と言います。

 

カンジダ菌が異常繁殖してしまうきっかけとなるものは、体力や免疫力の低下、抗生物質の服用、妊娠中といった風に、いくつかきっかけとなるものが挙げられます。妊娠中は致し方ないとしても、それ以外の要因に関しては、ちょっと気を付けるだけで回避することが可能ですし、そうならないようにすることで十分にカンジダ膣炎を予防することができるようになると言えます。

 

カンジダ膣炎になってしまうと、膣内や外陰部に強いかゆみや痛みが出たり、おりものの色や形状が変化してしまったり、外陰部がただれたようになったり、熱感が出たりといった症状が出てきます。

 

特にかゆみや痛み、おりもののの変色と変化というのは、カンジダ膣炎の特徴的な症状でもありますので、自分でも「もしかして?」と、気づきやすく、分かりやすいといえるかもしれません。

 

カンジダ膣炎は基本的には自然治癒はしませんので、放っておいて良くなるということはまずありえません。ですから、カンジダ膣炎かもしれないと思った場合には、そのまま放っておかずに、なるべく早めに医療機関を受診するようにしましょう。

 

そうはいっても絶対に自然治癒しない訳ではなく、初期の軽度の場合であれば自然治癒することもあります。ただし、自然治癒することがあるのは自覚症状らしい自覚症状が出ていないくらいレベルのカンジダ膣炎に限られますから、自覚症状がある場合には放っておくと、ただただ悪化していくだけですので注意が必要です。

 

なぜ軽度の状態であれば自然治癒する場合があるのかというと、膣内には自浄作用といって、善玉菌よって雑菌を外へ追い出す働きがあります。この自浄作用で追い出せる程度のカンジダ菌の量であれば、善玉菌の働きによって外に追い出されてしまうので自然治癒に至るのです。

 

ただし、これは自覚症状のないレベルに限られることですから、基本的には自然治癒はしないものと考えておいた方が正解と言えます。デリケートゾーンにかゆみや痛みなどを感じたら、なるべく早めに行動を起こし、悪化する前に治療を始めるように心がけましょう。

 

 

カンジダ膣炎は放置せずにきちんと治療しましょう

 

年齢や性交渉の経験が有る無しに関わらず、女性であれば誰でもかかる可能性があるのカンジダ膣炎です。これはカンジダ菌という真菌が原因なって発症する病気ですが、カンジダ菌は常在菌の1つでもあるため、いつどこで発症するかは全く分からないものでもあります。

 

カンジダ菌は通常、膣内が強い酸性の状態であるため、むやみやたらと繁殖することは出来ないようになっています。しかし、体調を崩したり、過度のストレスにさらされたりすることで体力や免疫力が低下してしまうと、膣内で異常繁殖が始まり、ここぞとばかりに悪さをしでかし始めるのです。

 

膣内でカンジダ菌が異常繁殖してしまい、その結果、膣内がカンジダ菌に感染し、炎症を起こしてしまった状態を一般的にカンジダ膣炎といいます。

 

カンジダ膣炎になると出てくる主な症状としては、デリケートゾーンのかゆみ、ただれ、熱感、痛み、おりものの変色、おりものの形状の変化などが挙げられます。場所が場所なだけになかなか他人には言いづらいものですし、恥ずかしくて病院へさえも行けないでいるという女性も少なくありません。

 

しかし、カンジダ膣炎は放置していても基本的に勝手に治ることはありませんから、速やかに治療を受けるようにしましょう。

 

辛くて不快な症状を我慢して放置しておくと、治るどころかどんどんと症状は酷くなる一方ですし、放置すればしただけ、いざ治療を始めた時に完治するまでにかかる期間が長くなってしまうだけですから、決して我慢せず放置せず、速やかに治療を受けるようにして下さい。

 

カンジダ膣炎は一度かかると繰り返し再発しやすいという厄介な特徴がありますし、放置しておくことで症状が慢性化してしまうこともありますから、放置しておくことに何のメリットもないことは覚えておくようにしましょう。

 

カンジダ膣炎は膣内に挿入する膣錠と外陰部に塗る塗り薬での治療が一般的で、薬を使い始めてから数日で症状は緩和されますし、さほど酷い状態でなければ1週間も薬を使えば完治させることができます。

 

治療自体は婦人科で受けることができますし、5人に1人がカンジダ膣炎にかかると言われているほど、女性にとってはごくごく身近な病気でもありますので、カンジダ膣炎で婦人科を受診する女性というのはたくさんいます。

 

ですから、物凄く恥ずかしいかもしれませんが、世の多くの女性が同じような思いを経験しているのだと思えば、ほんの少しの勇気を振り絞ることができるようになるかと思います。

 

我慢していても、そのまま放置していても、決してカンジダ膣炎は勝手に治ったりはしませんから、自覚症状が出ている場合には、なるべく早めに婦人科を受診し、治療ってこんなに簡単なものなんだ!と苦痛から早く解放されるようにしてみて下さい。