カンジタ膣炎 ただれる


ワンステップ・クリアブルー


.カンジダ膣炎になるとデリケートゾーンがただれる?

 

デリケートゾーンがかゆくて我慢できない、ヨーグルトみたいなおりものが出た、なんかいつもとおりものの色が違う、こういった症状が出てきた場合、カンジダ膣炎かもしれませんから、辛い思いを我慢せずに、なるべく早めに婦人科を受診するようにしましょう。

 

カンジダ膣炎というのは、膣内に常在しているカビの一種であるカンジダ菌が何らかの原因によって異常繁殖し、それに感染して膣内で炎症が起きている状態を言います。

 

カンジダ膣炎は性感染症と誤解されがちで、恋人同士の間でのトラブルの元にもなっているようですが、カンジダ膣炎は決して性感染症ではありませんので、誤解されている方はその誤解を早い段階で解いておきましょう。

 

カンジダ膣炎の原因であるカンジダ菌は、膣内以外にも皮膚といった体表や口腔内、消化器官内、男性性器、空気中などにも存在しているため、女性だけでなく男性であっても感染する可能性は十分にあるものです。ただし、性器カンジダに関しては性器の作りの関係で、男性よりも女性の方が発症する割合が高くなっているだけなんです。

 

カンジダ膣炎になるとデリケートゾーンに我慢ならないほどのかゆみが出たり、おりものが変色したり、おりものの形状が変化したりといった症状が出てきます。これら以外にもデリケートゾーンが熱を持ったような状態になったり、腫れたり、ただれるといった症状も出てくる場合があります。

 

腫れたり熱を持ったりというのは分かるけど、ただれるってどういうこと?と思われる方もいるかと思いますが、歩いたり立ったりといった動作でデリケートゾーンが擦れることで炎症が酷くなり、その結果ただれる感じになるのです。

 

こういった症状に心当たりのある方は、なるべく早めに婦人科を受診し、治療を開始するようにしましょう。カンジダ膣炎は完治させることのできるものですし、治療を始めるのが早ければ早いほど、短期間で完治させることができますから。

 

恥ずかしいとか病院には行きたくないと、婦人科を受診することに抵抗感の強い方もいるかと思いますが、カンジダ膣炎はそのまま我慢していても勝手に治ったりはしません。むしろ放っておけば放っておいただけ症状は悪化していってしまいますから、我慢することには何のメリットもありません。

 

特にデリケートゾーンがただれる、掻き過ぎて出血しているという場合は、そのまま放っておくのはただ辛いだけになりますし、きちんと治療をすれば我慢していた時間は何だったんだろう?と思えるくらい楽になれます。

 

カンジダ膣炎は女性の5人に1人が経験すると言われているほど、女性にとってはメジャーな病気ですから、恥ずかしい気持ちを一時飲み込んで、なるべく早めに勇気を出して婦人科を受診してみて下さいね。

 

 

カンジタ膣炎になると、おりものは?においは?

 

女性の5人に1人が生涯に一度は経験するとまで言われているほど、女性にとって身近な病気の1つにカンジダ膣炎があります。カンジダ膣炎については既に詳しく知っているという方も少なくないかと思います。

 

カンジダ膣炎の原因となるのはカンジダ菌と言うカビの一種で、このカンジダ菌が何らかのきっかけによって膣内で異常繁殖し、それによって膣内がカンジダ菌に感染してしまうことで起こります。カンジダ菌は膣内に常在している菌の1つであるため、年齢に関係なく女性であれば誰でもカンジダ膣炎になる可能性があるというのが、カンジダ菌の嬉しくない点といえるかと思います。

 

カンジダ膣炎はカンジダ菌に感染することでかかる感染症ではありますが、性交渉によって感染する確率というのは非常に低いので、性感染症ではないと言えますが、性感染症であると誤解されている方も多いのが現状です。

 

カンジダ菌に感染しやすい状態というのには、体力や免疫力が低下している時、妊娠によってホルモンバランスが崩れている時、何らかの病気の治療のために抗生物質を服用している時などが当てはまります。

 

ですから、逆を返せば、こういった状況にならないように日頃から気を付ける、またはこういった状況に陥った時には注意するということでカンジダ膣炎は予防をすることが可能であるとも言えます。

 

カンジダ膣炎になるとおりものの色が変化したり、おりものがヨーグルト状や酒粕状に変化したり、デリケートゾーンにかゆみや痛みが出るといった症状が出てきます。また、おりものの量が通常よりも多くなったりすることもありますが、におい自体はさほど強くなることはないので、おりもののにおいに関してはそれほど気になるものではないと言えます。

 

もしもこういった症状に心あたりがある方は、一度婦人科を受診し、きちんと検査を受けてみて、カンジダ膣炎であるのかどうかをはっきりさせるようにしておきましょう。

 

カンジダ膣炎は繰り返し再発する厄介な存在ではありますが、きちんとした治療を受けさえすれば完治させることのできるものでもありますから、どうせ再発するから〜と中途半端な治療を行ったりしないようにだけ注意しておきましょう。

 

中途半端に治療をやめてしまったり、治療を受けずにそのまま放置しておいたりすると、症状はどんどんと悪化していき、そのうち耐え難い苦痛に変わっていってしまいます。

 

そうなってから治療を始めると、治療にかかる時間が長くなりますし、何度も通院しなければならなくなってしまったりしますから、早め早めにアクションを起こすことがカンジダ膣炎には大切なことだと言えます。

 

 

カンジダ膣炎で出血することはある?

 

多くの女性に辛い思いや嫌な思いをさせるのがカンジダ膣炎ですが、しっかりと治療さえ行えば完治させることのできますから、そのまま辛い思いを我慢しないで、早め早めに治療を開始するように心がけましょう。

 

カンジダ膣炎の原因はカンジダ菌というカビの一種ですが、これは常在菌の1つでもありますから、年齢や性交渉経験の有無に関係なく、女性であれば誰でもかかる可能性のある病気であることは覚えておきましょう。

 

カンジダ膣炎はカンジダ菌に感染することで起こる感染症ではありますが、性感染症ではありませんので、基本的に性交渉でうつることはありません。ただし、各々の状況によっては性交渉を持った相手にうつってしまうこともありますので、カンジダ膣炎の治療中の性交渉は避けた方が後々トラブルに発展しないで済むと言えそうです。

 

カンジダ膣炎になるとおりものの形状がヨーグルト状になったり、おりものの量が増えたり色が変わったり、外陰部にかゆみやただれ、熱感が出るといった症状が出てきますので、そういった症状が出てきた場合には速やかに婦人科を受診するようにしましょう。

 

カンジダ膣炎はごく軽度の場合であれば自然と治ることもありますが、基本的には自然に治ったりすることはなく、きちんとした治療を受けなければ治ることはありません。放っておけば放っておいただけ症状は悪化してしまいますし、それによって辛い思いや嫌な思いをするのは自分ですから、何かいつもと違うと思ったら、その時点で早めに婦人科を受診しておいた方が安心です。

 

カンジダ膣炎経験者の中には、出血が起こったという方もいるようですが、カンジダ膣炎の主な症状に出血は含まれませんし、カンジダ膣炎によって出血が起こるということも基本的にはありませんから、カンジダ膣炎がその出血の直接的な原因とは考えにくいものです。

 

ただし、あまりのかゆさに眠っている間に無意識にデリケートゾーンを掻き毟ってしまい、それによって出血が起こるということはありますから、少量の出血であれば特に不安になる心配はありません。

 

そうはいってもカンジダ膣炎であるにもかかわず出血が起きたりすると、不安になってしまうのが心情です。少量であったり長引かないようであれば心配する必要はないものの、どうしても不安になってしまうようであれば医師に相談してみて下さい。

 

ただし、明らかに不正出血と呼べるくらいしっかりとした出血があったり、ダラダラと出血が長引くようであれば、カンジダ膣炎以外の病気の可能性も出てきますので、治まる気配がないようであれば、その旨を医師に伝え、しっかりと検査を受けた方が良いかもしれません。