カンジダ膣炎 治療


ワンステップ・クリアブルー


カンジダ膣炎の治療に面倒なことはありません。

 

おりもの異常を起こす女性の病気の中でも最もポピュラーなのがカンジダ膣炎ですが、これは女性の5人に1人が経験すると言われているほど、女性にとっては本当に極々身近な感染症であると言えます。

 

カンジダ膣炎は膣内に常在する菌の1つであるカンジダ菌(カビの一種)が、体力や免疫力の低下、抗生物質の服用による膣内の菌バランスの乱れなどで異常繁殖し感染することで起こる病気です。

 

誤解されている方が多いようですが、感染症は感染症でも性感染症ではないので、性交渉によって感染するということは基本的にはありません。カンジダ菌は女性だけに常在している菌ではなく、男性の体内にも常在している菌ですから、性交渉によって行き来する菌ではないのです。

 

ただし、中には相手の方の免疫力が低下していて、性交渉によって相手の方が感染してしまう場合もありますから、カンジダ膣炎を起こしている時には後々のトラブル回避のためにも性交渉は控えるようにした方が良さそうです。

 

カンジダ膣炎には膣内や外陰部の痒みや痛み、おりものの変色や状態の変化といった特徴的な症状がありますので、カンジダ膣炎になったというのは比較的気づきやすく、分かりやすいものなので、変だなと思ったら速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

 

カンジダ膣炎は医療機関で適切な治療を受けさえすれば、さほど長引くことなく完治させることができます。しかし、一度発症すると再発しやすくなるといった厄介な面もありますから、発症した際にはしっかりと完治するまで治療を続けるようにしましょう。

 

カンジダ膣炎の治療自体には特に面倒なことや難しいことはなく、医療機関で膣内洗浄をし、膣内に膣錠を挿入するというのが基本的な治療方法になります。膣錠は1週間効果が持続するタイプと1日のみの効果のタイプとがありますが、症状がさほど酷い状態だったり、再発を繰り返している状態でなければ、1週間効果が持続するタイプを使用する場合がほとんどです。

 

また、外陰部のかゆみが酷い場合には、膣錠と併用する形で専用の塗り薬が処方されることもあります。その場合には1日に何回塗るといった使用方法に関しては医師に確認し、医師の指示に従って使うようにしましょう。

 

治療はこれだけのことですから、特に面倒なことも難しいこともありません。ただし、医師の指示があるまでは必ず通院を続け、根気強く治療を続けていくようにしましょう。

 

途中で勝手な自己判断で治療を中断してしまうと、すぐに再発し、治療そのものが長くなってしまうこともありますし、その間ずっと辛い思いをするのは自分ですから、決して途中で勝手に治療をやめないようにだけ注意して下さい。

 

 

カンジダ膣炎の治療期間はどのくらい?

 

おりものに異常が出る女性の疾患の中でも最もポピュラーなのがカンジダ膣炎で、これはなんと女性の5人に1人が経験するとまで言われており、女性にとっては本当に身近で、誰にでも起こりうる疾患であると言えます。

 

カンジダ膣炎になるとおりものが白や黄色などに変色し、ヨーグルト状や酒粕状といった普段とは明らかに異なるおりものが出るというのが特徴的な症状の1つです。また、変色や異なる状態になるだけでなく、おりものの量自体も増えますから、自覚症状としては非常に分かりやすいものでもあると言えます。

 

おりものの変化以外にも、膣内や外陰部にかゆみや痛みが出たり、外陰部がただれたようになったり、炎症によって外陰部に熱感が出たりする場合もあります。

 

デリケートゾーンという場所が場所なだけに、何もしなくても気になって仕方なかったり、かゆくて仕方なかったりするものですし、立ったり歩いたりする際に擦れてかゆみや痛みが酷くなったりする場合もあり、だんだんと耐え難い苦痛になってきてしまいます。

 

カンジダ膣炎は、そのまま治療をしないで放っておいても決して自然に治ったりはしませんし、放っておけば放っておいただけ、だんだんと症状は酷くなっていきますから、気づいた時点で早めに治療を始めるようにしていきましょう。

 

カンジダ膣炎の治療は膣内洗浄をしてから膣内に挿入する膣錠や膣坐剤を使用するのが一般的で、かゆみが酷い場合には膣錠だけでなく、外陰部に塗るクリームなどが処方されることもあります。

 

治療期間は一般的に10日程度と言われていますから、治療期間自体はトータルしてもさほど長い期間という訳ではありませんし、治療自体も特に面倒なことや難しいことも一切ありません。

 

膣錠や膣坐剤を使い始めてから3〜4日程度で、かゆみや痛みといった辛い症状は緩和され、ほとんどの方が治療開始から5日もすれば今までと何ら変わらない状態にまで回復します。ただし、症状が緩和されたからといって、カンジダ膣炎の原因菌であるカンジダ菌が全ていなくなった訳ではありませんから、そこで治療を勝手に中断したりしないように注意する必要があります。

 

治療を開始すれば外陰部から段々とカンジダ菌は減っていきますので、外側のかゆみや痛みといった症状は改善されてきます。しかし、治療期間が数日程度の段階では、まだまだ膣内にはカンジダ菌が大量に残ったままですから、膣内のカンジダ菌まで退治するために根気強く治療を継続していく必要があるのです。

 

カンジダ膣炎は再発しやすいというネックがありますが、それは症状が改善されたからといって治療を途中で止めてしまう方がいるからというのも大きな理由の1つですから、医師がもう大丈夫と言うまで、しっかりと治療を続けていくようにしましょう。

 

 

カンジダ膣炎の治療中に気を付けたいこと

 

おりもの異常や外陰部のかゆみなどといった症状が出て、辛い思いや不快な思いをするカンジダ膣炎。カンジダ膣炎は女性の5人に1人が経験すると言われるほど女性にとっては身近な感染症です。

 

カンジダ膣炎になるとおりものの変色やおりものの状態の変化、外陰部のかゆみや痛み、それに伴う灼熱感やただれといった症状が出てきますが、これは進行度合いによっても違いが出るものですし、個人差の大きなものとも言えます。

 

href="https://luciekolb.ch/kanjida/">カンジダ膣炎は自然治癒する場合もありますが、それは自覚症状があるかなしかの本当に初期の段階のみに限られ、基本的には治療を受けない限り治ることはありませんので、放っておかないようにだけ注意したいものです。

 

カンジダ膣炎の治療は膣内に挿入する膣剤や膣坐剤などが一般的に用いられますが、外陰部のかゆみの度合などによっては外陰部に塗る塗り薬が処方されることもあります。ですから、薬に関しては塗り薬を処方されない場合もありますので、その辺は医師の指示に従うようにしましょう。

 

治療薬を使い始めておおむね3〜4日程度で症状は緩和されて辛い思いから解放されますが、その時点ではまだ膣内にカンジダ菌が残っている場合がほとんどですので、医師の指示なく勝手に薬をやめてしまわないようにしましょう。

 

また、カンジダ膣炎の治療中にはいくつか気を付けたいことがありますから、実際に治療中という方はもちろん、今後なる可能性を含めて、治療中に気を付けたいことは頭の中に入れておくのが良さそうです。

 

カンジダ膣炎の治療中に気を付けたいことは、性交渉、ビデやタンポンの使用、タオルを共有すること、外陰部を掻いたり石鹸でごしごしと洗ったりすることです。

 

性交渉やタオルの共有は、自分以外のパートナーや家族にカンジダ菌をうつしてしまう可能性がありますから、極力避けるようにした方が賢明です。やむを得ない場合にはカンジダ膣炎の治療中であるということをきちんと話すようにしましょう。

 

ビデやタンポンの使用は、せっかく挿入した膣錠や塗り薬を流してしまうことがあり、せっかくの薬の効果を弱めてしまう可能性がありますから、なるべく使用は控えるようにしておきましょう。

 

外陰部を掻いたり洗ったりというのも薬の効果を弱めてしまう可能性がありますから注意が必要です。また、カンジダ膣炎の治療中は、普段よりも皮膚がずっと弱っている状態でもありますから、そこに刺激を与えることで出血が起こったり、症状が悪化したりする可能性もありますので注意が必要です。

 

カンジダ膣炎は女性にとってはごくごく身近な感染症ですし、他人にうつしてしまう可能性もゼロではありません。ですから、基本的な部分はしっかりと頭に入れておくと後々厄介なことにならずに済むと言えそうです。

 

 

カンジダ膣炎の治療と治療費

 

女性にとってはポピュラーな病気の1つにカンジダ膣炎がありますが、これは免疫力や体力の低下、抗生物質の服用、妊娠、生理用品などによる蒸れなどが原因となって起こるものですから、いつどこで誰がなるか分からない、誰にでも起こりうる病気でもあります。

 

カンジダ膣炎の原因になるのはカンジダ菌というカビの一種ですが、これは子どもから大人まで誰でも持っている常在菌ですから、カンジダ膣炎自体は年齢に関係なく発症するものでもあるのです。

 

カンジダ膣炎になるとどういった症状が出てくるかというと、おりものの変色や状態の変化、おりものの量が増える、外陰部にかゆみや痛みが出る、外陰部がただれたようになったり熱を持ったような感覚になる、といったものが代表的なものと言えます。

 

こういった自覚症状が出てくるまでカンジダ菌が繁殖してしまうと、自然治癒は見込めませんから、なるべく早めに医療機関を受診し、検査を受けた上で治療を始めることをお勧めします。

 

カンジダ膣炎の治療は一般的に膣内洗浄を行った上で、膣内に挿入する膣錠を用いる形になりますが、外陰部のかゆみの度合などによっては、外陰部に塗る塗り薬が処方されることもあります。

 

膣錠も1日だけの効果のタイプと1週間効果が持続するタイプとあり、酷い状態であれば1日だけの効果のタイプを毎日使う形になりますが、それほどではない場合だと1週間効果が持続するタイプを使う形になります。

 

いざ治療を受けようと思った時に気になるのが治療費ではないかと思われますが、カンジダ膣炎の治療にかかる治療費というのは、どこの医療機関でも大きな差はなく、大体2,000〜3,000円程度が相場になっています。

 

ただし、医療機関によってはこの治療費の他に初診料や再診料がかかる場合がありますから、詳しく知りたい方は受診しようと思っている医療機関に問い合わせてみるのが良さそうです。

 

医療機関を受診せず、市販の治療薬でカンジダ膣炎の治療を行う方もいるかと思いますが、その場合だと市販薬の代金だけが治療費ということになりますので、医療機関を受診する半分程度の治療費で済みます。

 

しかし、市販薬で治療を行えるのは再発の場合のみであり、再発の場合であっても市販薬で症状が治まらない場合には結局、医療機関を受診することになりますから、かかる手間も治療費も必要以上に多くかかってしまう可能性があります。

 

なるべく短い期間で、治療費を抑えて確実に治したいという場合は、たとえ再発の場合であっても医療機関を受診し、市販薬ではなく、医師の指示する薬を使用する方が間違いないかと思われます。