腟の外部皮膚(外陰)の発疹や発赤


ワンステップ・クリアブルー


ガンジダ膣炎の症状:腟の外部皮膚(外陰)の発疹や発赤

 

カンジダ膣炎は、カンジダ真菌の増殖により起こります。カンジダ真菌は、膣内の常在菌で、誰もが普通に持っている菌ですが、ストレスや、抗生剤・ステロイド服用による免疫力低下などにより、カンジダ真菌が通常よりも繁殖すると、炎症となって症状があらわれます。外部皮膚(外陰部)の発疹や発赤、激しいかゆみや、人によってはひりひりとした痛みを生ずる場合もあります。
真菌(カビの一種)が原因ですので、この繁殖を抑えるために、抗真菌剤で治療が行われます。かゆみや痛みは、炎症によるものですので、これに対しては抗炎症剤が使われます。初期の外部皮膚の炎症だけの場合、抗炎症剤を塗るだけで治る場合もあります。外部皮膚だけでなく、膣炎も伴っている場合は、抗真菌剤の使用とともに、膣内洗浄もとても有効な治療法となります。通院して膣内洗浄を続けるとほとんどの場合完治します。

 

最初は診察に抵抗があるかもしれませんが、カンジダ膣炎は風邪で免疫力が低下しているときなどにも起こる病気で、誰にでも起こるものです。膣周辺に発疹やかゆみが見られたら、放置せず早めに医師の診察を受けましょう。薬を処方されたら、3、4日で症状がやわらぎ、二週間ほどで完治します。

 

ガンジダ膣炎の症状:粘度の高いチーズ状のおりもの

 

カンジダ膣炎は、膣内や腸などに生息する常在菌の一種であるカンジダ菌の異常繁殖により発症する感染症であり、体調不良やストレス、疲労の蓄積など抵抗力が低下した時にカンジダ菌が過剰に繁殖し発症する日和見感染症でもあります。

 

過度のストレスは、女性ホルモンエストロゲンの分泌量を減少させ、膣内の自浄作用を担う乳酸菌群のデーデルライン桿菌の減少まねきより発症しやすくします。又、デーデルライン桿菌まで殺菌してしまう抗生物質服用者や人為的に妊娠状態をつくる経口避妊薬服用者もカンジダ膣炎を発症しやすいとされています。
デーデルライン桿菌の減少は、膣内の水素イオン濃度の低下させカンジダ膣炎を発症させるだけでは無く多くの菌を繁殖させる事になり、通常透明なおりものが粘度の高い白いチーズ状のおりものや淡黄色のボソボソとしたカス状のおりものに変化させます。

 

カンジダ膣炎は、おりもの変化や炎症に加えて外陰部の我慢し難い強い痛みがあらわれ、炎症が酷くなると排尿時や性交時に刺すような痛みや脈打つ強い痛みもあらわれます。
カンジダ膣炎は、症状が軽い場合は自然治癒する事もありますが、おりものなどの自覚症状がある場合は、強い痛みが出る前に専門の医療機関へ行くべきです。

 

ガンジダ膣炎の症状:腟のヒリヒリ・刺激

 

カンジダ膣炎は、もともと人の体に常駐しているカンジダという菌によって引き起こされる炎症です。通常はカンジダ菌は悪影響を及ぼしませんが、ビタミン欠乏等によって免疫力が落ちてしまった場合に過度に繁殖してカンジダ膣炎を引き起こします。性器に発生するカンジダ膣炎は性病とされていますが、性行による感染が必ずしも原因ということはありません。性行為の未経験者であっても、体調不良のために免疫力が低下してカンジダ菌が増殖し、膣炎になる場合もあります。

 

女性の性器は特にカンジダ菌が増殖しやすい環境があるため、女性にはポピュラーな病気です。カンジダ膣炎の自覚症状は、膣がヒリヒリする、刺激感があること、熱感があることです。また、匂いのないカッテージチーズ状のおりものが出るのも症状の一つです。同じようにカッテージチーズ状のおりものが出ていても、匂いが強かった場合は、ほかの感染症を疑ったほうがよいでしょう。他にも、強い痒みがあったり、外陰部に発疹が出て赤くなり、炎症している状態が目視できたりといった症状が出る場合があります。

 

症状が進んでしまうと、完治が遅くなるため、ヒリヒリしていて違和感を感じた場合はすぐに産婦人科に行き、診察を受けましょう。また、多湿な環境でカンジダ菌は増殖しやすいため、通気性の良い下着を身に着けたり、お風呂上りには水気を完全にふき取るようにすると、菌の増殖を抑えられます。規則正しい生活とバランスの整った食事をとり、しっかり睡眠をとって体調を整えることも重要です。