ガンジダ膣炎の対策


ワンステップ・クリアブルー


ガンジダ膣炎の対策!通気性の良い綿の下着や洋服を着る

 

カンジダ膣炎(膣カンジダ症)とは、白色で酒粕(あるいはヨーグルト)のようなおりものが出たり、膣や外陰部に強いかゆみを伴ったりする女性にとって非常にポピュラーな病気です。この病気は、もともと膣内に存在しているカンジダという常在菌が、免疫力の低下などのために異常に増殖することによって引き起こされる感染症です。いったん症状が完治しても、風邪や疲労といった体調の変化によって再発することも少なくありません。ですが、免疫力が低下しないよう体調を整えるということ以外にも、日常生活の中のちょっとした工夫でカンジダ膣炎(膣カンジダ症)を予防することは可能です。カンジダ膣炎(膣カンジダ症)の原因菌であるカンジダは真菌(=カビ)ですので、温かく湿った環境のもとではどうしても増殖しやすくなってしまいます。

 

そこで、通気性を良くしてカンジダの増殖を抑えることが、カンジダ膣炎(膣カンジダ症)を予防することにつながります。デニムなど厚手の洋服を避け、通気性の良い綿の下着を身に着けることが対策として有効になります。また、生理中にはナプキンやタンポンをこまめに取り換えるなど、膣や外陰部を常に清潔な状態に保つことも重要です。

 

ガンジダ膣炎の対策!シャワーや入浴の後はデリケート部分をしっかり乾燥

 

カンジダ膣炎の原因菌であるカンジダ菌は真菌というカビの一種です。そのため、湿気の多い環境を好み増殖するという特徴があります。カンジダ菌は人の体内に必ず存在しているカビ菌です。通常カンジダ菌は他の菌とバランスをとりあっているため病原性はなく体に影響を与える事はありません。しかし、体の免疫系統が何らかの原因で乱される事によってカンジダ菌が異常繁殖しさまざまな症状があらわれるようになります。女性の性器に大量に増殖するとカンジダ膣炎を発症してしまいます。

 

女性がカンジダ膣炎になりやすい理由として性器に湿気が溜まりやすいという事が挙げられます。構造的に湿気がこもりやすいためカンジダ菌が増殖しやすくカンジダ膣炎を発症しやすい環境です。カンジダの一番の原因は湿気が溜まっている事なのでシャワーや入浴の後はデリケート部分をしっかりと乾燥させることにより細菌の増殖を防ぎカンジダ膣炎の予防につながります。デリケート部分をしっかりと乾燥させても通気性の悪い下着やきついガードル、そしてジーパンの着用を避けることでさらに発症のリスクを下げる事ができます。カンジダ菌を増殖させる環境を作らないこと、そして健康的な生活を心がける事によって病気を防ぐ事につながります。

 

ガンジダ膣炎の対策!濡れた水着や湿った衣類はすぐに着替え

 

カンジダ膣炎の治療や予防には、蒸れを防ぐことが重要なポイントになります。カンジダ膣炎の原因とな菌は、カビの一種です。カビがそうであるように、カンジダの原因菌も蒸れたところが大好きなのです。そのため、梅雨から夏場にかけての時期にカンジダ膣炎を発症しやすいと言われています。季節の変わり目で体力が落ちていることに合わせて、湿気が多い季節だというのが関係しています。また、生理中のナプキンやタンポンをこまめに変えない、ナイロンなどの通気性の悪い下着を履いている、常にストッキングを履いている、ガードルなどの身体を締め付ける下着やデニムなど厚手の生地のものを良く履いている人は、カンジダの原因菌が繁殖しやすい環境を作り出しているのです。対策としては、デリケートゾーンが蒸れないようにすることが重要です。

 

衣類をコットンでできた通気性の良いものに変えたり、仕事中はストッキングを履かないことは無理な人が多いため、帰宅したらすぐに楽な衣服に着替える、下着が汚れるのが気になるかもしれませんが、おりものシートは使わないようにする、濡れた水着や湿った衣類をいつまでも着たままにしておかないというような方法を心がけるだけで、カンジダ膣炎の予防対策ができるのです。

ガンジダ膣炎の対策記事一覧

ガンジダ膣炎の対策!生理中以外のナプキン使用はマメに交換カンジダ膣炎はおりものが多くなりますので、中には生理中でなくても...

カンジダ膣炎対策!綿100%の通気性のいい下着を着ける一度なってしまうと再発しやすくなってしまうカンジダ膣炎。何度もカン...

カンジダ膣炎対策!厚手のデニムやガードルははかないカンジダ膣炎になってしまった時には、厚手のデニムやガードルをはくと症状...

カンジダ膣炎対策!おりものシートは使わないカンジダ膣炎の症状には、痒みや痛みのほかに、おりものの変化があります。チーズや...

カンジダ膣炎対策!ナプキンやタンポンはこまめに換えるカンジダ膣炎は女性に特に多い性病の一つですが、実はセックスによって感...

カンジダ膣炎の予防で大切なことカンジダ膣炎は女性多い性病の一つですが、ほかの性感染症と異なる点はセックスによって感染する...

疲れやストレスを溜めないのが大切なカンジダ膣炎女性の4人のうち3人はカンジダ膣炎になったことがあると言われるほど、女性に...