余った妊娠線予防クリームの使い方


ワンステップ・クリアブルー


余った妊娠線予防クリームの使い方

 

妊娠中に妊娠線予防のクリームをまとめ買いしました。
毎日たっぷり塗っていたおかげで出産後も妊娠線は残っていません。
それは良かったのですが、何しろ大量に購入したのでまだストックが残っているんですよね。
余ったクリームはどうしようかな…と思ったのですが、妊娠中に限らず通常のケアに使用しても問題ないようです。
なので現在は余った妊娠線予防クリームを、手や体の保湿剤として使用しています。
考えてみれば肌に優しい成分で作られているのだから、妊娠中以外に使ったって問題ないに決まっていますよね。
保湿力に優れているので肌がモチモチになります。
通常の保湿クリームより肌がしっとりする感じがしますね。

 

 

妊娠線予防の方法を調べてみました

妊娠線予防にはどんな方法があるのかを調べてみました。
一番手軽なのは保湿をすることですよね。
妊娠線予防のクリームやオイル、ジェルなどが売られているので、それを使って保湿をします。
それからガードルやコルセットを使用する方法もあるようです。
お腹が大きくなってくると、皮膚が下に引っ張られ妊娠線ができやすい状態に。
ガードルやコルセットは重いお腹を支えてくれるので、皮膚が伸びにくくなり、妊娠線予防に効果を発揮するようです。
一番重要なのはスキンケアなので保湿は必ず行い、プラスアルファでお腹を支えるグッズや美肌サプリなどを利用すると良いかもしれません。
ストレスを溜めない方法で予防することが大事ですね。