合成葉酸で喘息リスク


ワンステップ・クリアブルー


合成葉酸で喘息のリスク...は都合の良い売り文句

 

そもそも合成葉酸サプリメントの過剰摂取で喘息のリスクが上がるという話自体、サプリメント業界側にとっては、都合の良い話のような気がします。
その内容が喘息ではなく、発ガン率が上がる、視力に先天的な障害を持つ...といったものであれば、消費者も絶対的に避けるべき商品と感じられるものでしょう。

 

ですが、喘息となると正直なところどうでしょうか。

 

確かに喘息は辛いもので、重い症状に悩まされている方々も存在します。
ただその辛さ苦労について、多くの人が理解できているとは考えにくい面があります。

 

咳の辛さというものは、思いの外他人が理解できるようなものではなく、「たかが咳、たかが喘息」といった軽い扱いを受けることさえあると言います。
喘息という言葉に敏感に反応するのは、実際に咳が止まらない苦痛を知っている人だけと言っても過言ではないのでしょう。

 

ただやはり、これから出産をして元気な赤ちゃんを育てることを目指す母親としては、どんな些細なリスクであってもないに越したことはありません。
自ら進んで子供の健康を害するようなことはしたくないのは当然のことです。

 

結局のところ喘息は、何が何でも避けなければならない病気とは思う人もいれば、そうでない人もいる、また、そうでない人であってもリスクはないに越したことはないと考えたりするのが現実です。
つまりは、合成葉酸サプリメントの過剰摂取で喘息のリスクが上がるという話自体、個人によってそれぞれに都合よく解釈できる程度の話で、サプリメント業界にとっては程度の良い売り文句であることに違いはないと感じます。