排卵検査薬 期限切れ


ワンステップ・クリアブルー


二人目の妊活で以前に残った排卵検査薬を使っても大丈夫?

 

海外の排卵検査薬って、数が多く入っているので、1回で妊娠してしまった人は、かなりの数が残ってしまいます。

 

そのため、二人目の妊活の時に使ってみようと保管していても、気づいたら排卵検査薬が期限切れになっていることも多々あります。

 

排卵検査薬って、それなりに高いので、捨てるのは勿体ないから、使ってみようか考えてしまいます。

 

食品とは違うので、使ったところで、健康被害に遭ったりする可能性も低いですからね。

 

ただ、期限切れの排卵検査薬は、品質が劣化しているのは間違いありません。

 

そのために、一応の使用期限があるのですから、期限切れになった排卵検査薬は基本的には、信用できないものと考えなければいけません。

 

信用できない排卵検査薬を使っても、やはり妊娠確率が落ちてしまう可能性があります。

 

ちゃんと妊活や産み分けを希望しているのであれば、期限切れの排卵検査薬は破棄してしまいましょう。

 

または、病院にしっかり通院して、タイミング指導を相談できるようにしておく方が◎。

 

期限切れの排卵検査薬だけを頼りにして妊活していても、なかなか結果がついてこない事も多いです。

 

産み分けで使用すれば、失敗の原因にもなってしまう可能性がありますので要注意です。

 

排卵検査薬の使用期限に注意をしよう!

 

最初の子供は母親の年齢が若くて、すぐに妊娠出来たけど、二人目を作る頃には年齢が上がってしまい、なかなか妊娠できないというケースがよくあります。

 

そんな時、最初の子の妊活で使っていた排卵検査薬が残っているからといって期限切れしたテスターを使うのはNG!

 

第二子目となると、「次は男の子が欲しい」とか「女の子がいいな」と、性別にも貪欲になり、産み分けで期限切れの排卵検査薬を使おうと思いつく人がいます。

 

排卵日を確かめるだけであれば、期限切れの期限切れを使っても、それなりに反応が出る可能性がありますが、産み分けとなれば話は別!

 

期限切れの排卵検査薬は品質が劣化しており、正確な検査結果が反映されない可能性も高く、産み分けで利用するのには、あまりにも危険です!

 

産み分けをしたいのであれば、ちゃんと薬局やネットの通販で、期限が切れていない排卵検査薬を使うのがおすすめです。

 

または期限が切れている排卵検査薬は、あくまでお試しと割り切って、病院でしっかりタイミング指導してもらうほうがやはり安心です。

 

品質が劣化した排卵検査薬では、本来の力が出ませんので、やっぱり使わないで処分してしまうほうが間違いありません。

 

医薬品も時間が経てばダメになります。