排卵検査薬 陽性


ワンステップ・クリアブルー


排卵検査薬で陽性でも成功率30パーセント!?

 

産婦人科に頼らずとも、当事者夫婦だけでできる不妊治療方法があるそうです。

 

それは、排卵検査薬を使ったタイミング法。

 

具体的には、排卵検査薬によって、最も体が妊娠しやすくなっているタイミングを予測し、そこを狙って集中的に性交渉をするんですね。

 

 

長期間基礎体温の記録をしなければいけないオギノ式に比べて、手間もかからないため、日本でもこのタイミング法が最近では人気とのことでした。

 

しかし、あまり過度に期待すべきではないそうです。

 

なぜなら、排卵検査薬で妊娠成功率を上げられると言っても、その数字は最大でも30パーセントと、あまり大きくないからです。

 

 

 

確かに、思っていた程ではないですね。

 

しかし、自然に妊娠できる確率と比べると、たった30パーセント、という風には言えないそうです。

 

なんでも、20代から30代前半の健康な男女が、避妊をせずに性交渉を行ったところで、妊娠成功率は25〜30パーセントが精々なのだとか。

 

 

もちろん、この数字は高齢になるにつれてどんどん落ちて行きます。

 

となると、妊娠成功率を30パーセントまで持って行ける、排卵検査薬でのタイミング法って、手間がかからない割に、特に高齢出産を望む場合はものすごく有用なんですね。

 

 

妊活にオムロンの排卵検査薬

 

年齢的に、出産ラッシュを迎えている私の周りは、妊活している人もかなり多い。

 

若くても、子供が出来ない時は出来ないもの!

 

不妊は卵子の老化が問題だと指摘されていますが、それだけが問題でもありませんからね。

 

やはり原因不明の不妊に悩む人もいます。

 

そういう人は、やっぱり最初に妊活をするとなると、排卵検査薬を使ったタイミング法に挑戦することが多いですね。

 

中でも、妊活ブロガを書いている私の友人曰く、妊活初心者はオムロン排卵検査薬が良いとか。

 

オムロンって排卵検査薬だけでじゃなく、体重計とかヘルスケア商品全体で、すごく性能が良いことで人気がありますし。

 

安心化がありますね。

 

初心者の場合、最初から海外の排卵検査薬を試すのは、ちょっとハードルが高いかもしれません。

 

やっぱり、海外の排卵検査薬は、説明書が英語になっているので、使い方で戸惑ってしまう人が結構います。

 

ただ、妊活ブログでは、よく海外の排卵検査薬が紹介されているので、「なんとなく海外製の方が良いのかな?」って、思ってしまう人も多いですけどね。

 

オムロンの排卵検査薬のように、日本語の説明書がちゃんとついている方が、使い方を間違えないので、やっぱり安心な部分がありますね。