出産育児一時金の直接支払制度


ワンステップ・クリアブルー


出産育児一時金の直接支払制度

 

妊婦中はよく出産経験のある友達と遊ぶ機会が多くて、その時に出産育児一時金についてよく話を聞きました。

 

産婦人科でも書類をもらっていたのですが、読むだけでは理解ができなかったので、経験者から話を聞くのが一番わかりやすかったです。

 

その友達は、私よりもかなり先に産んでいたので出産育児一時金の直接支払制度がなかったようです。
しかも自分で請求するということも知らずに、退院する時に支払いが足りず困ってしまったと言っていました。

 

支払をしないと退院もできず、慌てて旦那さんがATMまで走ったらしいです(笑)

 

今は、直接支払制度があるので、医療機関が健保や国保に請求してくれるから足が出てしまった分だけを支払すれば大丈夫だよと教えてくれました。
そういう事だったんだ〜と納得できました。やっぱり、出産経験者の経験やアドバイスが一番参考になりますね。出産育児一時金って本当に助かる制度ですよね。
出産には保険も効かないし、高額だし、出産育児一時金がなかったら子供は産めないですよね・・・。

 

 

とっても助かる出産育児一時金

 

妊娠すると、何度も病院へ通うし、妊婦用品や赤ちゃんに必要なものを購入するためかなりの出費があります。
それに、妊娠は病気ではないということで検診や入院出産費用に保険が使えません。そこで、もらえるのが出産育児一時金になります。
出産育児一時金は42万円支給されるのでとっても助かりますよ。

 

子供を出産するためのトータル費用を考えると足りませんが、節約できない入院費用に使えるので安心して出産できますね。
もちろん産院によって、入院費用が異なるので、出産育児一時金でなるべく収めたいなら高価な病院ではなくリーズナブルで良心的な病院を選ぶ必要があります。
部屋が豪華だったり、料理が豪華、マタニティクラスが充実していたりと、快適な出産を送れるなら高価な病院がいいですけどね。

 

私は、信頼できる先生を選んだ結果、ほとんど出産育児一時金で賄え数万円のプラス料金で済みました。
友達は、ゴージャスな病院を選びプラス20万近くだったとか(汗)料理にフランス料理のフルコースが出てくるらしいですよ〜。お金のある人はうらやまし〜。