婦人科 排卵検査 タイミング


ワンステップ・クリアブルー


タイミング法なら婦人科の排卵検査

 

ちょっとした不妊治療や、妊活として有名な、タイミング法。これは、排卵日を予測することで、妊娠しやすい性交渉のタイミングを図り、そこで集中的に性交渉をすることで、妊娠成功率を上げる方法のことを指します。なんでも、実践することで、妊娠成功率を最高30パーセントくらいまで上げることができるのだとか。

 

しかし、排卵日を予測する手段にはいくつかありますが、どれでも良いという訳ではないみたいです。具体的には、基礎体温の推移を判断材料とするオギノ式、尿中の黄体ホルモン量から予測する排卵検査薬などが有名ですが、前者は検査記録を半年くらいつけないと正確な予測ができない、後者は経済的負担が重い割に予測結果が上手く出ないことも多いという風に、それぞれ難点を抱えているんです。

 

そこで、もっと良い方法があります。それは、婦人科で受けられる、排卵検査です。これだと、エコーによって卵胞の成長具合や、黄体ホルモンの分泌状況を検査することで、正確に排卵日を予測してもらえるみたいです。しかも、生理中から生理終了直後の期間の中で1回受けるだけで良い関係上、時間的余裕は十分持てます。

 

また、保険も適用されるため、1回につき1500円程度しかかからないとのことでした。これなら、病院に行く手間くらい安いものですね。

生理周期を安定させてからタイミング法の実践を!

 

排卵検査薬でタイミング法を試す人は、できれば生理周期を安定させてから挑戦することをおすすめします。
というのも、排卵検査薬は生理周期が乱れているとタイミングを合わせるのが困難だからです!
やはりタイミング法で自然に妊娠しやすいのは、生理周期が安定している人ですから、生理周期が乱れているというだけで、妊活をする上では、かなり不利な立場になってしまうのです!
気を付けないといけないポイントだと思います。
今は晩婚なので、結婚が遅くなってしまうと、自然と出産も遅くなってしまうので、出産のタイムリミットを気にせずにはいられません。
40代でも元気な赤ちゃんを産んだっていう人はいますが、それと同じくらい、40代からの妊活の方が、不妊治療でもなかなか明るい期待が持てなくなってくると言われています。
妊活をしても全く子供が出来ない人もいますし。
やっぱり妊活をして子供が出来た人は、すごく運が良いのだと思います。
夫婦によって、子供を望む度合いは違ってくると思いますが、やっぱり子供が出来なかった時の生活っていうのを、考えておく必要があるのかなって思います。
男性の中には、不妊治療で女性が苦しむ姿を見て、もう子供は要らないって思う人も出て来るようですからね。

 

夫婦揃ってブライダルチェックを!

 

排卵検査薬でタイミング法を始める前に、夫婦揃って不妊治療の専門病院で、一度体をチェックしてもらうのは大事なこと!
もしも体に問題があれば、まずはその問題を治療する方が先だからです!
排卵検査薬でのタイミング法は、『体に問題がない人を前提』にした妊活方法です。
無排卵や無精子症など、男女の体に子作りをしてもなかなか授かれない原因があるのであれば、排卵検査薬でタイミング法を実践しても、自然妊娠する可能性は低いです。
更には妊活を続けても、いつかは諦めないといけない時だって出てきます。
もともと子供は「出来たらいいな」くらいに思っていた人はまだ諦めがつくかもしれませんが。
やっぱり「絶対に欲しい」っていう人の場合は、妊活がこれ以上続けられないっていう状況になっても、なかなか子供への未練が捨てられないで悩んでいる人は多いと思います。
そうなってしまうと、残されたパトーナーもすごく辛い思いをしてしまうと思います。
やはり子供が出来なければ、夫婦二人で楽しく暮らしていくっていう考えを用意しておくのも大事なんじゃないのかなって思います。
いつまでも子供が出来なかったことを引きずて生きていくのは、やっぱりパートナーの人生にも悪影響になってしまうと思います。

 

生理周期が狂っている人はタイミング法でも苦戦が予想

 

生理周期が狂っている人は、排卵検査薬でタイミングをとるのも一苦労。
排卵検査薬でタイミング法を始める前に、まずは生理周期を改善しろってことなんだと思います。
人によっては、基礎体温をつけ始めて、初めて「もしかして私って、無排卵かも!?」と気づく人もいますからね。
やっぱり基礎体温がガタガタだったり、低温期が長くあんまり低温期と高温期の差がない人は、無排卵を疑ったほうが良いかもしれません。
でも、無排卵だと、排卵促進剤を飲んだりしないといけないので、病院に通うことが大事になってきます。
原因不明の不妊とかもありますが、無排卵の場合は排卵促進剤によって、沢山卵子が排卵されてしまうと、今度は多胎妊娠の可能性も出てくるので、それがちょっとネックですよね。
多胎妊娠で3つ子などを授かると、やっぱり3つ子のまま全員を生むケースは少ないっていいますからね。
多くの場合は、間引きをする事になると言われています。
子供が欲しくて妊活したのに、今度は妊活で多胎妊娠になったら、子供を間引くなんて、やっぱり心の葛藤もあります。
全員を生んで上げられたら良いですが、やっぱり経済的にも、責任を持てる人数しか生むことは難しくなってしまいますよね。

 

 

体外受精や顕微授精まで行く可能性がある人

 

生理周期が安定している人は、体外受精や顕微授精まで行かず、排卵検査薬を使ったタイミング法で十分に妊娠できる可能性があります。
生理周期が安定しているというのは、それだけ排卵状況も良好だと予想ができます。
高齢による卵子の老化という問題もありますが、生理周期が安定していない人よりも、全然妊活の条件は良いと思います!
やはり排卵検査薬のタイミング法で失敗するのは生理周期が乱れている人の方が多いですからね。
最近は川崎希さんとアレクさんが、体外受精で不妊治療をしているっていう話題が流れていましたよね。
川崎希さんもアレクさんも協力しているけど、やっぱり出来ない時は、簡単には出来ないですよね。
芸能人だから経済的にはすごく楽だと思いますが、やっぱりそれでも子供が出来るかどうかというのは、別問題ですからね。
不妊治療をしたら絶対に子供が出来るわけではないので。
中には採卵が出来なくなるまで諦めきれない人っていうのも多いと聞きます。
若い頃は子供なんて要らないと思っていたけど、いざ自分が自分の子供を生めないとなると、結構焦る気持ちが出てきてしまいます。
男性は一生子作りをすることが可能ですので、そういう点では、女性よりも焦りはないでしょうね。

 

 

1日に3回排卵検査薬

 

私は1日に3回排卵検査薬を使っているのですが、排卵検査薬を使う度に陽性、陰性、陽性と結果が変わることがあります。
最初の頃は、陽性、陰性、陽性とコロコロと結果が変わることに排卵検査薬が壊れているんじゃないかって思いました。
でも、陽性、陰性、陽性と結果が変わる時というのは、色々なケースが考えられるんですよね。
例えば、1回目と2回目の検査の間に水をガブガブと摂取して、尿中のLHホルモンの濃度が低くなってしまった可能性もあります。
また、本当は陰性なんだけど、体異質的にLHホルモンの分泌が多く、たまたま陽性反応が出てしまったケースも考えられます。
妊活していると失敗もあるから、なかなか精神面の落ち込みが怖いですね。
メンタルが弱い人だと、諦めてしまうことも多いと思います。
痛みも精神的な辛さもあるのに、失敗してしまうことがありますからね。
必ず子供が出来るっていう確信もないまま、みんな不安な気持ちで治療を続けています。
そういうのって、妊活のステップが先に進めば進むほど、すごく大きくなってくるんじゃないのかなって思います。
タイミング法だったら、体外受精などに比べて、そんなにまだ経済的にも大損しているわけではないですからね。

 

 

排卵検査薬でタイミングを合わせにくい人

 

排卵検査薬でタイミングを合わせにくい人っていうのは、ズバリ『月経不順の人』。
たかが生理、されど生理!
生理周期が安定している人の方が、妊活では断然有利なんですよ。
排卵検査薬によるタイミング法だって、生理がちゃんと安定している人の方が、子作りしやすいです。
生理周期が乱れている人は、いきなり排卵検査薬を使うのではなく、やはり生理周期をある程度安定させてから挑戦する方が、テスターを何本も無駄にしないで済むのでおすすめです。
学生時代は、生理なんて来なくても全然気にしていなかったけど。
今になってみると、やっぱり生理周期って大事だったんだな〜って思います。
規則正しい生活をしていないと、生理は狂ってしまいます。
小さい頃から乱れた生活をしている人は、やっぱりそれだけ生理周期が乱れたままになっているので、改善するのも相当大変です!
ストレスによっても生理周期は狂いますが、生活習慣によって狂っている場合が、一番厄介ですね。
ストレスならば、一時的なものですが、生活習慣となれば長年積み立ててきたものが影響しているので、変えることは容易ではありません。
だからこそ、生理周期が不順な人は、出来るだけ早い時点で生活習慣を見直せると良いんですけどね。

 

 

不妊治療をするのが難しい年齢

 

排卵検査薬が陽性→陰性→陽性と出ると、「どうなってるんだ?」と迷います。
排卵検査薬で陽性が出たと喜んでいたら、今度は陰性でがっかりして、また今度は陽性が出てくるとなると、もう何がなんだかわからなくなってしまいます。
そういう判定に困った時だけ、私は病院の卵胞検査を受けるようにしています。
やっぱり、卵胞検査だったら、詳しいことがわかるので、排卵検査薬で陽性→陰性→陽性みたいな変な結果が出てもやもやすることはありません。
でも、体外受精って、所詮はお金持ちの特権だな〜って思います。
だって、一般人では、体外受精を一回だけ受けることすらできない人がいます。
芸能人は体外受精を何回したって、お金があるわけです!
年齢的に不妊治療をするのが難しい年齢でも、経済的に余裕がある。
それが経済的に余裕がない一般の不妊治療者からしたら、結構イライラすることもあると思う。
先を越されることもプレッシャーだし、お金持ちから子供が出来ていくのか・・・と思うと、余計にやりきれないです。
やっぱりそういう意味では、芸能人の不妊治療って、見せびらかしに見えてしまう人もいると思います。
当然本人はそんなこと思っていないと思いますけどね。

タイミング法なら婦人科の排卵検査記事一覧

児童手当金の使い道独身の頃、なんで児童手当金なんてあるんだろうって思ってました。独身女性が一生懸命働いて納めている税金が...

出生届は誰が出すの?来月に出産を控えてい友達に、出生届はだれが出したの?と聞かれました。産後の手続きの事はほとんど覚えて...

妊娠検査薬で陰性と出ても気をつけるべき理由健康な男女の間で性交渉をすると、妊娠をする可能性があります。望んでいる状態であ...