妊娠検査薬で陰性


ワンステップ・クリアブルー


妊娠検査薬で陰性と出ても気をつけるべき理由

 

健康な男女の間で性交渉をすると、妊娠をする可能性があります。望んでいる状態であれば、とてもうれしいものですが、そうでないと産まない選択をすることになる場合もあります。学生だったり、仕事上でどうしても結婚や出産が出来ない場合では、本当に深刻な問題になるでしょう。
妊娠しているかもしれないという不安がある場合には、妊娠検査薬などでしっかりと検査をする必要があるものなのです。
通常、生理の予定日から1週間が経過してから検査することができます。しかし、生理がこなくて心配になり、すぐに検査してしまったりすると、陽性反応が出ないことも有ります。これは、検査薬の説明書などにも記載されているのですが、早期の検査では陰性として出てしまうこともあるので、検査のタイミングをしっかりと見計らうようにしたいものです。
しかしながら、妊娠検査薬というのは自分の力で行うことができ、値段も安価であり、とても気軽にできるものなので、とても頼りになります。陽性で出た場合では、すぐに医療機関にかかるようにします。陰性の場合では妊娠していない可能性が高いのですが、少し待っても生理が来ない場合ではもう一度検査をする必要があるのです。

 

妊娠検査薬、薄い表示でも油断できないワケ

 

生理がある女性であれば誰もが知るところとなっている妊娠検査薬、生理が遅れてしまった時などに、婦人科へ行かなくても自分で妊娠の有無を検査することができるので、試したことのある経験者もとても多いようです。女性の体はとてもデリケートなので、様々な要因で生理周期が狂ってしまうことも珍しくはなく、ホルモンバランスが崩れると、いろいろな体の不調を引き起こしてしまうこともあります。しかし、性交渉がある場合であれば、やはり生理が遅れると妊娠している可能性も捨てきれないので、早目に検査を行うことは大切です。市販されている妊娠検査薬は、スティック状になった検査薬に自分の尿をかけて判断しますが、陽性、つまり妊娠している場合は、判定窓にくっきりとラインが現れるようになっています。しかしこのラインの現れ方には個人差もあり、非常に薄い表示で、判定しにくいという場合もあるようです。しかしながら、この妊娠検査薬の精度はかなり高いといわれており、うっすらとでもラインが見て取れる場合は、ほぼ妊娠しているといっても良いようなので、はっきりと出ていないから大丈夫だと安心するのは早合点です。一度の検査で陰性でも、その後数日待っても生理が来ないような場合は、婦人科できちんと医師の診断を受けるべきです。