出生届は誰が出すの?


ワンステップ・クリアブルー


出生届は誰が出すの?

 

来月に出産を控えてい友達に、出生届はだれが出したの?と聞かれました。
産後の手続きの事はほとんど覚えていないので、たぶん主人だと思います。入院中は外出できないし、退院後もおしりが痛くて座ることもやっとだし、
授乳があって寝不足だし、毎日すっぴんだし。。。
そんな感じで友達に伝えたら、友達のご主人は海外出張中で出産後のすぐに戻ってこれない状態なんだとか・・・
そうなると、出生届を誰かに出してもらうか退院の帰り道に役所に寄ってもらうかになっちゃいますね。
ただ、両親のサインがあれば、代理人でも出生届を提出することが出来るので、おじいちゃんおばあちゃんに行ってもらうのも記念になっていいのかもしれませんね。
子供の初めての手続きなので、自分で行きたいなぁという気持ちもあるかもしれません。
でも産後はできれば外出したくないし、子育て以外の事は考えられないというのが現実なんですよね。友達もご両親にお願いすることにしたそうです。
一人目はいっぱいいっぱいだけど、二人目の時なら少しは余裕が出来ていけるかも?

 

出生届とは?

 

妊娠してからや産後には、提出書類や役所へ行くことが多いですよね。
産婦人科へ定期健診に通っている時にも、いろいろな書類にサインしたり、読むものもたくさんあったような記憶があります。
産後にもいつくかの提出書類や手続きがあり、まず一番最初にするのが出生届を出すことです。
出生届とは、自分が住む役所に産まれたことを届けることです。赤ちゃんの名前を決め、産院で出征証明書をもらい母子手帳をもって役所へ提出に行きます。
これで、赤ちゃんの戸籍がもらえます。出生届の提出は産後14日以内なので、何気に忙しいですよね。
これが済んだら、世帯主の保険への加入手続きや子供手当の手続きなどがあるそうです。
この辺の手続きは、ほとんどご主人が済ませる人が多いと思います。産後で疲れた体のママさんは、なかなか役所へ出向くことは出来ないですよね。
難しい書類提出はご主人にすべてお任せして、ママさんはとにかく体を休めて赤ちゃんのお世話に集中したほうがいいのかな。