menu

ママを応援 妊活や育児の知識

排卵検査薬、使えば女の子って分かるの

Pocket

男女産み分けをしたい場合は、排卵日がいつかを知る必要があります。
その為、排卵日検査薬を用いると、排卵日を知ることが出来すので有効です。

女の子が欲しい場合は、排卵日検査薬を使って見極めた排卵日の2日前にタイミングを取ることが必要です。
排卵日当日は、頸管粘液の量が多く、粘りけも多いです。

 

頸管粘液が分泌されることにより、膣内が酸性からアルカリ性に変化します。
精子はX精子とY精子があり、男の子だとY、女の子だとXになります。

X精子は酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強い性質があります。
女の子を産み分ける為には、X精子が強い酸性の時期に卵子と出会う必要があります。

 

アルカリ性になる時期ですと、Y精子の方が活発に動き出し、男の子が生まれる確率が高まります。
また、性行為をあっさりと終わらせる必要性があります。

女性が興奮すると、頸管粘液が分泌され、膣内がアルカリ性になってしまうからです。
性行為の前にピンクゼリーを膣内に挿入すると、膣内が酸性になるので、この方法を取ることも効果があるでしょう。

また、排卵日の2日前にタイミングを取った後は、しっかりと避妊をするか、性行為を控えることが大切です。

2日前にうまく受精していれば良いのですが、うまくいかなかった時に、排卵日当日に性行為を行ってしまうと、男の子が生まれる可能性が出て来てしまいます。

関連記事

2019年3月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ記事

登録されている記事はございません。