menu

ママを応援 妊活や育児の知識

妊活ヨガは妊娠中にもできる!

Pocket

太りすぎって、健康に良くない上、出産リスクも高くなるので、出来るだけダイエットした方が良いんですよね。

私も運動が嫌いだけど、これ以上太ったら、もう健康に悪いと思って、第二子の妊娠前に妊活ヨガを始めました。

私の場合、流れで第二子が出来れば良いなくらいで、子宝の効果は、そんなに期待をしていませんでした。

ただ、太り過ぎの防止と冷え性の改善を目的にやっていたら、自然と第二子も出来ていました。

産後に激太りして、おまけに冷え性の悪化で生理痛も激痛。

そんな状態に嫌気がさして、始めたのが妊活ヨガでした。

友達は結構前から、妊活ヨガをやっている子が多かったけど、ヨガってあんまり動かないので、それほど効果がなさそうに思えたんです。

でも、実際に妊活ヨガをやってみると、じわっと体内から汗が出るような感じで、デトックスには効果があるんじゃないのかなって思いました。

ハードな運動はないし、妊娠中でも続けられると思いますので、一回通ってみると、自分のペースで出来るからいいですね。

女性は運動が嫌いな人が多いので、妊活ヨガくらいの運動量がちょうどいいんじゃないのかなって思います。

屋内でできるから、天候による影響とかも受けないのが良いと思います。

性格を穏やかにしてくれる妊活ヨガの効果

普段忙しく過ごしている人にとって、何もせずボーッと過ごすというのは意外と難しいものです。
空き時間ができても、何をすればいいかわからないということも多いはず。

私は働いていた時、いつ休んでいるのか自分でもわからないほど忙しい毎日を送っていました。
でも妊娠のことを考えるようになり、仕事をしていると妊活ができないと感じて思い切って休職。

まとまった時間ができた時、どう過ごそうかと迷っていた時に出会ったのが妊活ヨガだったんですよね。
妊活ヨガは他の運動と違って、リラックスした状態で体を動かすことができます。

深く呼吸をして体の隅々の筋肉まで動かしていく、この時間がとても心地よくて。
激しい運動をしているわけではないのに、不思議と汗が吹き出してくるんです。

妊活ヨガをしてから生理痛も軽くなりましたし、夫からは性格が優しくなったとまで言われました。
仕事をしていた時はストレスまみれで、常にピリピリしていましたからね。

忙しく生活している人こそ、ぜひ妊活ヨガを実践してみてほしいです。

妊活ヨガは屋内でできるから良い

ウォーキングとかマラソンをやっている女性が多くなりましたが、運動嫌いな私にとっては、絶対に続かないと思います。

美活運動の一環として、やっている人は結構いますよね。

でも、私は面倒くさがりやなので、やっぱりウォーキングとかマラソンだと、雨の日とかは行かなくなってしまのが目に見えています。

そして、それをきっかけに、多分止めてしまうんだろうなって思いました。

やはり自分は、妊活ヨガのように、ゆるい運動の方が続きました。

最初は「妊活ヨガ?何それ?」って思いました。

でも、冷え性の改善になったり、ホルモンバランスを整えたりするから、ずっとやっていたら、ひどかった生理痛が良くなったのでびっくりです!

生理痛が酷い人っていうのは、冷え性で、子宮が冷えている人が多いからなんですって。

私はそれを知るまでは、ウォーキングとかやろうかなって思っていましたが、やっぱり面倒で・・・。

出不精の人には、屋外スポーツって向かないんですよね。

妊活ヨガなら、自宅でマイペースで出来るので、そういう意味でも楽でいいなって思いました。

わざわざ運動するのに、外に出ないといけないものは無理!

妊活ヨガみたいに屋内でも出来る運動の方が、運動嫌いな人には絶対に続きますね。

関連記事

2019年2月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。