menu

ママを応援 妊活や育児の知識

妊娠中に便秘しやすい理由

Pocket

妊娠中に便秘しやすい理由

妊娠中というのはどうして便秘しやすくなってしまうのでしょうか。
便秘にはこれまでずっと無縁だった!という人であっても妊娠をしたらとたんに便秘になってしまった、ということはあるでしょう。

妊婦さんが悩まされる症状としては貧血やつわり、さらに便秘も非常に多いのです。
そして宿便も溜まって便秘薬を処方される方も少なくありません。

この妊娠期における便秘の理由として考えられるのはホルモンバランスの乱れです。
妊娠中というのは女性ホルモンの一種である黄体ホルモンが大量に分泌されるようになります。

このホルモンの働きが影響して、腸を動かす時に使用する筋肉の収縮機能自体が低下してしまうようになります。
腸の動きが悪くなってしまうことで便秘を起こすようになるのです。

さらに子宮が大きくなることによって胃、腸を圧迫するようになりますので、それも便秘の原因となっているのです。
妊娠後期になると胃が圧迫されるようになって、食欲不振や強烈な吐き気に襲われることもあるのです。

腸が子宮に圧迫されると腸管がぎゅっと狭くなって便がスムーズに通らなくなってしまうこともあります。
そのような場合にはどうしても便秘を引き起こすようになるんですよ。

産後の便秘を改善したい

産後も便秘になりやすく、妊娠や出産というのは女性の身体に非常にたくさんの影響を与えてしまうものです。
便通も妊娠、出産において影響されやすいものの1つとされています。

妊娠中というのは大半の女性が便秘になってしまいます。
そのまま出産をしてからも便秘になってしまう、という方も少なくありません。
まず、自然分娩をした方の大半は出産をしてから痔に悩まされてしまうと思います。

出産の時に強烈ないきみをしたことで、肛門周辺に傷ができてしまっていることが原因となっています。
痔が痛くて便を出すことができずに便秘になる、というのは決して珍しいことではありません。

この産後の痔というのは、軟膏を使用したり、専用の座薬を使用することで治療することも可能です。
市販のものでもしっかりと効果を得られるものも多いですので、ただ我慢をするのではなくて使用してみる価値はあります。

痔が改善されれば、便秘も次第に改善されていくことが多いようです。
この便秘の原因として最も多いものは水分不足です。

水分不足によって便が固くなると、排便時に力を入れなければなりませんし、力を入れると痔で痛い。
そのような悪循環にならないように、しっかりと水分補給をして便を柔らかくするようにしましょう。

便秘を改善したい!

いつも便秘に悩んでいる人もいれば、便秘が起こりやすくなる時期、というものがある方もいます。
特に女性の場合には生理前において便秘になりやすい、ということが分かっているのです。

排卵後、もしくは生理前には肌荒れがひどくなる女性も多いのです。
これは便秘が関係している、とも言われているのです。

さらに便秘というのはホルモンが深く関係しています。
排卵後において分泌されている黄体ホルモンの働きによって腸の働きが悪くなってしまい、便秘を発症しやすくなるのです。

便秘になると老廃物が体内を巡るようになりますので、結果的に肌荒れを引き起こしてしまうようになるのです。
便秘になっていつも肌荒れを起こしてしまう…
そのような場合にはまずは便秘を改善する、ということが非常に重要になりますのでよく覚えておきましょう。

便秘を解消するためには、普段から食物繊維をたっぷりと摂取するようにして、同時に水分補給を欠かさないようにしなければなりません。
冷たい物を飲んだり食べたりすると内臓機能が低下してしまいますので、水分補給をする時にはできるだけ温かいものや常温のものを飲むようにしましょう。

そうすれば効率よく便秘解消をすることができますので試してみてください。

便秘薬は腸内環境を悪化させる?

便秘が続くと気分まで憂鬱になり、体の不調が起こります。誰もが一度は便秘で悩んだことがあるはずです。

それ程便秘は身近な悩みであり、男女問わず悩みを抱える方が非常に多いのが現状です。

さて、便秘の手軽な解消方法として一般的に多いのが、便秘薬の服用です。

一番手軽であり、手っ取り早く便秘を解消できること、またドラックストアなどで入手か簡単なこともあり気軽に服薬してしまいます。

最近では便秘薬特有の腹痛感も抑えられた商品も販売されている為、利便性も良くなり依存症の方も増加しているのです。

しかし、あまりにも薬に頼る期間が長期化してしまうと服薬しないと排便出来ないようになってしまった方も多くいらっしゃいます。

これは、長い服薬期間で腸内環境を悪化させ、薬で無理矢理排便をするので腸を傷つけてしまうというのが原因です。

また、服薬を続けるうちに体が薬に慣れてしまい通常の服薬量では効かなくなってしまい、薬を増量してしまうという悪循環に陥る事実もあるのです。

やはり薬に頼りすぎるのはよくありません。腸内環境を整えるには食事の改善と運動を取り入れることが一番ベストを言われております。

一般的に食事には食物繊維を多く含む食材やビフィズス菌などを含むヨーグルトを摂取すること、また腹筋やウォーキングなどの毎日負担にならない運動を生活の中に取り入れてみましょう。

便秘薬はどうしてもの時のお助け的存在として考えておきましょう。

関連記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ記事

登録されている記事はございません。