高齢出産がハイリスクと言われる理由


ワンステップ・クリアブルー


高齢出産がハイリスクと言われる理由

 

一般的に「高齢出産はリスクが高い」と言われていますよね。
高齢出産ついてなんとなく知ってはいても、そのリスクの理由は何にあるのか、どういったリスクが伴うのかについては実はよく知らない...という方も多いのではないかと思います。

 

 

高齢になると何故出産のリスクが高くなってしまうのか?
その大きな理由には、年齢を重ねた分だけ産道固くなる傾向があるという、女性の身体の内部に関することが挙げられています。
もちろんこの理由が全てという訳ではありませんし、産道が硬くなってしまう傾向についても個人差は生じますが、医学的には35際以上かつ初産である場合にこのリスクが高まると考えられています。

 

 

また、産まれた時から一人の女性が所有している卵細胞の数は増えることはないため、年齢が上がるにつれて妊娠の確率が下がってしまうということは、ある意味自然現象のようなものでもあります。
精子も卵子も人体と共に老化の影響を受けるものですが、卵子は精子のように新しく作り出すことができませんので、男性よりも女性が新しい生命つくりのために抱えるリスクは自然と大きくなってしまうのです。

 

 

新しい命を生み出す以上、新鮮で若々しい細胞が求められるのは自然の摂理ということなのでしょうか...。
男性とは違い女性にはタイムリミットがあると言われるのも、こうした生命の神秘のような理由が隠されている訳ですね。

 

 

更に、高齢出産で高まるリスクには流産も挙げられています。
この理由としては受精卵の染色体異常が起きやすいことが考えられています。
染色体に異常があった場合、受精から着床とスムーズには進めないことが多くなるようです。
また、たとえ運よく着床し育ったとしても、ダウン症といった染色体異常が原因で起こる症状を抱えるリスクが高まることは避けられないという現実があります。