ワンステップ・クリアブルー


葉酸サプリメントを飲み過ぎたら?

 

厚生労働省で推奨される1日の葉酸摂取量は400μgであることから、多くの葉酸サプリメントがこの400μgを達成できる量の葉酸を含有してます。
ところが、葉酸は何もサプリメントからだけではなく、普段口にする野菜などからでも補うことができる栄養素です。
つまりは、葉酸サプリメントを摂取している人が食事からも多くの葉酸を摂取した場合、過剰摂取する恐れがあるのでは?という懸念が出てきます。

 

結論から言ってしまえば、普通に葉酸サプリメントを使用出来ているのであれば、過剰摂取も気にする必要はありません。

 

葉酸サプリメント自体は幾ら飲んでも問題ないという訳ではなく、1日に1r(1000μg)以上は過剰摂取というボーダーラインがありますが、葉酸は水溶性ビタミンで体内からも流れ出やすいビタミンですので、気が付きと枯渇していたということがあっても、蓄積して毒性をもつようになっていた...といったような心配はないと言えるでしょう。
とは言え、ボーダーラインを超える程の葉酸摂取には当然ながら注意が必要です。

 

過剰摂取と言われている1rに達するには、1日の目安量の2倍プラス普通の食事を摂ってやっと達成できる量の葉酸ですので、まず心配はないでしょうが、朝飲んだ葉酸サプリメントを忘れて夜にも飲むといった習慣が繰り返されるようなことだけは避けるようにしましょう。
因みに、葉酸を過剰摂取することによって生じるいわゆる副作用的なものは、食欲不振やむくみ、吐き気、もしくはアレルギー反応といったもののようです。

 

考えてみれば、アレルギー以外いずれも妊娠中ならいつ起きてもおかしくない、つわりのような症状となります。
だったらサプリメントを飲み過ぎても異常には気付けないってこと!?と思えれるかもしれませんが、いずれにせよ葉酸サプリメントを1日に何度も摂取するといったようなことでも限り、過剰摂取を気にする必要はありません。

 

また、1日1r以上の葉酸を摂取すると、生まれてくる赤ちゃんが喘息を患うリスクが向上するということも知られています。
サプリメントは普通に飲んでいれば1日400μgという適正量を摂取できるように作られていますので、赤ちゃんのことを考えるあまり過剰摂取に不安を感じてしまうのもよくわかりますが、あまり神経質にならず、用法用量を守ってサプリメントを上手に活用してみては如何でしょうか。

 

葉酸サプリメントを摂る

 

妊娠を望む女性のためになるアイテムには、排卵検査薬と基礎体温計以外にも、葉酸サプリメントがあります。
葉酸サプリメントは母体となるあなた自身はもちろん、産まれてくる赤ちゃんのためにもなる重要なアイテムです。

 

葉酸とは、赤ちゃんの健全な成長には特に欠かせない成分に指定されている、ビタミンBの一種です。
胎児の神経管閉鎖障害という重い障害を予防する上でも効果的な栄養素として、妊婦さんには積極的な摂取が勧められています。

 

葉酸の接種は、理想を言えば妊娠のひと月以上前から接種すると良いとされているのですが、妊娠してからその存在を知るケースも多く、実際には妊娠前から積極的に接種することが難しかったりもします。
この事実を知ったあなたがまだ妊娠前ということであれば、是非今からでも葉酸を補うサプリメント習慣をつけていくことをお勧めします。