排卵検査薬


ワンステップ・クリアブルー


最近では種類も増え、選択肢の増えてきている排卵検査薬。どの排卵検査薬を購入すればいいのか、選択のポイントを掴めずにいる方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも排卵検査薬とは、排卵前に上昇する黄体刺激ホルモン(LHホルモン)を察知することで、排卵のタイミングを確認するための製品です。

排卵に先駆けて上昇するホルモン量を察知することで、排卵のタイミングを手軽に予測できますので、今や妊娠を望む方にとっては必需品とも言える製品となっています。

ここでは人気ある排卵検査薬5点について比較していきます。

 

特徴や価格などをシンプルに表示していきますので、是非選択の際の参考にされてみてください。

 

※価格は希望小売価格(税抜)や製品の最少単位価格(セット価格)を表示しています。
※基本的に国産の排卵検査薬はネット通販不可ですが、海外で販売されている日本産製品を逆輸入するという形であればネット上での購入が可能です。

クリアブルーイージーデジタル


【値段】9,580円(20本入り)
【1本当たり】479円
【陽性反応】2日前

 

クリアブルーイージーデジタルの詳細

 

特徴

デジタルで分かりやすい上に、排卵予定日の2日前に陽性反応を表示してくれるので、ベストなタイミングをはかりやすい製品です。
陽性だからと言って焦る必要もないため、確実にゆったりと計画を立てることができる利点があります。

備考

海外製品ですので、ネット通販限定での購入となります。
高品質な分コストは少し高めかとは思いますが、他の検査薬よりも適切なタイミングを取りやすく効率よく使えることを考えると、価格とのバランスは十分に取れている排卵検査薬と言えるでしょう。

 

ワンステップ排卵検査薬


【値段】4,300円(50本入り)
【1本当たり】86円
【陽性反応】2日前

 

ワンステップ排卵検査薬の詳細

 

特徴

一本当たり86円といった抜群のコストパフォーマンスが何より魅力と言える製品です。
感度も高く、比較的早い段階で排卵予定日を確認することができます。

 

備考

クリアブルーイージーデジタル同様、ネット通販限定での購入となります。
一回あたり79円になる100回分セットも提供されていますので、本格的に排卵周期を掴みたいとお考えの方等にはそちらの方がよりお買い得になるでしょう。

 

チェックワンLH-U(国産排卵検査薬)

【値段】2,800円(5本入り)
【1本当たり】560円
【陽性反応】1日から1日半前

 

特徴

判定窓も見やすく3分で判定が完了する、非常にポピュラーな排卵検査薬です。
感度は40IU/Lと低めですが、感度の高い検査薬ではデメリットを感じる方にとっては使いやすい製品となります。

 

備考

感度が高い排卵検査薬の場合、早い段階で陽性反応が出てしまい、タイミングがはかりにくくなるといったケースも生じてきます。
そうした方々にとっては、感度が低めでピンポイントに確認できる当製品のようなタイプが使い勝手のいい排卵検査薬となるでしょう。

 

チェックワンLHデジタル(国産排卵検査薬)

【値段】3,500円(5本入り)
【一本当たり】700円
【陽性反応】1日から1日半前

 

特徴

陰性ならば○、陽性ならばニコちゃんマークといったように、結果をデジタルで分かりやすく表示します。
感度が40IU/Lと低めですので、ホルモン量が多めな方の場合にはより正確な結果を表示する製品となります。

備考

チェックワンLH-U同様、感度が高い排卵検査薬では使い辛さを感じる方にお勧めできる排卵検査薬です。
陽性反応が出るのが排卵予定日の1日前から1日半前であるため、陽性反応が出てからタイミングを取るまでのチャンスが少ない面が欠点とも言えるでしょう。

 

ドゥーテスト(国産排卵検査薬)

【値段】2,916円(7本入り)
【一本当たり】417円
【陽性反応】1日から1日半前

 

特徴

検査時に尿をかける時間が2秒と短いのが特徴的な製品です。
30IU/Lという高すぎず低すぎない感度は、多くの人の体に合いやすいよう設定されています。

 

備考

使いやすい上にコストも低めですので、初めて排卵検査薬を使う人が選択に迷った時にはこれを選ぶと良いかもしれません。
2012年にデザインがリニューアルされており、判定窓に基準線が設けられ、尿量確認ラインもつくという使いやすさの進化を遂げています。

 

2種類の排卵検査薬で検査をした結果

 

 

 

排卵検査薬をうまく使えない…。そんな人のためにワンステップ排卵検査薬はバージョンアップしました

排卵検査薬がうまく使えない、なんだか使っているだけになってしまっているという方に知ってほしい製品があります。

 

ワンステップ排卵検査薬クリアというアメリカ製の排卵検査薬ですが、このほどバージョンアップして、従来のものより増して妊活アイテムとして活用しやすいものとなりました。

 

今使っている排卵検査薬はなんだか使いにくい、あまり使ってる意味ないかも…と思ってきている方。

 

検査は慣れて来たけどいまいち要領よくタイミングを掴めていないという方。

 

端的に言えば結果が出ないという方。

 

もしかしたら今お使いの排卵検査薬ではタイミングを取るのに十分な働きをしていないのかもしれないのかもしれません。

 

 

 

ワンステップ排卵検査薬クリアはどんな風にバージョンアップしたの?

ここでご紹介するワンステップ排卵検査薬クリアも、従来品(ワンステップ排卵検査薬)では少々使いにくいところがありました。

 

使いにくいというのは、妊娠に繋げることができるかどうか?という基準で考えたときに親切な製品かどうかということです。

 

バージョンアップした製品はワンステップ排卵検査薬よりも感度を上げ、あいまいさのない判定ができるように改良されました。

 

それによりどんな風に活用しやすくなったかをご説明しようと思います。

 

陰性か陽性が判断しやすくなった!

ワンステップ排卵検査薬クリアはよく見て判断をする必要がありません

 

従来のワンステップ排卵検査薬は、他の製品と同じように、陽性か陰性かの判断がしにくいことがありました。

 

というのも、判定の方法が基準線となるコントロールラインと、検査を行い陽性だった場合に現れるテストラインの色を見比べるものだったからです。

 

コントロールラインと比べて、テストラインの色の濃さが同じか濃い場合に限り陽性と判断できましたが、明らかに濃いという訳ではないとき、これは果たして本当に陽性だろうかと迷うことが多かったのです。

 

これはイライラしますね。

 

ワンステップ排卵検査薬クリアでは、薄くともテストラインが表れれば陽性と判断するので、このイライラはありません。

 

色が薄くてもラインが見えれば陽性。
ワンステップ排卵検査薬クリア

 

アナログの検査薬でありながら、判断のしやすさはデジタル製品と同じ。一目で分かる仕様になりました。

 

>>ワンステップ排卵検査薬の購入はこちら

 

感度が上がって陽性反応を見逃しにくくなった。

 

ワンステップ排卵検査薬クリアは排卵期の始まりから教えてくれます。

 

多くの製品は、排卵の直前に起る黄体形成ホルモン量のピークであるLHサージに反応するようにできています。

 

LHサージを確認することができれば間もなく排卵だと分かるから、排卵検査薬は妊活アイテムとなるのですよね。

 

ただ、検査薬の感度によりますが、LHサージの時間は短いので、陽性反応が出る時間もそれほど長いものではありません。

 

中にはついうっかりいつもの時間に検査し忘れてLHサージを見逃してしまったという方や、LHサージを迎えていてもホルモンの分泌量が少なく、気を抜くと陽性を示す期間が終わってしまった…という方もいるようです。

 

LHサージを確認するための、LHサージに合わせた感度の排卵検査薬だと、人によってはあまり使い勝手が良くないと感じるかもしれません。

 

そういう方は現在使っているものよりも感度の高い排卵検査薬の方が適していると思いますが、中でも特に感度の高いワンステップ排卵検査薬クリアなら早くから陽性反応を確認できるので、いつの間にか排卵期が終わっていた、なんてことが起こりにくいのです。

 

また、感度は高まりましたが排卵を終えたあとの黄体形成ホルモンには反応しないように作られているので、妊娠のチャンスが高い排卵期を察知する能力が高まったというところもバージョンアップした点です。

 

>>通販で人気の排卵検査薬に排卵検査薬はワンステップ排卵検査薬クリアです。

 

ワンステップ排卵検査薬のバージョンアップが示すことはなんだろう

ワンステップ排卵検査薬クリアの改良にはどんな意味があるか。

 

それは、「LHサージを確認する意味はあまりない」ということを表しています。

 

私たちは今まで

 

「排卵日を確認しなくてはならない=だからLHサージを確認しなければならない」

 

という公式で排卵検査薬を見ていました。

 

だからこそ、LHサージがはっきりと確認できない排卵検査薬は使いにくかった。

 

LHサージが確認できない排卵検査薬とは、例えば感度が鈍くてなかなか陽性を見せてくれない排卵検査薬だったり、テストラインは出るものの微妙に薄くてはっきり陽性と判断しにくかったりするもの。

 

ではどうして「排卵日を確認しなければならない」と思うのでしょうか。

 

それはもちろん、排卵日以外には妊娠しないからですよね。

 

もっと正確に言えば排卵直後にしか受精のチャンスがないからです。多くが排卵日を調べれば排卵日を目がけてセックスしていたと思います。

 

しかし本当は、「排卵日にしかセックスしちゃいけない」というわけではありません。もちろんこれは「妊娠するためのセックス」のこと。

 

実は、排卵日の一日前どころか二日前や三日前だって、セックスすれば妊娠するチャンスのある日なのです。それどころか、排卵日の二日前は妊娠する確率が他の日に比べて高いと言われています。

 

それならば、わざわざ排卵日の一日から一日半前であるLHサージを健気に待ち、排卵日を待ち構えてセックスをする必要はありませんよね。

 

そういう意味で、LHサージを測定する意味はあまりないのです。

 

海外製の排卵検査薬は比較的感度の高いものが多くなっています。

 

LHサージを確認する必要はなくても、排卵日の特定はしたい

LHサージを測定し、確認する意味はあまりありませんが、排卵日は特定したいものです。

 

やはり受精のチャンスは排卵後数時間の間なのですから。

 

ワンステップ排卵検査薬クリア

 

ワンステップ排卵検査薬クリア

 

ではどうやってワンステップ排卵検査薬クリアで排卵日を特定するのか。

 

この製品は黄体形成ホルモンが上昇しはじめる頃に陽性を示すので、その時点ではあと何日で排卵かは分かりません。

 

もちろん、陽性反応がだんだんと濃くなるのを見ていれば、今がLHサージのピークかな?ということは予測できます。

 

感度の高い検査薬ですので、確実に排卵の直前なのかどうかは分かりませんが、色の濃い陽性反応を見た時点で排卵の直前だと判断して、排卵日が間もなくだと予測することは可能です。

 

いずれにせよ排卵まであと数日、ということは分かりますから、反応が濃くなり始める頃からできるだけタイミングを取ると良いでしょう。

 

ただそれより確実なのは、何周期かに渡ってワンステップ排卵検査薬クリアを小まめに使って、排卵期のリズムを記録することです。

 

ワンステップ排卵検査薬クリアは排卵後には陽性にならないようにできているので、小まめに検査を繰り返せば排卵が終わったタイミングを知ることができます。

 

つまり、黄体形成ホルモンが上昇し始めた頃と、排卵が終わった頃を確認することができる。

 

排卵に向けて黄体形成ホルモンが増え始めるのはいつ頃なのか、陽性反応がもっとも濃くなるまでに何日くらいかかるのか、そして陽性反応が起こらなくなるまでの日数はどれくらいなのか。

 

その日数を記録することでご自分のホルモンの出方の兆候が掴めるようになってきて、最初に陽性反応が出てから何日くらいで排卵日になるのかが分かるようになります。

 

>>ワンステップ排卵検査薬の購入はこちら

 

ゆとりをつくる排卵検査薬

黄体形成ホルモンの上昇し始めと、排卵を終えるまでの日数が分かれば、例えば自分の排卵期はおおよそ6日間(最初に陽性反応が出てからおよそ6日後に排卵)だということが分かるようになります。

 

それが分かるようになれば、はじめに陽性反応が表れてからおよそ3日目か4日目くらいからタイミングを取るようにすれば良いと判断できるので、それをパートナーに伝えることができます。

 

つまり、ワンステップ排卵検査薬クリアは従来よりかなり余裕を持って妊活に臨めるようになったのです。

 

これができるようで、もう一歩惜しいというのが、従来のワンステップ排卵検査薬クリアでした。

 

感度を高め、線が表れればはっきり陽性と判断、そして排卵後には黄体形成ホルモンに反応しないようにする。

 

このような変更により、妊活アイテムとしての能力を高める工夫をしたのが、バージョンアップしたワンステップ排卵検査薬クリアなのです。

 

また、ワンステップ排卵検査薬クリアはアメリカで生産されている点も信頼ができます。