妊娠の準備 排卵検査薬


ワンステップ・クリアブルー


妊娠の準備

 

備えあれば憂いなしということわざがあるように、妊娠にも準備が必要です。

 

妊娠に出産という一大イベントを目前にした時、いかに準備が必要あるかは多くの女性が思い知らされることでしょう。

 

妊娠はしたい時にいつでも誰でもできるというものではありません。

 

セックスをしていれば自然にできるもの...という考え方は決して間違いではありませんが、必ずしも自然に任せて妊娠できるとは限らないのです。

 

世間には結婚をして今ならいつ子供ができてもいいという段階になって、思うようには子供ができないという悩みを抱える方が大勢存在します。

 

妊娠できない理由としては、妊娠しにくい身体である可能性も否定することはできないでしょう。

 

ですが、その原因が不妊症といった身体の悩み以外のことが影響しているケースも非常に多く存在するものです。

 

いずれにしても妊娠への準備ができていれば、いざという時になって妊娠に対する悩みや不安を大きく抱えるような心配を低減できます。

 

例え妊娠できない理由が不妊症にあったとしても、それを知っていたのと知っていなかったのとでは、いざという時の心身の状態も大きく異なるものでしょう。

 

どの時期が理想的なのかタイミングがいつ来るのかを知っておくことは、妊娠への近道とも十分になり得ます。

 

将来的に妊娠することを望んでいるのであれば今すぐに妊娠したい訳ではなくても、妊娠のための準備を今から進めておいても決して無駄ではありません。

 

妊娠をしたい!と頭と心が思うようになった時のためにも、今からでも始められる準備を整えておくようにしましょう。

 

 

排卵検査薬を役立てる

 

排卵検査薬を用いれば、順調に排卵しているかどうかを自ら知ることができます。

 

加えて排卵周期が分かり、子供を授かるのに適切な性交渉のタイミングが把握することができます。

 

ご自身の排卵期について、特に検査薬などは使わなくても推測できるという方も少なからずいるものでしょう。

 

生理日が安定している方であれば尚更計算はしやすく、排卵に伴って身体に変化が出るようであれば更にそれは確信に近づくはずです。

 

ですが、自分の排卵期を把握しているという自覚があるからこそ、子供が出来ないことに不安を覚えてしまうという現実もあります。

 

排卵は間違いなくしているはずなのに、そのタイミングでセックスをしてもどうして妊娠に繋がらないのだろうと不安を感じている人も存在するでしょう。

 

そもそもですが、本来妊娠の確率はそれほど高いとは言えないものです。

 

失敗してしまう確率の方が高く、だからこそ妊娠や出産は奇跡的な出来事と言われたりもしています。

 

つまり、少しの勘違いや体と認識のズレや思い込みで妊娠を逃している可能性も十分にあるのです。

 

理由が勘違いや思い込みにあることに気づかず、何故妊娠ができないのか、もしかしたら不妊症ではないのかと人に打ち明けにくい悩みを抱えてしまうのは精神的にも肉体的にも良いとは言えません。

 

だからこそほんの一時期だけでも構いませんので、排卵検査薬を用いてご自身の排卵の様子をしっかりと見極めておくことが、妊娠の準備としては欠かせないことになります。

 

また逆に今は子供が欲しくないと思っている方にとっても、排卵検査薬は重要な役割を果たしてくれます。

 

この場合は日頃から避妊具を用いることも大切ですが、排卵検査薬を用いて危険日と考えらえられる日にはセックスをしないようにすることで、更に避妊の確率を上げていくことができます。

 

また排卵検査薬を用いていれば、女性だけでなく男性の不妊症の可能性を疑う材料にもなるでしょう。

 

いずれにしても排卵検査薬は使用していても無駄のない将来のための便利アイテムとなってくれます。

 

排卵検査薬は日本の薬局でも購入できますが、日本で販売しているものに関しては薬事法との関わりもあり気軽には手が伸ばせない面があります。

 

ですが現在では、対面の煩わしさもないネット通販でも排卵検査薬を購入できるようになっていますので、薬局に行くのはちょっと...と思う方は是非通販を利用してみてください。

 

通販であれば価格も安く、費用面での負担も低減させることができます。

 

また通販であればバリエーションも豊富ですので、ご自身に合ったタイプをじっくりと比較しながら選択することもできるでしょう。

 

 

基礎体温計の使用

 

排卵検査薬は基礎体温計と併せて使用することで、しっかりと排卵できているかどうかをより正確に把握することができます。

 

女性の体は排卵期を境に低温期と高温期に分かれますが、基礎体温計を用いるとそのタイミングを知ることができます。

 

排卵がしっかり行われているとグラフが綺麗に二相になるのです。

 

生理後2週間程度で高温期に入るのが確認出来れば、基本的には排卵は行われたと考えても問題ありません。

 

ただし排卵期を機に高温期へと移行するので、排卵のタイミングをあらかじめ知る上では基礎体温計は不利な一面があります。

 

高温期に入った段階で排卵は行われたということになりますので、この時点で受精をしてもタイミングを逃している場合が多いと言えるでしょう。

 

しかし排卵検査薬があれば、基礎体温計の欠点を補えるのでタイミングを逃す可能性も低減させることができます。

 

また、基礎体温計は婦人系の病気を特定するのにも役立つアイテムになります。

 

例えば日ごろから生理不順などの心配があってもしかしたら何か婦人病を患っているのではないか?という不安がある場合には、基礎体温計のデータが病気の特定に繋がるケースがあります。

 

治療方針を決める上での手がかりになることもありますので、そういった意味では基礎体温計は非常に重要なアイテムになります。

 

更に女性の中には生理前には太って、生理が終わる頃からまた痩せ始めるといったパターンを繰り返している方も存在します。

 

これは女性ホルモンの変化に伴うものなのですが、このリズムを上手に把握し体型維持をする上でも基礎体温計は役立ちます。

 

いずれにしても、女性が持っていて損のないアイテムと言えるのが基礎体温計です。

 

現在の基礎体温計はデータの管理も簡単だったり、生理予測や排卵期予測機能も充実していたり、測定時間も短く済むなど使い勝手の良い製品が増えてきていますので、排卵検査薬と合わせて一度チェックしてみることをお勧めします。

 

 

妊娠した時

 

無事に妊娠できたなら、次は出産の準備をすることになります。

 

妊娠するにあたっても何かと不安はつきものでしょうが、出産に向けてとなれば尚更に不安は高まるものです。

 

多くの方の場合、自分の母親や先輩のママ友達などから得た知識を参考に少しずつ出産の準備を進め、出産に向けての覚悟も決めていくことだと思います。

 

近くにいる経験者がいることほど心強いことはないでしょう。

 

そんな方々にその心強さをよりサポートするアイテムとしてご紹介したいのが葉酸サプリメントです。

 

妊娠した段階で医師にかかるようになれば、葉酸という栄養素については耳にするようになるかと思います。

 

葉酸は赤ちゃんの健全な成長には特に欠かせない成分で、ビタミンBの一種です。

 

胎児の神経管閉鎖障害という重い障害を予防するのに効果的なことから、妊婦さんには積極的に摂取するよう医師も勧めています。

 

また出来れば、妊娠の1ヶ月以上前から葉酸を摂取するのが理想的と言われています。

 

 

ですので、妊娠を希望していて妊娠をする前からこの情報を得ることができた方には、是非今からでも葉酸サプリメントの摂取を考えてみてもらえたらと思います

 

 

アイテムの選び方

 

ここまで、妊娠を希望する方に利用してもらいたいアイテムとして、排卵検査薬、基礎体温計、葉酸サプリメントの3アイテムをご紹介してきました。

 

ですが、いざこの3アイテムを選ぶにあたって、どれを選択していいのかわからないという方も多いかと思います。

 

ここではそんな方々のために、簡単ではありますが3アイテムを選ぶコツについてご紹介してみたいと思います。

 

まず基礎体温計についてですが、使ったことのない方からするとあまり良いイメージのない製品かもしれません。

 

測定が面倒くさそうとか高そうとか、そういったイメージが強く残っている方もいることでしょう。

 

しかし最近の基礎体温計はどれも測定者の負担にならないような工夫がされるようになっています。

 

デザインも悪くないと思えるようなものが多くなり、その価格も1万円しないようなものがほとんどです。

 

そういった意味では基礎体温計はどれを選んでも間違いないと言いますか、続けることが大事なアイテムとなりますので、見た目で気に入ったものや人気のあるものを選んでおけば特に問題はないかと思います。

 

次に葉酸サプリメントですが、こちらは是非天然成分のみで作られたオーガニックなものを選択してもらいたいと思います。

 

これに値するものとなるとドクターズチョイス社の天然葉酸が品質も高く非常にお勧めの商品です。

 

最後に排卵検査薬ですが、こちらは選ぶ基準を定めるのが難しい面があるかもしれません。

 

日本製のものと海外製のもの、お値段の安いものと高いものとその相場など、決め手にかける部分があるでしょう。

 

ですので排卵検査薬の選択に困った時は、まず安いもので十分だという考え方をしてみてください。

 

排卵検査薬は排卵前に上昇する黄体ホルモンの量に反応して結果を出す試験紙ですので、値段の差で精度が変わることはありません。

 

ただ、設定している感度に差が生じることはあります。

 

例えば業界最安値と言われるワンステップ排卵検査薬は感度が高めの検査薬で、黄体ホルモンの上昇はあまり大きくなくても陽性の反応になるよう作られています。

 

仮に黄体ホルモンの量がもともと多目という方の場合ですと、陽性反応が出る期間が長くなるため使いにくいと感じる可能性はあります。

 

こういった方の場合はもう少し感度の低いものを選んでみたり、デジタル式の排卵検査薬を選択するという工夫も必要になってくるでしょう。

 

ですが、とりあえずは排卵が正常に行われているかを確かめてみたい、自分の身体の変化を把握してみたいといった方には、ワンステップ排卵検査薬でも十分過ぎるほどの活用ができます。

 

感度の高さと価格の安さで選ぶならワンステップ排卵検査薬をチェックしてみることをお勧めします。

 

 

妊娠の準備に排卵検査薬を役立てる記事一覧

私が行った妊娠線予防は保湿とマッサージ私は2人子どもを生んでいますが、妊娠線はまったくありません!よくママ友からも羨まし...

妊娠6ヶ月目から目立ち始めたお腹と妊娠線私は今まで、妊婦さんのお腹をまじまじと見たことがありませんでした。服の上から大き...

芸能人はなぜ妊娠線ができないのでしょう最近モデルさんの出産ニュースをよく見かけます。出産が終わったと思ったら、すぐ芸能界...