妊娠 排卵検査薬 活用


ワンステップ・クリアブルー


リスクは年齢で決め付けられない

 

年々子供を産む女性の平均年齢は上がってきていると言われていますが、そもそも高齢出産とは一体何歳からを指すものなのでしょうか。

 

一般的に35際以上で初産の場合に高齢出産と呼ばれるようですが、では34歳であればギリギリセーフ、30歳であればまだ余裕がある...といったことに果たしてなるものでしょうか。

 

きっと高齢出産となる年齢は人ぞれぞれ違っていて、簡単に何歳からと断定できるものではないもののように思えます。

 

 

女性が保有する卵細胞の数には限りがあり、元々持っているもの以上にその数が増えるようなことはないという現実があります。

 

だからこそ女性には男性にはないタイムリミットがあると言われ、そのリスクは確かに年齢を重ねれば重ねる程に上がる傾向にあります。

 

ですが、人の年齢というものは、単に実年齢だけで全てを決め付けることはできません。

 

同じ30歳であっても年齢相応に見える方もいれば、うんと若くまたは年配に見られる方もいます。

 

もちろんその見方自体にも個人差は生じるものですが、それだけ年齢というのものにはあてにできない一面があるのです。

 

また、見た目だけでなく体力や経験など、同じ年齢であっても個性にも違いは現れるもの。

 

それなのに、出産に関してだけは一律に『35歳以上初産はハイリスク』と決め付けられるのは、どうにもおかしなことではないでしょうか。

 

 

確かに出産に関することは、気持ちだけでどうにかなるものでもありません。

 

人より体力には自信があっても人より若く見られていたとしても、限りある卵細胞を増やすことはできませんし、年齢が高くなれば出産のリスクも高くなるという現実には変わりありません。

 

ただ出産は、単に若ければそれでいいのかと言えば、そんなことも全くないもの。

 

子供を育てていく上で若い方には若い方なりのリスクがありますし、人よりも年齢が上だからこそ得られるメリットだって幾つも存在するものです。

 

高齢出産と耳にするとリスクばかりが付きまとうかのように思えてきますが、子供を産み、育てるということ自体は、本来年齢に左右されるようなものではないはずなのです。

 

 

年齢を気にするばかりに自信をなくし、自らコンディションを落としてしまうようになっては元も子もないこと。

 

年齢を気にする暇があるのなら、自分自身の体を見つめ直すことに力を注ぐようにしてみる。

 

ここではそんな力を注ぐためのヒントについて、幾つかご紹介していきたいと思います。

 

 

自分を肯定することから始める

 

あなたが一般的に高齢出産と呼ばれる年齢になり、もし妊娠しにくい状況に悩むことがあったとしても、決して今までの自分や過去を悔やんだり責めるようなことはしないでもらえたらと思います。

 

あなたがその年齢まで妊娠を考えることがなかったのは、あなた自身の人生の選択が間違っていたからではありません。

 

単にそのタイミングが訪れなかった、ただそれだけのことです。

 

 

思うようには妊娠できない状況になれば、誰だって不安を抱えます。

 

そんな時、もう少し若ければ...若い内に妊娠していれば...と、今考えてもどうしようもないことに悩んでしまうこともきっとあるでしょう。

 

ですが、そんな過去に悩んでいたところで、今の自分を変えられることはありません。

 

たとえ悔しくても、今は前に進むしかない!と、自分の気持ちを切り替えていかなければ、妊娠への道のりも遠のいていくばかりです。

 

 

また時には、妊娠できないのはパートナーのせいと感じられることもあるでしょう。

 

事実セックスレスが不妊の原因となっているケースもあります。

 

でもそうでない場合には、妊娠できない理由は男女問わず平等に抱えているもののはずです。

 

あなたがもし、自分だけが孤独に頑張っているように感じるのであれば、その想いを素直にパートナーに打ち明けることも必要になるはず。

 

パートナーは、単に忙しくてあなたの想いに気付けていないだけかもしれません。

 

また何か感じとってはいても、あなたに聞くタイミングをはかれずににいるだけかもしれません。

 

妊娠は、男女ともにあってこそ実現できるものです。

 

まずはあなた自身が自分の立場を肯定し、そんな自分自身をパートナーにも受け入れてもらい、またあなた自身もパートナーの考えや立場を受け入れながら、互いに協力し合える妊活にしていきましょう。

 

 

現代の日本において、高齢出産を経験したお母さんは数えきれない程に存在します。

 

それだけ多くの女性が現実を受け入れ、様々なリスクと立ち向かいながら、我が子をその手に抱ける喜びを勝ち得ているのです。

 

この事実は、なかなか妊娠できない状況に立っているあなたに、きっと力を与えてくれると思います。

 

もちろんその中には、妊娠を実現できず、思い悩んでいる方達も大勢存在します。

 

ただこの事実を逆に捉えれば、それだけ多くの女性が自分自身と向き合いながら、妊娠するための努力を続けているということ。

 

つまり、あなたがたとえ高齢出産に当たる年齢になっていたとしても、妊娠を望むことは特別でもなんでもなく、極々一般的な価値観になってきているということを忘れずにいてもらえたらと思います。

 

 

大袈裟でもなんでもなく、妊娠も出産も命をかけた行為です。

 

だからこそあなたに必要なことは、自分自分の身体と心を健康に保つことであり、過去の自分を悔やんだり、リスクにばかり目を向けて不安を抱え過ぎることではありません。

 

十月十日胎内で子供を育てる体力や安定した精神を維持するために、今できることを前向きに継続的に実践していってください。

 

もちろん、無理に頑張る必要はありません。

 

あなたやパートナーのペースを大切にしながら、心身ともに健康な状態で妊娠に備えていきましょう。

 

 

排卵検査薬を役立てる

 

妊娠を望む方にとって強い味方となるのが、排卵検査薬です。

 

排卵検査薬とは、その名の通り排卵をチェックするためのアイテムで、自分で排卵日の特定をする際の手助けとなってくれるもの。

 

つまりは、セックスのタイミングをはかる上で大変役立つアイテムとなっています。

 

 

女性が用いるアイテムとして基礎体温計や妊娠検査薬の存在は知っていても、排卵検査薬なんて聞いたことがないという方も多いものです。

 

身近な薬局やドラッグストアなどでも目に見える場所に陳列されていることはないので、その存在を知らないこと自体に不思議はありません。

 

 

排卵検査薬は、排卵前に上昇するという黄体ホルモンを察知できるアイテムですので、使用すれば排卵の前々日から前日を特定できるようになります。

 

 

毎月正常に排卵しているかどうかについてはもちろんのこと、ホルモンバランスに乱れが生じた場合にもその可能性に自分で気付けるようになりますので、女性にとっては健康管理アイテムになるとも言えます。

 

 

あなたが既に病院での治療や医師への相談を行っているなどして、子宮や卵巣の様子や排卵期について診てもらっているというのであれば、排卵検査薬は必ずしも必要なアイテムではないでしょう。

 

 

しかし、病院に行って改めて検診する決心がつかない、病院に通うための時間やお金に余裕がないといった方には、排卵検査薬はとても使えるアイテムとなってくれるはずです。

 

 

また通院している方であっても、頻繁に病院で卵胞検査をするのは面倒、もっと自分の好きなタイミングで検査をして妊娠に備えたいといったことであれば、排卵検査薬を備えておくことをお勧めします。

 

 

排卵検査を頻繁に行う

 

妊娠の確率が低くなる原因は、人ぞれぞれに違うものです。

 

健康状態や年齢といった理屈的なこと、セックスの回数自体が少ないこと、セックスのタイミングがズレていることなど、どんな面にもその可能性はあります。

 

いずれにしてみても妊娠する確率が低いと感じているのであれば、積極的に排卵検査をしてその効率を上げる工夫をすることが大切です。

 

 

積極的に排卵検査をするということは、排卵検査を頻繁なものにするということ。

 

費用負担をあまりに気にすることなく頻繁に排卵検査する上でも、排卵検査薬は役立ちます。

 

 

ネット通販を利用すれば、ワンステップ排卵検査薬と呼ばれる検査紙タイプの検査薬が非常に格安で手に入ります。

 

 

ワンステップ排卵検査薬は他の商品と比較しても際立って低価格で、50回分でも3500円以下と、日本製のものとは比べ物にならないほどコストパフォーマンスが高い製品です。

 

 

排卵のタイミングを逃したくないという方や、自分の排卵リズムをしっかり掴みたいという方であれば、
5回分や7回分といった排卵検査薬では物足りなさを感じるはずですので、検査回数を頻繁なものにしたいのであればワンステップ排卵検査薬の購入をお勧めします。

 

 

 

中には価格があまりに安いため、検査結果が信用できないのでは?と感じる方もいるようですが、排卵検査薬は安いからと言って結果が信用できないといったことはありません。

 

 

非常に高精度な製品ですので安心して使用することができます。

 

 

唯一の欠点を挙げるとすれば、高精度であるが故に個人によっては通常よりも長い間陽性反応が出てしまうことがあります。

 

 

こればかりは個人のホルモン量に左右される面がありますので、ワンステップ排卵検査薬では反応が良すぎて特定が難しいという状況になった場合には、デジタル式の排卵検査薬を購入することをお勧めします。

 

 

デジタル式のものは価格がそれなりにしますが、検査紙タイプよりも精度が低く設定されていますので、例えばホルモン量が多いような方でも便利に使える排卵検査薬となるはずです。

 

 

またそうした方の場合は、いざという時は念の為にデジタル式を使い、普段は検査紙タイプでのチェックを習慣にしてみる...という使い方をすることで、費用負担も抑えられるのではないかと思います。

 

 

葉酸サプリメントで備える

 

高齢出産は母体のみならず、赤ちゃんの生育などにも少なからず影響を及ぼすものと捉えられています。

 

女性の中には、母体よりも子供に障害が残ることが心配で妊娠や出産に踏み切れなかったり、1日でも早く妊娠しそのリスクを少しでも下げたいと考える方も存在します。

 

確かに高齢出産においては、子供がダウン症などの障害を抱える確率が高まると言われています。

 

事実、高齢出産をするお母さんが増えた現代の日本では、ダウン症と診断される子供の数が増加している現実があります。

 

 

また、自分のやるべきことに集中してそれなりの年齢で結婚や妊娠を望む方がいる一方で、若くして結婚と出産を経験し親になる方も多く存在します。

 

そうして親の年齢差が開くことで、若いお母さんでいられないことが子供にとって不憫と考えてしまうようになる方もいるようです。

 

 

もちろん、少しでも早い妊娠や出産を考えることは悪いことではありません。

 

 

妊娠をする上では、卵細胞も若々しく健康であるに越したことはないでしょうし、体力的な面など若いからこそ乗り越えられることもあります。

 

ですがやはり、あなたにとってベストなタイミングで子供を授かるのが、結局は一番自然で無理のない選択と言えるのではないでしょうか。

 

肉体的なことや精神的なことを全て引っ括めて、あなたが今ならば!と思えるタイミングで妊娠し出産することが、あなたにとっての最良の選択となることに間違いはないはずです。

 

 

自分が高齢出産になるが故に子供が障害を抱えるかもしれない...といった危惧があるならば、今からでもやるべきことはやっておく。

 

ただそれだけでも、いざという時を迎えた時の不安要素は少なからず消し去ることができるはずです。

 

将来的に妊娠を望むのであれば、今からでもできる工夫を知って『継続は力なり』を実践していきましょう。

 

 

 

 

現代においては、妊娠を望む女性が赤ちゃんの発育のために不可欠となる葉酸という栄養素を積極的に摂ることが推奨されています。

 

母子手帳もその重要さが記されており、先天性の異常やダウン症などの染色体異常による障害の予防のほか、流産の予防にも役立つ栄養素と言われています。

 

つまり葉酸は、今妊婦である方やこれから妊娠を望む全ての女性に勧められる栄養素です。

 

 

 

 

たとえ今すぐに!ということではなくとも、今後あなたが妊娠することを望むのであれば、今から葉酸を摂取し続けて、その時に備えておくことは決して無駄なことではありません。

 

 

葉酸を十分に摂取する上ではやはりサプリメントが活用できるアイテムとなりますので、なんとなくピンとこないという方も、どんな商品が存在していて、どんな人達が飲んでいるのかだけでもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

また葉酸サプリメントはあなた自身だけでなく、あなたの赤ちゃんのために飲むサプリメントでもありますので、何よりも品質や安全性に重点を置いて頂けたらと思います。

 

 

ちなみに、ドクターズチョイス社の葉酸サプリメントは100%天然のオーガニック葉酸で仕上げられていますので、品質の良さや安全性を考える上では最もお勧めできる商品となっています。

 

 

日常生活を改めて見直す

 

妊娠を妨げになるもの、妊娠の切っ掛けになるものは、人によって違う面があると思います。

 

世間には、食生活の改善が妊娠に繋がったと感じている方もいれば、運動を心がけたことで妊娠しやすい身体になったと感じている人もいます。

 

たとえそれが明確には証明できないものであったとしても、誰にもその事実を否定することはできません。

 

 

 

妊娠にはどんなことが影響しているのか、化学的に説明しきれない一面が幾つもあります。

 

 

だからこそ今出来ることを全てやろう!...というのには無理があるかもしれませんが、毎日の生活の中でこれは正していった方がいいかもと感じることが何かあるのなら、それは是非実行すべきだろうと思います。

 

 

例えば、身体を冷やさないようをする、偏った食生活を改める、ウォーキングで運動不足を解消する...など、妊娠のためにいいとされる事柄を意識的に日常に取り入れることも大切でしょう。

 

 

また、頑張る一方で、ストイックになり過ぎてしまうことにも注意が必要です。

 

頑張り過ぎることで余計なストレスを溜めたり、肉体的にも疲れきってしまうことのないよう、全ては楽しみながら行っていけることが理想的なのだろうと思います。

 

 

ストイックになり過ぎが良くないのは、セックスも同様です。

 

妊娠のためにはセックスが必要で、そのタイミングをはかることは確かに重要なことです。

 

 

ですが、本来男女にとって大切な愛情表現ともなるセックスが、単に子供を作るためだけの行為となってしまうことは、心だけでなく身体にも望ましいことではないはず。

 

 

パートナーだって子供を求められるだけのセックスでは、少なからずやる気をなくしてしまうことがあるでしょう。

 

 

現に、男女が気持ち良くセックスをすることで妊娠しやすくなるという話があります。

 

 

体温が高まることでホルモンが分泌され生殖能力が高まるからなどの理由が挙げられていますが、そこに科学的根拠があってもなくても、互いに気持ち良くセックスをするということ自体、心にも身体にも生殖機能にも悪い影響となるはずがありません。

 

 

だからこそ恥ずかしい話でもなんでもなく、お互いにとってより気持ちのいいセックスのために工夫を凝らしてみるのも、きっと妊娠実現には効果的に響いていくはずです。

 

 

 

アイテムを味方につける

 

排卵検査薬は妊娠を望む上で有効的に使えるアイテムではありますが、必ずしも使わなければならないようなものでもありません。

 

こうしたアイテムに頼らずとも妊娠を実現できる方は存在しますし、あなたもそんな一人となれるのかもしれません。

 

自然に男女が求め合い新しい命が誕生できれば、それに越したことはないもの。

 

 

ですが、自分自身のタイミングを知らないでいるばかりに、折角のチャンスを逃してしまっている方が存在するのも事実です。

 

 

何度も言いますが、年齢によって妊娠や出産のリスクが高まることがあったとしても、その事実にばかり囚われる必要は断じてありません。

 

高齢出産にリスクがあるのならば、その壁をあなたなりのペースで乗り越えていけばいいだけのこと。

 

排卵検査薬や葉酸サプリメントといった商品は、そんなあなたの強い味方になるために存在しているアイテムのようなものです。

 

 

折角存在する味方なのですから、あなたが思い描く妊娠と出産をその手に掴みとるための工夫として、是非これらのアイテムを活かしてみてもらえたらと思います。

確実に妊娠するために排卵検査薬を活用記事一覧

妊娠中の葉酸サプリメントの役割妊娠初期妊娠初期は、赤ちゃんの大事な中枢神経が出来始める段階です。中枢神経は、いくつもの神...

排卵検査薬を使うのはおすすめ排卵検査薬は、妊娠を望んでいる人に推奨出来る薬です。これは、検査薬に尿をかけたり浸すことで、...

神経管閉鎖障害を気にする以前に親の栄養不足に注意!夫婦の妊活に葉酸サプリのススメ妊娠を望む女性にとって、また妊娠した女性...