排卵検査薬 薬局


ワンステップ・クリアブルー


薬局での排卵検査薬の買い方とは?

 

 

排卵検査薬を購入できる場所として、日本だと主に薬局が挙げられるそうです。

 

しかし、近所にあるようなドラッグストアは入らず、調剤薬局に限られます。

 

しかも、薬剤師さんがいる時間帯じゃないと、調剤薬局でも売ってもらえないのだとか。

 

ただ、それ以前に、調剤薬局と言うことは、予め産婦人科を受診して処方箋をもらって行く必要があるのではないでしょうか?

 

排卵検査薬をもらうために、毎月産婦人科を受診するのは、経済的にも時間的にも厳しいため、一気にハードルが上がるような気がしますが、幸いなことに、処方箋無しで問題無く購入できるとのことでした。

 

処方箋は要らないのに、調剤薬局でしか購入できないなんて…なんだか、ちょっと変なシステムですね。

 

また、調剤薬局は普通のドラッグストアのように、棚に薬が陳列されている訳でもないため、購入するには薬剤師さんに直接、排卵検査薬が欲しい旨を伝えなければいけないそうです。

 

色々と購入まで面倒臭いような気がしますが、それでも数年前に比べたらマシになったみたいです。

 

なんでも、2014年に薬事法が改正される前は、専用の書類に名前やら住所やらと個人情報を書かなければいけなかったのだとか。

 

排卵検査薬の需要は日本でも伸びつつありますから、この調子でもっと簡単に購入できるようになって欲しいです。

 

排卵検査薬の取扱店は調剤薬局のみ!?

 

排卵検査薬の需要が、日本でもここ数年で結構伸びているみたいです。なぜなら、これを使えば産婦人科に頼らなくても、かなり重度な症状でなければ、不妊症の治療ができるからです。

 

具体的には、排卵検査薬によって、女性の体が妊娠しやすいタイミングを知ることができるため、後はそこを見計らって性交渉を行えば良いんですね。

 

不妊症で産婦人科って、どうしても行きにくいですし、時間やお金もかかりますから、排卵検査薬で足りるなら有難いです。

 

しかし、残念ながら、排卵検査薬はドラッグストアで簡単に買える類のものではないそうです。では、どこで入手できるのかと言うと…調剤薬局のみだそうです。

 

となると、処方箋をもらうため、どちらにしろ産婦人科を受診しなければいけないのでしょうか?

 

調剤薬局というシステム上、当然にそう予想されますが、不思議なことに、排卵検査薬は処方箋無しでも購入できるそうです。

 

もちろん、直接薬剤師さんに、排卵検査薬が欲しいということは伝えなければいけませんが。

 

何だか、排卵検査薬の需要が伸びている割に、販売方法はあまり親切ではありませんね。

 

少子化の改善のためにも、もっと排卵検査薬は簡単にアクセスできた方が良いと思うのですが。

 

 

排卵検査薬の費用が気になる!

 

タイミング法での妊活を続けているけど、ちょっと排卵検査薬の費用が気になっている人っていませんか?

 

そういう人は、一度海外の排卵検査薬に変えてみることをおすすめします。

 

日本の排卵検査薬は使ってみるとわかるのですが、お金の面ですごく負担が大きいんですよね。

 

1回だけなら、日本製を使うのも良いですが、2カ月、3カ月とタイミング法を試す場合は、断然海外製の排卵検査薬を使ったほうが安いのでおすすめです。

 

やっぱり長くなればなるほど、費用っていうのは、気になるものです。

 

すぐにタイミング療法で妊娠出来てしまった人は、別に日本製だろうが、海外製だろうが、大した差は感じません。

 

でも、長く排卵検査薬を使う人は、その費用の差が大きくのしかかってきますので、やっぱり安くて、それでいて定評のある検査薬を使ったほうが、やっぱりバランスが良いと思います。

 

どんなに性能が良くても、やっぱりお金が高すぎると続きません!

 

海外製の排卵検査薬だったら、それほど金銭的な負担がかからないので、結局、海外製の排卵検査薬へ戻ってくる人も少なくないです。

 

ちょっと妊活が長くなりそうだなって思ったら、海外製の排卵検査薬も視野に入れてみるのが良いと思います。

 

 

排卵検査薬は海外製がおすすめ?

 

最近だと、通販で排卵検査薬を購入している人も多いそうです。正確に言うと、個人輸入という形で海外から購入しているのだとか。

 

海外製の薬も今では自由に購入できる時代なんですね。

 

しかし、日本でも排卵検査薬はいくつか売られていますが、実際のところ、日本製と海外製だとどちらがおすすめなのでしょうか?

 

 

 

何となく、品質の観点から日本製の方が良さそうな気もしますが、他の要素を考えるとそう単純な話ではないみたいです。特に注目すべき点は、値段。

 

日本製の排卵検査薬だと、1回分につきやすくても400円くらいしますが、海外製のだと100円もしないのだとか。

 

 

 

その代わり、20本とか50本単位でしか売られていないみたいですが、
単価がそこまで安くて量がある分、遠慮無く毎日使ったり1日何回も使ったりできるため、生理が安定していない人でも簡単に排卵日を予測できるそうです。

 

 

日本製排卵検査薬のように、1箱に5本とかしか入っていないと、厳密に生理周期などを把握しておかなければいけませんから、こっちの方が断然楽ですね。

 

 

そのため、なるべくお金はかけたくないものの、生理が不安定などの理由で、
排卵検査薬をたくさん使いたい場合は、海外製の排卵検査薬がコストパフォーマンス的に良いとのことでした。

 

 

個人輸入の排卵検査薬を怪しんでいた私だけど・・・

 

以前、妊活で海外製の排卵検査薬をおすすめしているブログがありました。

 

それまでは、個人輸入の排卵検査薬なんか、「どうせ怪しいやつばかり」と思っていました。

 

でも、長期で妊活している人のブログを見ていると海外の排卵検査薬をおすすめしている理由に納得しました。

 

結局、排卵検査薬って、陽性反応が出るまでに何本か失敗する確率が結構高いので、10本未満で2000円以上もする日本製の排卵検査薬では、コスパが悪すぎるってこと。

 

海外の排卵検査薬は40本とか30本とか入って3000円〜4000円と割安で売っているのですから、失敗を気にしないで試せるところが魅力。

 

妊活ブロガーさんが海外製品の排卵検査薬をおすすめするのも無理ないと思います。

 

おまけに、排卵検査薬を使った妊活は、基本的に妊娠するまで、リピすることが予想されるので、子供が出来ない期間が長ければ、妊活費用も高くなってしまいます。

 

排卵検査薬1本あたりの費用が高い日本の排卵検査薬では、割に合わなくなってくるのだろうなって思いました。

 

やはり妊活もコスパが良くないと、長続きしなくなってしまいますね。

 

病院に通院するのも高いかもしれませんが、やり方が悪ければ自分でやってもお金がかかります。

 

 

 

 

排卵検査薬はケンコーコムで買える!?

 

ロート製薬のドゥーテストなどの、日本製の排卵検査薬は、通販が禁止されているみたいです。そのため、欲しい場合は薬局に足を運ぶしかありません。

 

しかし、薬局と言っても、法律の関係上、排卵検査薬は調剤薬局でしか扱えないため、住んでいる地域によっては購入するまでちょっと苦労する羽目になるそうです。

 

確かに、ドラッグストアに比べて調剤薬局の数は限られていますからね。

 

一応、処方箋無しでも購入できるみたいですが、調剤薬局でしか扱いが無いとなると、それでもちょっと面倒なことになると思います。

 

そこで、色々と調べたところ、例外的にもっと簡単に日本製の排卵検査薬を購入できる方法があると分かりました。

 

それは、ケンコーコムという通販サイトを使う方法です。日本製の排卵検査薬の通販は、法律によって禁止されていたのではないでしょうか?

 

その点が疑問だったのですが、ケンコーコムはそこに関して何ら違反はしていないみたいです。

 

なぜなら、日本製の排卵検査薬でも、ケンコーコムでは個人輸入という形で販売しているからです。

 

そのため、個人輸入という性質上、トラブルがあっても自己責任というデメリットはありますが、調剤薬局に頼るよりも簡単に日本製の排卵検査薬を購入できるとのことでした。

薬局での排卵検査薬の買い方とは?記事一覧

AFC葉酸サプリがお勧めの人AFC葉酸サプリはリーズナブルな葉酸サプリですので、一時的とは言え長く続けることを想定しても...

妊活や産後にお勧めできる葉酸サプリオーガニックレーベルの葉酸サプリは、103種類もの天然の原材料を使用している点や1日の...

葉酸を飲み始めは妊娠前が理想的まずは母体が健康であること、栄養十分であることが赤ちゃんにとって望ましい環境となるのであれ...