ワンステップ排卵検査薬 20回分


ワンステップ・クリアブルー


ワンステップ排卵検査薬は20回分から買えるけど

 

ワンステップ排卵検査薬を、わざわざ個人輸入で購入して使っている日本人は、意外に多いと聞きます。しかし、排卵検査薬は、日本でもいくつか製造、販売されています。それなのに、なぜ敢えて海外製排卵検査薬であるワンステップを使うのでしょうか?

 

調べたところ、値段が大きな理由だと分かりました。なんでも、日本製の排卵検査薬は、どんなに安くても1回分につき400円程度と、世界基準で見るとかなり高級な部類に入るみたいです。一方、ワンステップ排卵検査薬は、単価が100円弱なため、経済的負担の面においては圧倒的に優れているのだとか。

 

ちなみに、この100円弱というのは、ワンステップ排卵検査薬の20回分セットを買った場合の値段なのですが、更に50回分、100回分と大量単位のセットでも販売されているみたいです。そのため、その量が多ければ多い程、単価が安くなるそうです。具体的には、50回分だと90円弱、100回分だと80円弱という計算みたいです。

 

となると、ワンステップ排卵検査薬は、1回でたくさん買うのがお得なんですね。そのため、最初は体質に合うか合わないかも確認しなければいけないため、20回分を買って試した方が良いみたいですが、それでちゃんと使えたなら次からは50本や100本で買うのが経済的とのことでした。

 

ワンステップ排卵検査薬はお得な50回分セットを!

 

海外製の排卵検査薬は、安いけど大量単位でしか購入できない。そういうイメージがありますが、実際のところ、意外と少量から販売されているそうです。具体的には、アメリカで製造されている、ワンステップ排卵検査薬だと、20回分からとか売られていました。20回分なら、2か月くらいですぐ使い切れますね。

 

しかし、そのように少量単位で海外製の排卵検査薬を買うと、ちょっと値段の方が高いみたいで、1回分につき100円弱くらいになるそうです。それでも、単価が400円とかする日本製の排卵検査薬に比べたら断然良いですが、海外製の排卵検査薬は個人輸入を経由しなければいけない関係上、送料もかかりますから、なるべく安く抑えたいところです。

 

そこで、ワンステップ排卵検査薬は、20回分セットではなく50回分セットを買うと良いそうです。これなら、1回分が90円弱まで安くなるのだとか。100円弱と90円弱では、大分違うと思います。それに、50回分セットなら4〜5か月はもちますから、その分何度も購入する手間も送料も省けますし。

 

ただし、ワンステップ排卵検査薬は、体質によって合う、合わないが結構あるそうなので、最初だけは20回分セットを買って試した方が無難みたいです。

 

 

ワンステップ排卵検査薬は50回分より

 

ワンステップ排卵検査薬は、20回分から買うことができます。具体的には、20回分、50回分、100回分で売られているそうです。ちなみに、ワンステップ排卵検査薬の感度はちょっと高めな関係上、体質によって合う、合わないがあるため、万一の際に無駄にしないためにも、まずは20回分から買うのが無難みたいです。

 

では、そうやって試して、ワンステップ排卵検査薬がちゃんと体に合うと分かった後は、何回分のセットを購入すべきなのでしょうか?こういう時参考にすべきなのは、単価みたいです。なんでも、大量に買えば買う程、単価が安くなるのだとか。では、ワンステップ排卵検査薬の場合、どれくらいの幅で単価が安くなるのでしょうか?

 

調べたところ、20回分だと100円弱、50回分だと90円弱、100回分だと80円弱となっていました。ほぼ10円刻みで安くなっていますね。海外製の排卵検査薬は、それ自体の値段に比べて、送料も結構かかりますから、なるべく単価が安いだけでなく、買い足す手間も省きたいところです。

 

そのため、ワンステップ排卵検査薬は、100回分セットを買うのが一番経済的とのことでした。ちなみに、使い切る前に妊娠の疑いが出た場合は、妊娠検査薬代わりにも使えるため、余ったら試してみると良いそうです。

 

ワンステップ排卵検査薬はどれくらいで送料無料? 

 

 

海外製の排卵検査薬を買うなら、ドクターズチョイスという個人輸入代行サイトが良いみたいです。なぜなら、数ある個人輸入代行サイトの中でも長い歴史を誇るだけでなく、正規品であることの保証もしっかりされた上、日本語訳説明書もつけてくれるなど、細かいサポートまで受けられるからです。

 

また、嬉しいことに、ドクターズチョイスは、場合によっては送料を無料にしてくれるそうです。具体的には、購入金額が合計10000円を超えたら、送料はとらないのだとか。これは確かに嬉しいですね。海外製の排卵検査薬って、送料の方で地味に結構とられてしまいますから。

 

では、ワンステップ排卵検査薬を10000円分となると、どれくらいの量に換算されるのでしょうか?調べたところ、ドクターズチョイスでは20回分、50回分、100回分の単位で売られていたのですが、値段はそれぞれ2000円弱、4000円強、8000円弱となっていました。

 

となると、100回分と50回分とかを買えば、確実に10000円は超えますね。150回分となると、ちょっと多すぎのような気もしますが、生理が不安定なら1月中毎日検査する必要がありますし、そうじゃなくても1日の検査回数は2〜3回が良いと言われていますから、意外とすぐ使い切れるとのことでした。

 

ワンステップ排卵検査薬はamazonには無い!?

 

ワンステップ排卵検査薬は、海外製の排卵検査薬でまだ日本では認可されていない関係上、調剤薬局で購入することができません。そのため、ネットを利用して自分で入手しなければいけません。そこで、一番メジャーな通販サイトであるamazonを調べてみたのですが…なぜか、ワンステップ排卵検査薬は出てきませんでした。

 

そこで、理由を調べてみたところ、海外製の排卵検査薬は通販では販売できないことが、法律で定められていると分かりました。しかし、ネットを調べてみると、実際にワンステップ排卵検査薬を使った人の声が、たくさん出てきます。そういう人達は、どうやってワンステップ排卵検査薬を入手しているのでしょうか?

 

どうやら、個人輸入という、通販とはまた違うシステムがあるみたいです。簡単に言うと、海外から直接自分で買うというシステムで、これなら法律で禁止されていないのだとか。ただし、最近では個人輸入代行サイトも充実した所がいくつもあるため、手間的には通販と対して変わらのだとか。

 

そのため、ワンステップ排卵検査薬を購入する際は、普通の通販サイトではなく、個人輸入代行サイトにアクセスすべきだそうです。ちなみに、ドクターズチョイスだと、日本語訳説明書もつけてくれるため、初心者には特に推奨されるとのことでした。

 

 

 

ワンステップ排卵検査薬の購入量は使用期限も考慮して

 

数ある海外製の排卵検査薬の中でも、特に日本人から人気と言われているものとして、ワンステップ排卵検査薬が挙げられます。なぜ人気なのかと言うと、理由は大きく2つあります。1つは、アメリカが製造国である関係上、まだ日本では認可されていないものの、高い品質が保証されているという理由。

 

そして、もう1つの理由は、海外製の排卵検査薬の中でもトップクラスの安さだそうです。具体的には、100回分をまとめて購入すると、単価が80円もしないのだとか。確かに、こんなにコストパフォーマンスが良くて、高品質でもあるなら、日本製の排卵検査薬を差し置いて買いたくなるのも分かります。

 

しかし、安くなるからと言って、ワンステップ排卵検査薬を100回分大量購入するのは、ちょっと待った方が良いそうです。なぜなら、排卵検査薬には使用期限というものがあるからです。使用期限とは、食べ物で言う賞味期限で、大体1〜2年くらいとなっているみたいです。

 

となると、1人ではなく、2〜3人子供が欲しいという場合でも、矢継ぎ早に産む予定でもない限りは、ワンステップ排卵検査薬を100回分まとめて買ったところで、使用期限以内には使え切れなさそうですね。そのため、単価が90円弱と少しだけ高くなりますが、ワンステップ排卵検査薬は50回分セットが無難とのことでした。

 

 

ワンステップ排卵検査薬は何分で判定?

 

排卵検査薬を選ぶ基準としては、よく値段が挙げられますが、地味に判定にかかる時間を重要視する人も多いみたいです。確かに、排卵検査薬を使うべきタイミングは、誤作動が起きないよう、バタバタしている朝ではなく夜と言われてはいますが、一刻も早く結果は知りたいですからね。

 

しかし、実際に調べてみると、排卵検査薬の判定時間には結構差が見られます。短いのだと3分くらいなのですが、長いのだと10分というのもありました。10分、は流石にちょっと長いです。そうかと言って、3分で済むのだと機能が高い分お値段もそれなり、ということもありそうで。

 

そこで、値段と判定時間で調和のとれている排卵検査薬を探してみたところ、ワンステップというのがヒットしました。なんでも、アメリカでは広く一般に流通している排卵検査薬なため、日本ではまだ認可されていないものの、高い品質は保証されているのだとか。

 

そして、肝心の値段と判定時間ですが、単価80円弱で4〜7分と書いてありました。こんなに安い値段で、マックス7分程度なら、値段の割に高性能と言えると思います。そのため、実際にわざわざ個人輸入でワンステップ排卵検査薬を購入して使っている日本人も多いとのことでした。

 

 

ワンステップ排卵検査薬のエラーとは?

 

ワンステップ排卵検査薬は、アメリカで製造されていて、そこでは既に国の機関からちゃんと認証された上、広く一般に流通しているそうです。そのため、日本ではまだ認可されていない関係上、調剤薬局には置かれていないものの、品質に関しては折り紙つきと言われています。

 

しかし、そんなワンステップ排卵検査薬でも、やはりエラーが生じることがあります。エラー判定の表示は、排卵検査薬によって差がありますが、ワンステップ排卵検査薬の場合は、どうなっているのでしょうか?調べてみたところ、2種類あると分かりました。

 

具体的には、テストラインだけが表示されて判定ラインが表示されない場合と、7分以上経ってもテストラインと判定ラインがどちらも表示されない場合です。では、そうしてワンステップ排卵検査薬のエラーは、どんな時に出るのでしょうか?先述した品質の高さから不良品だったという可能性は低く、大抵は尿をかける時間が長かったのが原因みたいです。

 

ワンステップ排卵検査薬の場合、尿をかけるのはたった3〜5秒ですからね。そのため、エラーを避けるためにも、ワンステップ排卵検査薬を使う際は、多少面倒ですが紙コップに1度尿をとってそこに浸す形にした方が良いみたいです。

 

通販で人気の排卵検査薬に排卵検査薬はワンステップ排卵検査薬クリアです。

 

ワンステップ排卵検査薬は判定に5分以上かかるけど

  

 

ワンステップ排卵検査薬は、判定に時間がかかる。そういった口コミを、一定数見かけます。しかし、排卵検査薬の判定時間は、メーカーによってかなり個体差があるため、実際は値段と相談して購入する人が多いそうです。では、ワンステップ排卵検査薬の判定時間は、どれくらいなのでしょうか?

 

調べたところ、4〜7分と書かれていました。となると、5分以上はかかると基本的には思っておいた方が良さそうですね。排卵検査薬の判定時間は、早ければ3分ですから、確かにワンステップ排卵検査薬はちょっと時間がかかる方とも思えます。

 

しかし、ちょっと長い判定時間を差し引いても、ワンステップ排卵検査薬は選ぶメリットが満載だそうです。具体的には、単価が最大80円弱とものすごく経済的負担が軽く済むだけでなく、排卵日を48時間前から予測して陽性を示してくれるのだとか。

 

また、判定ラインに加えて、横にテストラインも表示されるため、初心者でも簡単に判断することができるみたいです。こうして見ると、安価な割に高性能ということですから、確かに判定時間以外は良いこと尽くめですね。そのため、個人輸入を経由してワンステップ排卵検査薬を購入している日本人も多いそうです。

 

 

 

ワンステップ排卵検査薬は20回分から買えるけど記事一覧

GMP規格であるかどうかで見極める結論、サプリメントの品質というもは、天然だから良くて合成だから悪いとは限らないものです...

優れたレベルの葉酸サプリを求めるのならベルタ葉酸サプリがお勧めです!ベルタ葉酸サプリは、配合されている栄養成分が豊富なだ...

男性にも必要な葉酸という栄養素性行為というものは、男女ともに相当なエネルギーを消費する行為とも言えます。行為後の疲労の違...