排卵検査薬 薄くなった


ワンステップ・クリアブルー


排卵検査薬を使う時にお酒には注意

 

お酒好きな人って、妊活や妊娠中は本当に苦労しますね。

 

基本的には、妊活中や妊娠中は、お酒の摂取を控えた方が良いと言われていますが、やっぱり禁酒することによってストレスが溜まってしまうと、体に良くないという部分もあります。

 

特に過度なストレスがかかってしまうと、妊活中の女性なんかは、排卵がなくなってしまうこともありますので、お酒と適度に付き合っていく必要があります。

 

特に排卵検査薬を使ってタイミング法に挑戦している人は、飲みすぎが大敵です!

 

というのも、排卵検査薬というのは、尿中のLHホルモンの濃度を感知して陽性反応がでる仕組みなので、水分摂取が多くLHホルモンの濃度が薄くなったりすると、正しい検査結果が出なくなってしまう可能性があるのです。

 

それぞれの排卵検査薬は、陽性反応が出るのに必要なLHホルモンの濃度が決まっているため、水分でLHホルモンの濃度が薄くなったりすると排卵検査薬が陰性になってしまったり、薄い陽性しかでなくなるケースもあります。

 

お酒を飲む場合は、やっぱり排卵検査薬を試す排卵予定日の数日前か1週間くらい前からは、禁酒しておく方が間違いありません。

 

お酒に酔って、排卵検査薬のタイミングを逃すことは、本末転倒になってしまいます。

 

 

排卵検査薬にアルコ―ルは良くない理由

 

妊活中はアルコールを禁止するほどではありませんが、極力は避けた方が良いと言われています。

 

というのも、排卵検査薬は水分摂取が多いと陽性反応が薄くなったりして、正確な検査結果が出にくくになってしまうからです。

 

やはり排卵検査薬を正確に使いたいのであれば、アルコールの摂取は控え、水分を取りすぎないようにするのも大事です。

 

水分でLHホルモンが薄くなったりすると、それだけ排卵検査薬の反応も悪くなりますからね。

 

ちゃんとした排卵日がわからなくなってしまうと、やっぱり排卵検査薬を使っている意味が無くなってしまうと思います。

 

ちゃんと排卵検査薬を活用したいと思ったら、正しく使用することが大事になってきますね。

 

妊活でもタイミング療法っていうのは、チャンスを逃すと、効果がないので、やっぱり排卵検査薬で、正しく結果を得るというのが大事なポイントになってきます。

 

排卵検査薬を試しても、なかなか妊娠できない場合は、自分でタイミングを合わせることは諦めて、ちゃんと病院でタイミング指導を受けた方がやっぱり妊娠確率は良いです。

 

まずは、自分で正しく排卵検査薬を使えるように、水分量には注意をする必要があります。
お酒が好きな人はアルコールの過剰摂取には気を付けましょう!