高齢出産のリスク


ワンステップ・クリアブルー


高齢出産のリスクの捉え方

 

最近は高齢出産というワードに出会う機会も珍しいものではなくなってきています。

 

年々子供を産む女性の年齢が上がってきていますが、実際に高齢出産と呼ばれる年齢とは一体何歳からなのでしょうか。

 

一般的に高齢出産は35歳以上で初産を迎える場合を指すようでが、かと言って30歳であれば大丈夫、34歳であればあと1年ある...という問題ではないような気がします。

 

確かに卵細胞の数には限りがあり、もともと持っているもの以上の数を新しく生み出すことができないという観点から考えれば、やはり年齢の上昇と共にリスクが高まっていくということは紛れも無い事実です。

 

でもだからと言って、たとえ高齢出産に値するような年齢であったとしても、ただ単に出産はリスクが高いこととして片付けられてしまうのは少し違うような気もします。

 

事実、実年齢よりも見た目や体内年齢が驚くほどに若いような方も老けている方もいるものです。

 

同様に出産のリスクに関しても個人差があるもので、単純に年齢だけでは決定付けられないものがあるはずです。

 

年齢を気にして自信をなくしてしまったり大きな不安を抱えてしまうよりも、どうすればリスクを減らした出産を実現できるのか、自分の年齢であっても努力で変えられることはないのか模索し実行していくことで、変えられる未来があるのではないでしょうか。

 

ここではそんな未来のためのヒントをご紹介していきたいと思います。

 

『高齢出産』というワードに振り回されない

 

ご自身が高齢出産にあたるような年齢になった場合、もしくは今現在そうである場合も、決して高齢出産という言葉に振り回されないで欲しいと思います。

 

それなりの年齢になった時、妊娠や出産に対して年齢なりの不安を感じるのは極自然なことです。

 

でもだからと言って、高齢だからリスクが高いからとその現実に呑み込まれてしまっては、望んでいる妊娠も出産もそのリスクを自ら上げてしまうことになりかねません。

 

たとえ妊娠自体がうまくはいかないようなことがあっても、もっと早く子作りできていれば、あの時仕事を辞めていれば...など、過去を悔やむようなことは意識的にでも避けて欲しいと思います。

 

あなたが今まで子供を授かる機会がなかったのは、これまでの人生が間違っていたからではなく、単にそのタイミングを得られなかっただけのことです。

 

現在の日本では高齢出産に値する女性が非常に多く存在しています。

 

何よりこの事実自体が高齢出産が極めて珍しいものでもなんでもなく、当たり前に存在するということを証明してくれています。

 

あなたは人と違った特別なことをしようとしている訳ではなく、あなた同様の悩みや不安を抱えている人は万人存在し、それぞれがその現実と向き合い努力しているということを忘れないでいてください。

 

高齢出産という言葉に決して振り回されることなく、あなたの人生を認め、これからもしくは今訪れている妊娠のタイミングを有意義なものにしていきましょう。

 

大袈裟でもなんでもなく、妊娠や出産は命をかけて行われるものです。

 

そういった面でのリスクは年齢が何歳であっても変わることはありません。

 

だからこそ何よりも大切なのはご自身が心身ともに健康であること、そして十月十日の間胎児を胎内で育て赤ちゃんを産むための体力をつけることです。

 

たとえ高齢出産であったとしても、あなたが考えるべきことは自分がベストを尽くすためのコンディションを整えておくことであって、リスクに不安を抱え心身ともに大きなダメージを受けることではないということも忘れずにいてもらえたらと思います。

 

 

排卵日検査薬を活用してみる

 

妊娠を望む方にとって強い味方となるアイテムのひとつに排卵日検査薬があります。

 

似た役割を果たすものに基礎体温計がありますが、排卵日検査薬は基礎体温計ほどにはまだ認知度もありませんので、初めて耳するという方も少なくはないでしょう。

 

ドラッグストアなどでは目に見える場所に並んでいる訳ではなく、気軽に買えるものではないので、知らない人が少なくはなくても不思議ではありません。

 

排卵日検査薬はその名の通り、排卵前に上昇する抗体ホルモンを察知することで排卵の前々日から前日を教えてくれるアイテムです。

 

高齢出産に限らず、一般的に妊娠しにくいと言われる要因を持っている方どなたでも有効に使える必須アイテムとも言えます。

 

何より排卵日検査薬を使えば、毎月正常に排卵しているのかどうかを把握することができます。

 

排卵は毎月同じ周期で起きていれば問題ありませんが、排卵日検査薬を使うことで排卵する月としない月があったり、周期がバラバラなことがあると分かれば、例えばホルモンバランスに問題があるといった目当たりをつけることができます。
既に病院などで子宮や卵巣の様子や排卵期なども診てもらっている場合には、必ずしも排卵日検査薬は必要なものではないでしょう。

 

ですが、改めて検診をするという決心がなかなかつかないような方でも、排卵日検査薬があれば気軽に自分の体のことを知ることができます。

 

またたとえ病院に通っている方であっても、頻繁に卵胞検査をするのは面倒、もっと検査を身近に気楽なものにしたいといった方には排卵日検査薬は便利アイテムとなってくれるでしょう。

 

現在排卵日検査薬はネット通販でも手軽に購入できるようになっています。

 

品質とコスパに長けたワンステップ排卵日検査薬

 

妊娠の確率が低くなる原因は様々で、個人によっても違いが生じるものです。

 

原因には当然ながら年齢も挙げられますが、ホルモンの分泌に問題があったり婦人病を患っていたりと、年齢だけを理由にはできないものもあります。

 

また単純に、セックスの回数自体が少ないという肉体的なこと以外の原因もあることでしょう。

 

いずれにしてみても、自分は妊娠する確率が低いと感じているのであれば、積極的に排卵検査を行い、効率を上げる工夫をすることが大切です。

 

ネット通販で購入できる排卵日検査薬には、ワンステップ排卵日検査薬と呼ばれる商品があります。

 

排卵日検査薬の中でも際立って低価格で50回分でも3500円以下と、日本製のものとは比べ物にならないほどのコストパフォーマンスが高い製品です。

 

排卵のタイミングを逃したくないという方や、自分の排卵リズムをしっかり掴みたいという方の場合は、5回分や7回分の排卵日検査薬では物足りなさを感じるかと思います。

 

少ない回数の排卵日検査薬は、排卵のリズムが決まっていて念の為に検査を行いたい方向けと言えるでしょう。

 

ワンステップ排卵日検査薬は価格が非常に低価格な上に50回分使用できるので、その分思い切って使用することができますし、こまめなチェックを行うことにも向いています。

 

低価格=品質が悪いと想像する方もいるかもしれませんが、決して品質が劣っていて結果に信用性がないという心配はありません、

 

ワンステップ排卵日検査薬は紙製検査薬の中でも感度が高く、その感度の高さが逆に弱点になってしまうことさえあるほどです。

 

弱点については、例えば黄体ホルモンの上昇しはじめの頃は陽性か陰性か微妙な色だということもあれば、陽性が3日も続くとといったことが挙げられます。

 

ですのでその品質には全く問題ありませんが、もしも結果が分かりにくいなど検査に不便さを感じるようであれば、デジタル式の排卵日検査薬を使用することをお勧めします。

 

こちらは価格もそれなりなものになりますが、その分より分かりやすく正確な特定を可能にできます。

 

 

葉酸サプリメントで妊娠に備える

 

出産となれば少なからず誰しもリスクを抱えるものですが、高齢出産は母体のみならず、赤ちゃんの生育などにも影響を及ぼしやすくなると言われています。

 

ダウン症などの発症率も高まると言われおり、事実高齢出産をする女性が増えた現代ではダウン症と診断される子供の数は増えてきています。

 

葉酸は赤ちゃんの発育のためには不可欠な栄養で母体に求められる栄養素として有名ですが、現代では先天性の異常やダウン症など染色体異常による障害の予防、流産の予防などにも役立つ栄養素として、妊婦さんや妊娠を望む方は積極的に摂るべきものと推奨されています。

 

 

リスクが少ないとされる年齢で妊娠と出産を経験するに越したことはないかもしれませんが、高齢出産と言われる年齢となっていても、あなたにとって適切なタイミングで子供を授かるのが結局は一番良い選択のはずです。

 

だからこそ子供を授かりたいという理想をもつのであれば、早めに葉酸を補う習慣をつけ、将来の妊娠に備えてみることをお勧めします。

 

葉酸を効率的に補う上ではサプリメントの活用が不可欠になります。

 

葉酸サプリメントを選択するのではれば、天然オーガニック100%の葉酸を使ったドクターズチョイス社の製品がお勧めです。

 

自分だけでなく何より赤ちゃんのための栄養素になるものですから、品質が高く安心して続けられるものを選んでもらえたらと思います。

 

今できることを余裕をもって行っていく

 

妊娠の妨げになっている理由や妊娠のきっかけになる理由は、きっと人それぞれにあるものです。

 

どんなことが妊娠に繋がっていくのかは誰にも把握しきれない面があるでしょう。

 

妊娠が叶った方の中には、それまで食生活を改善することが大きく影響したと感じている方や、運動不足を解消ししたことが少なからず影響したなどと感じている方もいます。

 

生活習慣を改善すれば必ずしも妊娠できるとは限らないでしょうが、見直すべきところは見直し自分でも悪いと感じている面を正して体が健康になれば、少なからず妊娠にも繋がっていくものがあるはずです。

 

だからこそ今からでも正せるべきことは正してみようと努力することは決して無駄なことではないでしょう。

 

もちろん頑張ろうとストイックになり過ぎて疲れてしまったり、余計なストレスを貯めるようになってしまっては元も子もありません。

 

前述したとおり、年齢によって妊娠や出産のリスクが高まることはあっても、決してその事実に囚われるような気持ちになる必要はありません。

 

自分でタイムリミットを決めたりはせず、自分の体や心と向き合いながら出来ることからゆっくりじっくりとできることをやっていきましょう。

 

また、妊娠を叶えられた方の中には単純にセックスの量を増やし、セックスそのものを気持ちよくしようと意識したら妊娠できたという方もいます。

 

単純に体温が高まりホルモンが分泌され、生殖能力が高まるからという理屈もあるのかもしれませんが、そもそもお互いにセックスが気持ち良いとい感じること自体、心身に悪いはずがありません。

 

妊娠を真剣に考えるようになると、そのタイミングばかりを見計らってセックス自体が実に蛋白なものになってしまうこともあります。

 

排卵日だから子作りのためにセックスをするということは決して悪いことではありませんが、そこに気持ちが伴わなければ少なからず妊娠に影響することはあるように思えてきます。

 

排卵日検査薬などを使って排卵日を把握できるようになれば、そのタイミングに合わせたムードづくりもしやすくなるかと思います。

 

セックスを単純に子作りのためだけの行為にするのではなく、夫婦がお互いに想い合い愛し合う大切な機会にする努力もしてみてはいかがでしょうか。

 

それだけで妊娠できるのなら苦労はしない!という声もごもっともなのですが、妊活にはセックスにも楽しみを感じられるほどの余裕が必要ではと感じます。

 

心身ともに余裕をもち排卵日検査薬や葉酸サプリメントなども上手に活用しながら、高齢出産を無事実現させるための妊活をしてもらえたらと思います。

 

日常生活を改めて見直す

 

妊娠を妨げになるもの、妊娠の切っ掛けになるものは、人によって違う面があると思います。
世間には、食生活の改善が妊娠に繋がったと感じている方もいれば、運動を心がけたことで妊娠しやすい身体になったと感じている人もいます。
たとえそれが明確には証明できないものであったとしても、誰にもその事実を否定することはできません。

 

 

妊娠にはどんなことが影響しているのか、化学的に説明しきれない一面が幾つもあります。
だからこそ今出来ることを全てやろう!...というのには無理があるかもしれませんが、毎日の生活の中でこれは正していった方がいいかもと感じることが何かあるのなら、それは是非実行すべきだろうと思います。
例えば、身体を冷やさないようをする、偏った食生活を改める、ウォーキングで運動不足を解消する...など、妊娠のためにいいとされる事柄を意識的に日常に取り入れることも大切でしょう。

 

 

また、頑張る一方で、ストイックになり過ぎてしまうことにも注意が必要です。
頑張り過ぎることで余計なストレスを溜めたり、肉体的にも疲れきってしまうことのないよう、全ては楽しみながら行っていけることが理想的なのだろうと思います。

 

 

ストイックになり過ぎが良くないのは、セックスも同様です。
妊娠のためにはセックスが必要で、そのタイミングをはかることは確かに重要なことです。
ですが、本来男女にとって大切な愛情表現ともなるセックスが、単に子供を作るためだけの行為となってしまうことは、心だけでなく身体にも望ましいことではないはず。
パートナーだって子供を求められるだけのセックスでは、少なからずやる気をなくしてしまうことがあるでしょう。

 

 

現に、男女が気持ち良くセックスをすることで妊娠しやすくなるという話があります。
体温が高まることでホルモンが分泌され生殖能力が高まるからなどの理由が挙げられていますが、そこに科学的根拠があってもなくても、互いに気持ち良くセックスをするということ自体、心にも身体にも生殖機能にも悪い影響となるはずがありません。
だからこそ恥ずかしい話でもなんでもなく、お互いにとってより気持ちのいいセックスのために工夫を凝らしてみるのも、きっと妊娠実現には効果的に響いていくはずです。

 

アイテムを味方につける

 

排卵検査薬は妊娠を望む上で有効的に使えるアイテムではありますが、必ずしも使わなければならないようなものでもありません。
こうしたアイテムに頼らずとも妊娠を実現できる方は存在しますし、あなたもそんな一人となれるのかもしれません。
自然に男女が求め合い新しい命が誕生できれば、それに越したことはないもの。
ですが、自分自身のタイミングを知らないでいるばかりに、折角のチャンスを逃してしまっている方が存在するのも事実です。

 

何度も言いますが、年齢によって妊娠や出産のリスクが高まることがあったとしても、その事実にばかり囚われる必要は断じてありません。
高齢出産にリスクがあるのならば、その壁をあなたなりのペースで乗り越えていけばいいだけのこと。
排卵検査薬や葉酸サプリメントといった商品は、そんなあなたの強い味方になるために存在しているアイテムのようなものです。

 

折角存在する味方なのですから、あなたが思い描く妊娠と出産をその手に掴みとるための工夫として、是非これらのアイテムを活かしてみてもらえたらと思います。

高齢出産のリスクの捉え方記事一覧

高齢出産のリスク高齢出産のリスクとして最も多く取り上げられることとして、ダウン症の子供が産まれてしまう確率が高まってしま...

二人目の妊娠は妊娠線ができやすいらしい妊娠線は、どうやら二人目を妊娠した時の方ができやすいのだそうです。私は今ちょうど二...