妊娠検査薬 フライング


ワンステップ・クリアブルー


フライング検査可能な妊娠検査薬を選びましょう

妊娠検査薬でフライング検査をするのであれば、フライング検査オーケーなものを選びましょう。

フライング検査オーケーの妊娠検査薬は早期妊娠検査薬と呼ばれ、生理予定日から検査可能と言われているものです。

早く妊娠しているかどうかが知りたいと、まだ正しい検査結果が出るかどうか分からないということは百も承知でもつい妊娠検査をしたいという衝動に駆られる方はたくさんいます。近くの薬局で妊娠検査薬を買って試してみようとする方もいるのではないでしょうか。

しかし、一般的な妊娠検査薬は生理予定日の一週間後から測定可能というふうに作られています。

気休めで検査をするにしても、一般の妊娠検査薬では生理予定日前には絶対に陽性にならないと考えて良いですから、結局気休めにもなりませんよね。

 

フライング用の妊娠検査薬があります

普通の薬局ではなかなか見かけないかもしれませんが、フライング検査をしたくなる方たち用に、早期妊娠検査薬というものがちゃんとあります。

これは生理予定日から検査可能で、生理予定日の一日前ならば例えば90%の正確さ、二日前であれば80%の正確さ、という感じで、比較的早く妊娠の可能性を知ることができます。

早期妊娠検査薬にはいくつかの銘柄がありますが、ネット上で購入するのが一番安上がりで手軽だと思います。

 

近くの薬局にもあるでしょう、と思ったら意外になかったりして、だからと言って早期妊娠検査薬ってありますか?って聞くのもなんとなく恥ずかしいような…。こんなことなら先にネットで検索して注文しておけば良かった、なんて思ってしまいます。

 

でも問題は、妊娠してるかも!検査してみたい!という衝動に駆られたその時にないと意味がないということですよね。ネット通販ではどうしてもタイムラグが発生してしまいますから、届いたときには生理予定日を過ぎてましたってことにもなりかねません。

 

妊活中の方は、フライング検査をしたくなる衝動に備えて、早期妊娠検査薬をあらかじめ持っておくと良いかもしれません。

 

早期妊娠検査薬の選び方

早期妊娠検査薬にも色々ありますが、当然のことながら、感度が良いものを選びたいですよね。
とは言っても、早期妊娠検査薬の感度にはメーカーによって違いがある訳ではありません。違いがあったとしても誤差レベルでしょう。

 

そもそも、どうして妊娠検査薬に妊娠の判断ができるかと言うと、着床すると上昇するhCGというホルモンに反応するからです。

一般的な妊娠検査薬の感度は50mlu/mlにならなければ反応しませんが、早期妊娠検査薬では25mlu/mlで反応します。つまり、より少ない分泌量のホルモンでも反応するように作られたのが、早期妊娠検査薬なのです。

 

もっと感度の高いものが良い?

 

どうして製品によって感度の差がないかと言うと、つまり25mlu/mlが最適かつギリギリの感度だと言うことでしょう。それより感度が良すぎるとみんな陽性ということになってしまいますし、だからと言って感度を下げると正確さがなくなってしまう。

だから早期妊娠検査薬の感度においては、製品によっての違いはさほどありません。

では何を基準に選ぶかと言うと、感度に違いはないのですから、安く購入できるものを選んだ方がベターなのではないでしょうか。そもそも、フライング検査をする目的は気休めだったり、せめて着床までは出来ているのかを知りたかったりということだと思います。

 

もちろん妊娠を期待しているのですが、フライング検査をしている本人だって、心の底ではあくまで目安という気持ちがあるのではないでしょうか。

 

それなのに、一本当たり500円や600円もする国内の早期妊娠検査薬はちょっともったいない。

 

ワンステップ妊娠検査薬が安い!

ワンステップ妊娠検査薬という海外の製品がおすすめなのですが、これならば同じ感度でも一本当たり116円で使えます。

 

販売サイトを見ると4日前から検査可能と書いてありますが、早期排卵検査薬であればどの製品でも感度の違いはないと考えて良いでしょう。つまり、早期妊娠検査薬として有名なチェックワンファストでも4日前から検査できないこともない。

 

ただしワンステップ妊娠検査薬では、生理予定日一日前ならば95%、2日前は90%、3日前は82%、4日前は53%という、比較的高い精度での結果がはっきり明示されていますから、結果をどれくらい信用して良いかが分かりやすくておすすめです。

 

早期妊娠検査薬は何回もチェックできるものが良い!

 

早期妊娠検査薬は、生理予定日前からでも、着床すればかすかに上昇するhCGに反応して、陽性かどうか知ることが出来ます。しかし、感度が良いということはそれだけ正確さも乏しいということです。

 

ホルモンの出方には人それぞれ個人差があるでしょうし、それぞれその日によってホルモンの量が違うことがあると言われれば、意識はできなくても納得できますよね。また、生理周期がぴったり安定しているのが当たり前ということもないでしょうし、実際は生理予定日一日目っていつ?と思う方の方が多いと思うのです。

 

そう考えると、いかにフライング検査用の妊娠検査薬だからと言っても、結果をそのまま鵜呑みにする訳にはいきません。

 

陽性だったにしても陰性だったにしても、嬉しくて何回も確認したくなるだろうし、たまたま今回陰性だっただけかもと結果を疑って何回も確認したくなると思います。

 

だからこそ、安いもので何回も検査できるものを選んだ方が良いでしょう。ワンステップ妊娠検査薬は50回分で5,800円というものもあります。何回も検査したくなっちゃうとか、生理予定日って実はよく分からないけどちゃんと確かめたいという方はこちらがおすすめ。

 

数より効率重視の方はこちら

 

早期妊娠検査薬の欠点としては、生理予定日を過ぎてからだとむしろ正確さは格段に低くなるということです。もちろん陽性は陽性、陰性は陰性だから使えないこともないのですが、一般的な妊娠検査可能期間で感度が高いものを使うということは、かえって結果に信用が置けないということになります。

 

せっかく妊娠検査可能という時期なのでしたら、一般的な妊娠していると言われる感度で検査したいですよね。

 

だから50回分もあっても余っちゃうかもしれないし、むしろ無駄使いな気がする、という方は、ワンステップ妊娠検査薬10本と、デジタル式の妊娠検査薬クリアブルーデジタル(一本)がセットになっている商品がおすすめ。

 

セットで2,400円というお手頃価格で、正確さで言えば断トツのコンボと言えるでしょう。

 

というのも、クリアブルーデジタルも生理予定日前から検査できるデジタル式妊娠検査薬であることに加え、もし妊娠していたら妊娠何週目なのかがデジタル表記で見られるのです。

正確さは99%を誇るようですから、ワンステップ妊娠検査薬で特に何も考えずにフライング。そして、これは期待してもいいかもしれないと思ったタイミングでクリアブルーデジタルを使って検査。

 

これで、安さに正確さを加えたフライング妊娠検査ができるのです。

 

最後に注意点!

 

ワンステップという商品には、ドクターズチョイスから同じように50回分の「排卵検査薬」も販売されています。

 

妊活中の方でしたら決して無駄になる訳ではないと思いますが、妊娠検査薬だと思ってクリックしたら排卵検査薬だったなんてことになってもおかしくありません。

 

商品は名前をよく確認してから注文するようにしましょうね。

 

 

早く知りたい妊娠の証!フライングで一番正確に妊娠を知る方法は?記事一覧

チェックワンファストとワンステップ妊娠検査薬フライング用の妊娠検査薬の精度というのは、メーカーによって大きな違いはありま...

クリアブルー妊娠検査薬で妊娠検査妊娠しているかどうかどうかを判断しやすいのが生理になります。生理が来ていない場合には、妊...

ドゥーテスト妊娠検査薬を使うタイミングドゥーテストは、人気の妊娠検査薬です。では、妊娠検査薬を使用するのはどんな時なので...

高齢出産と流産高齢出産というのは、無事に生まれる前に流産をしてしまうリスクが高くなります。20代や30代前半の人の妊娠に...

出産手当金と育児休暇育児休暇というのは働いている女性、男性を対象にして育児の時間をつくるために取得することができる休暇の...

妊娠線予防には専用クリーム?妊娠線を作らないためにクリームを使用することもありますが、専用のクリームを使用すべきなのでし...