年齢を理由にしない妊娠と出産


ワンステップ・クリアブルー


リスクは年齢で決め付けられない

年々子供を産む女性の平均年齢は上がってきていると言われていますが、そもそも高齢出産とは一体何歳からを指すものなのでしょうか。
一般的に35際以上で初産の場合に高齢出産と呼ばれるようですが、では34歳であればギリギリセーフ、30歳であればまだ余裕がある...といったことに果たしてなるものでしょうか。

 

きっと高齢出産となる年齢は人ぞれぞれ違っていて、簡単に何歳からと断定できるものではないもののように思えます。

 

女性が保有する卵細胞の数には限りがあり、元々持っているもの以上にその数が増えるようなことはないという現実があります。
だからこそ女性には男性にはないタイムリミットがあると言われ、そのリスクは確かに年齢を重ねれば重ねる程に上がる傾向にあります。
ですが、人の年齢というものは、単に実年齢だけで全てを決め付けることはできません。

 

同じ30歳であっても年齢相応に見える方もいれば、うんと若くまたは年配に見られる方もいます。
もちろんその見方自体にも個人差は生じるものですが、それだけ年齢というのものにはあてにできない一面があるのです。
また、見た目だけでなく体力や経験など、同じ年齢であっても個性にも違いは現れるもの。
それなのに、出産に関してだけは一律に『35歳以上初産はハイリスク』と決め付けられるのは、どうにもおかしなことではないでしょうか。

 

 

確かに出産に関することは、気持ちだけでどうにかなるものでもありません。
人より体力には自信があっても人より若く見られていたとしても、限りある卵細胞を増やすことはできませんし、年齢が高くなれば出産のリスクも高くなるという現実には変わりありません。

 

ただ出産は、単に若ければそれでいいのかと言えば、そんなことも全くないもの。
子供を育てていく上で若い方には若い方なりのリスクがありますし、人よりも年齢が上だからこそ得られるメリットだって幾つも存在するものです。

 

高齢出産と耳にするとリスクばかりが付きまとうかのように思えてきますが、子供を産み、育てるということ自体は、本来年齢に左右されるようなものではないはずなのです。

 

 

年齢を気にするばかりに自信をなくし、自らコンディションを落としてしまうようになっては元も子もないこと。
年齢を気にする暇があるのなら、自分自身の体を見つめ直すことに力を注ぐようにしてみる。
ここではそんな力を注ぐためのヒントについて、幾つかご紹介していきたいと思います。

 

自分を肯定することから始める

あなたが一般的に高齢出産と呼ばれる年齢になり、もし妊娠しにくい状況に悩むことがあったとしても、決して今までの自分や過去を悔やんだり責めるようなことはしないでもらえたらと思います。

 

あなたがその年齢まで妊娠を考えることがなかったのは、あなた自身の人生の選択が間違っていたからではありません。
単にそのタイミングが訪れなかった、ただそれだけのことです。

 

 

思うようには妊娠できない状況になれば、誰だって不安を抱えます。
そんな時、もう少し若ければ...若い内に妊娠していれば...と、今考えてもどうしようもないことに悩んでしまうこともきっとあるでしょう。

 

ですが、そんな過去に悩んでいたところで、今の自分を変えられることはありません。
たとえ悔しくても、今は前に進むしかない!と、自分の気持ちを切り替えていかなければ、妊娠への道のりも遠のいていくばかりです。

 

 

また時には、妊娠できないのはパートナーのせいと感じられることもあるでしょう。
事実セックスレスが不妊の原因となっているケースもあります。

 

でもそうでない場合には、妊娠できない理由は男女問わず平等に抱えているもののはずです。
あなたがもし、自分だけが孤独に頑張っているように感じるのであれば、その想いを素直にパートナーに打ち明けることも必要になるはず。

 

パートナーは、単に忙しくてあなたの想いに気付けていないだけかもしれません。
また何か感じとってはいても、あなたに聞くタイミングをはかれずににいるだけかもしれません。
妊娠は、男女ともにあってこそ実現できるものです。

 

まずはあなた自身が自分の立場を肯定し、そんな自分自身をパートナーにも受け入れてもらい、またあなた自身もパートナーの考えや立場を受け入れながら、互いに協力し合える妊活にしていきましょう。

 

 

現代の日本において、高齢出産を経験したお母さんは数えきれない程に存在します。
それだけ多くの女性が現実を受け入れ、様々なリスクと立ち向かいながら、我が子をその手に抱ける喜びを勝ち得ているのです。
この事実は、なかなか妊娠できない状況に立っているあなたに、きっと力を与えてくれると思います。

 

もちろんその中には、妊娠を実現できず、思い悩んでいる方達も大勢存在します。
ただこの事実を逆に捉えれば、それだけ多くの女性が自分自身と向き合いながら、妊娠するための努力を続けているということ。

 

つまり、あなたがたとえ高齢出産に当たる年齢になっていたとしても、妊娠を望むことは特別でもなんでもなく、極々一般的な価値観になってきているということを忘れずにいてもらえたらと思います。

 

 

大袈裟でもなんでもなく、妊娠も出産も命をかけた行為です。
だからこそあなたに必要なことは、自分自分の身体と心を健康に保つことであり、過去の自分を悔やんだり、リスクにばかり目を向けて不安を抱え過ぎることではありません。
十月十日胎内で子供を育てる体力や安定した精神を維持するために、今できることを前向きに継続的に実践していってください。

 

もちろん、無理に頑張る必要はありません。
あなたやパートナーのペースを大切にしながら、心身ともに健康な状態で妊娠に備えていきましょう。

 

排卵検査薬を役立てる

妊娠を望む方にとって強い味方となるのが、排卵検査薬です。
排卵検査薬とは、その名の通り排卵をチェックするためのアイテムで、自分で排卵日の特定をする際の手助けとなってくれるもの。
つまりは、セックスのタイミングをはかる上で大変役立つアイテムとなっています。

 

 

女性が用いるアイテムとして基礎体温計や妊娠検査薬の存在は知っていても、排卵検査薬なんて聞いたことがないという方も多いものです。
身近な薬局やドラッグストアなどでも目に見える場所に陳列されていることはないので、その存在を知らないこと自体に不思議はありません。

 

 

排卵検査薬は、排卵前に上昇するという黄体ホルモンを察知できるアイテムですので、使用すれば排卵の前々日から前日を特定できるようになります。
毎月正常に排卵しているかどうかについてはもちろんのこと、ホルモンバランスに乱れが生じた場合にもその可能性に自分で気付けるようになりますので、女性にとっては健康管理アイテムになるとも言えます。

 

 

あなたが既に病院での治療や医師への相談を行っているなどして、子宮や卵巣の様子や排卵期について診てもらっているというのであれば、排卵検査薬は必ずしも必要なアイテムではないでしょう。
しかし、病院に行って改めて検診する決心がつかない、病院に通うための時間やお金に余裕がないといった方には、排卵検査薬はとても使えるアイテムとなってくれるはずです。
また通院している方であっても、頻繁に病院で卵胞検査をするのは面倒、もっと自分の好きなタイミングで検査をして妊娠に備えたいといったことであれば、排卵検査薬を備えておくことをお勧めします。

 

排卵検査薬を通販で購入したほうがいいとおすすめしたい理由

 

排卵検査薬は国内では病院または調剤薬局で使用方法を説明の上、住所と氏名、電話番号を記入して購入する事が可能です。

 

妊娠検査薬と異なり、薬剤師が不在の調剤薬局でない「ドラッグストア」などでは購入が不可能です。

 

排卵検査薬を購入するにあたり、国内にいても通販で購入するという方法もあります。

 

海外製の輸入代行業者や直接海外のサイトにアクセスして購入するという方法です。

 

排卵検査薬を通販で購入するメリットとは、排卵検査薬を購入するにあたって、お店のスタッフや薬剤師さんなど誰かに知られたくない人にはおすすめです。1回で妊娠に至れば良いのですが、何度も繰り返し購入となると顔を覚えられていないか不安になったり恥ずかしい気持ちが多少なりあります。

 

通販の場合には購入者の顔が見えないという点では気軽に購入できるでしょう。

 

また、海外製を扱っているのでとにかく1本あたりの値段が安い為、大量に購入しても数千円程度な点は惜しみなく利用出来る点で魅力的でしょう。海外製でも日本語版の説明書がついているので使い方も解ります。排卵検査薬の専用サイトでの購入の場合には掲示板や質問箱などSNSも豊富である事も多く、妊娠にまつわる情報が得られるという点でもおすすめです。

年齢を理由にしない妊娠と出産のために排卵検査薬を活用しよう!記事一覧

妊活を始めるタイミング妊活方法というのは妊活を始めるタイミングによって方法をよく考えないといけません。というのも、40代...

病院に駆け込んでから不妊治療30代の女性は、妊娠に対して悠長に構えていると病院に駆け込んでから治療しても、もう間に合わな...

妊活では睡眠や食生活妊活を始めようと思う時期は人によって様々です。周りの出産ラッシュによって焦りを感じたり、親から急かさ...

出産手当金って大きい出産手当金って大きいですよね。でも、出産手当金だけで子供って産めないです!よほど高給取りの人だったら...

専業主婦はもらえない出産手当金専業主婦って、本当にお金持ちの家で専業主婦になるんだったら最高ですが、貧乏な家で専業主婦を...

出産育児一時金の直接支払制度妊婦中はよく出産経験のある友達と遊ぶ機会が多くて、その時に出産育児一時金についてよく話を聞き...

不妊治療はハードルが高いけど妊活アプリなら気軽!子供ができないと、俄然焦りだすのは、女性の方だと思いませんか?「最近は4...

妊娠線予防の方法妊娠線予防の方法としては、妊娠線対策のクリームかオイルを使っている人がほとんどみたい。クリームとオイルっ...

妊娠線予防はお腹のみ?妊娠線予防って、お腹だけで大丈夫だと思ったりしてない?実は、私、妊娠線はお腹にできるだけだと思って...

妊娠線予防のFor Fam東尾理子さんのブログを読んでいたら、東尾理子さんは、妊娠線予防に、For Fam という商品を...

妊娠線は自然には消えないみたいです私の母はお腹と太ももに妊娠線があります。てっきり加齢と共に次第に消えていくものだと思っ...