排卵検査 確率


ワンステップ・クリアブルー


排卵検査薬で妊娠できる確率は意外と… 

 

排卵検査薬を使えば、計画的かつ簡単に妊娠できる。

 

そんな宣伝文句を、排卵検査薬の通販サイトを覗くとよく見かけますが、実際のところ、それはどこまで本当なのでしょうか?

 

闇雲に性交渉を行うのに比べたら断然良いとは思いますが、具体的な数字はどの宣伝ホームページも明記されていません。

 

 

そこで、詳しく調べてみたところ、排卵検査薬で妊娠できる確率は、15〜30パーセントと分かりました。

 

なんだか、期待していたよりは少ない数字のように思えます。せめて50パーセントくらいはあって欲しかったので。

 

しかし、それは排卵検査薬での妊娠確率の数字だけ見ているから感じるだけだそうです。

 

 

 

詳しく言うと、30代前半までの健康な男女が避妊をせずに性交渉を行った場合ですら、妊娠確率は25〜30パーセントが精々みたいです。

 

そして、30代後半になると、18パーセントまでガクっと下がり、40代に突入しようものなら5パーセントという驚異の数字でした。

 

確かに、それに比べると、排卵検査薬を使った場合の方が、妊娠できる確率は高いんですね。

 

そのため、排卵検査薬にあまり過度な期待はすべきではありませんが、確実に妊娠成功率は上げられるため、使うに越したことはないそうです。

 

 

オムロンなどの日本の排卵検査薬は損なのか?

 

オムロンのような日本製の排卵検査薬は高いと言われていますが、病院でタイミング指導を受ける方が、もっと高い!

 

最初は自分でタイミング法をするのが不安だったので、病院に通ってタイミング指導を受けていました。

 

いつも生理周期が安定している友達は毎月5000円くらいで済んでいたけど。

 

生理周期が不安定な私は、1万円くらいかかる月もあり、「これは1年ですごい額になる!」と思い、早々に挫折してしまったことがあります。

 

最初に病院で基礎体温を付け方とか、排卵検査薬の使い方をちゃんと教えてもらえたのは良かったと思いますけどね。

 

ただ、それ以外の部分では、別に自分でオムロンの排卵検査薬などを購入して、タイミング法を試しても、あまり変わらないような気も・・・。

 

病院に通って、1万円もかけてもタイミング法が失敗する時は失敗しますし。

 

オムロンなどの日本製の排卵検査薬が高いとは言われていますが、それでも2箱くらい購入しても、たかが3千円〜5千円くらいですもんね。

 

病院でタイミング法を指導してもらうことを考えれば、オムロンの排卵検査薬で自分で妊活したほうが、やっぱり断然安いです!

 

保険が利かない検査などもありますので、地味に痛い出費が続きます。