排卵検査薬 感度


ワンステップ・クリアブルー


排卵検査薬の感度は体質との相性がある

 

排卵検査薬との相性って感じたことありますか?
私の妊活している友達は、「絶対に相性がある」と言います。
友達曰く、やはり排卵検査薬の感度がそれぞれ違うので、何か月も排卵検査薬でトライしているけど。
なかなか子供が出来ない人の場合、それは排卵検査薬との相性が悪い可能性があるので、違うメーカーの排卵検査薬を購入してみる方が良いそうです。

 

排卵検査薬が役に立たないのではなく、やはり排卵検査薬によってLHホルモンへの感度が違うため、人によってはその排卵検査薬のタイミングでは子作りが合わない人もいます。
通常、排卵検査薬の陽性反応が出ると、排卵が36時間以内に行われるといいますが。

 

やはりその反応が2日前に出るのか、1日前に出るのか、排卵日当日に起きているのかによって、事情が変わってきます。
特に産み分けを希望している人の場合、排卵日当日かどうかっていうのは、大きなポイントになってきます。

 

女の子の産み分けを希望している人の場合、やはり2日前くらいに子作りをしないと、産み分けが難しいと言われています。
産み分けはやっぱり大事な作業ですので、しっかり基礎体温をつけて、排卵日をある程度正確に読める状態にしておくことも大事になってきますね。

 

 

排卵検査薬は使用前に生理周期を安定させよう!

 

妊活って、排卵検査薬の感度うんぬんよりも、生理周期が安定しているかどうかっていうのが、一番重要だと思う今日この頃。
長年生理周期が不安定な自分は、感度が良いと言われている排卵検査薬を使っても、毎回何本も失敗しますから。

 

逆に感度は日本の排卵検査薬よりも劣ると言われている海外の排卵検査薬を使っている友達なんかは、生理周期がぴったり安定しているので排卵検査薬を使ったら一回で出来ましたからね。
やっぱり、生理周期が安定している人の方が、タイミング療法は絶対に有利だと思います。
生理周期が不安定な人は、タイミング療法があんまり向いていない可能性があります。

 

自分の生理周期すら読めないと、なかなか排卵検査薬だけに頼ることも難しいのです。
やはり基礎体温である程度排卵日をしっかり読めていないと、無駄な排卵検査薬がどんどんと増えるだけです。

 

使い慣れてくれば、失敗も少なくなるけど、やっぱりもともとの生理周期がずれると、毎回ある程度の失敗は覚悟しないといけなくなってしまいます。
そういう人は、感度の良い排卵検査薬を使うとか以前に、まずは生理周期を安定させることを考えた方が良いです。
体質改善して、ちゃんとタイミングを併せられるようにしましょう。

 

 

排卵検査薬の感度の違い

 

日本の排卵検査薬と海外の排卵検査薬ではどっちが感度良いとか、違いがあるのでしょうか?
いつも薄っすらした陽性の線しか出ないので、すごく心配になってしまいます。
やはり感度が良い方が排卵検査薬を使っていて、安心感がありますね。

 

ただ、色々な妊活者のブログを見ていると、海外の排卵検査薬も普通に使っている人が多いので、それほどの差はないのかなって思いました。
やはり最後は好みになっちゃいますよね。
私なんかは、デジタル表示の排卵検査薬が好きなんですが。

 

やっぱりデジタル表示の排卵検査薬はすごく高くて、あんまり何本も試せないから、結局は仕方なく海外の排卵検査薬を使うようになっています。
もっとデジタル表示の排卵検査薬が安くなったら、日本の排卵検査薬も使いたいんですけどね。

 

海外の排卵検査薬のように、お手軽価格になるのにはやっぱり無理なのかなって思いました。
それこそ、PBで大容量のパック売りとかしてほしいですね。

 

海外の排卵検査薬みたいに、手軽になれば、もっと排卵検査薬を購入したいっていう人は増えていると思います。
今の日本の排卵検査薬は、価格が高すぎて実用性があんまりないと思ってしまいます。
価格もやっぱり、大事なポイントですからね。