排卵検査薬 ワンステップ


ワンステップ・クリアブルー


排卵検査薬をたくさん使いたいならワンステップ!

 

日本製の排卵検査薬は、1箱に1月分しか入っていません。具体的には、5〜7本ですね。

 

そのため、排卵検査薬を使い始めるタイミングは、ちゃんと考えなければいけません。

 

じゃないと、くっきりとした濃い陽性が出る前に、排卵検査薬が無くなってしまった、ということにもなりかねませんから。

 

しかし、そうしたタイミングをはかるには、自分の生理周期等を把握しておかなければいけません。

 

つまり、生理があまり安定していない人だと、中々適切な性交渉のタイミングを予測できないんです。

 

となると、毎日のように排卵検査薬を使うのが理想ですが、日本製のものだとそれはちょっと難しいと言えます。

 

そこで、排卵検査薬をたくさん使いたいなら、安くて何十本単位で販売されている、海外製の排卵検査薬を選ぶのが良いみたいです。

 

中でも人気なのは、ワンステップ。なぜなら、ワンステップなら50本単位から買えて、1本につき80円程度しかしないため、コストパフォーマンスが最高だからです。

 

また、製造地がアメリカでちゃんと承認も受けているため、品質に関しても問題無いみたいです。

 

そのため、生理が中々安定していない人は、ワンステップを使って毎日検査するのが確実とのことでした。

 

排卵検査薬ならワンステップ!

 

手軽に妊娠しやすい性交渉のタイミングを図れるということで、日本でも最近需要が伸びている、排卵検査薬。中でも有名なものとしては、ロート製薬から販売されているドゥーテストが挙げられます。

 

しかし、排卵検査薬は、お世辞にも安いとは言えません。一番お手頃価格と言われているドゥーテストですら、1回分につき400円くらいしますから。

 

しかし、そうして値段が高いのは、日本製の排卵検査薬だけで、海外製のものはもっと安く買えるみたいです。

 

中でも良いと言われているのが、ワンステップ。アメリカで製造された排卵検査薬で、1回分につき80円程度しかしないそうです。確かに、これは日本製の排卵検査薬とは比べものにならない程安いですね。

 

ただ、そこまで安いとなると、今度は品質の方が心配になります。普通の薬みたいに、排卵検査薬は直接飲んだり塗ったりするものではありませんが、安かろう悪かろうでは困りますから。

 

しかし、ワンステップはその点も心配無いとのことでした。なぜなら、アメリカではちゃんと厚生労働省のような機関から承認されているからです。

 

また、海外製ということで、購入するには個人輸入を介すという手間はありますが、最近では個人輸入代行サイトも充実していて、実質通販をするのとあまり変わらないとのことでした。

 

ワンステップ排卵検査薬はいつから排卵を予測できるの?

 

ワンステップ排卵検査薬は、機能が高いということで有名だそうです。そう聞いて、最初は、尿をかけたら全部機械で処理して結果を電子画面に表示してくれる、デジタル式の排卵検査薬なのかとも思ったのですが、ワンステップは、目で判定マークの濃さ見て自分で判断するという、よくある普通のアナログ式のものでした。

 

では、どういった点で高機能と言われているのかと言うと…排卵を予測してくれるタイミングです。具体的には、排卵の48時間前から陽性を示してくれるため、24〜36時間前にならないとそうならない他一般の排卵検査薬に比べて、時間的余裕が持てるのだとか。

 

確かに、48時間前なら、排卵の24時間前という性交渉のベストタイミングまで、まだ24時間猶予があるということですから、バタバタせずに済みそうですね。しかし、他の排卵検査薬よりも早く、このように陽性を示してくれるとなると、その分お値段の方も高いのではないでしょうか?

 

個人的にはその点が心配だったのですが、ワンステップ排卵検査薬は安いことでも有名で、1回分につきたった80円ちょっとしかしないそうです。となると、ワンステップは、排卵予測機能が高いにもかかわらず値段が安い、正に至れり尽くせりな排卵検査薬なんですね。

 

 

ワンステップ排卵検査薬の薄い線だとまだ早い!?

 

排卵検査薬は、くっきりした陽性を待たず、まだ薄い陽性の内から性交渉に入るのが無難と言われているそうです。なぜなら、妊娠しやすい性交渉のベストタイミングは、排卵の24時間前と言われていますが、実際は48時間前の段階から妊娠する可能性があるからです。

 

確かに、女の子を産み分けたい場合、排卵の1日前と2日前に性交渉をした方が良いと言われていますからね。しかし、ワンステップ排卵検査薬に限っては、それは通じないそうです。つまり、薄い陽性の線が出たところで性交渉をしても、タイミング的にはちょっと早いんです。

 

なぜなら、ワンステップ排卵検査薬がくっきりした陽性の線を出すのは、排卵の48時間前だからです。大抵の排卵検査薬は、排卵の24〜36時間前にならないと、濃い陽性を示さないと言いますが、ワンステップ排卵検査薬はそれよりも早いんですね。

 

そのため、ワンステップ排卵検査薬でタイミング法を実践する場合は、ちゃんと濃い陽性の線が出るまで待った方が良いみたいです。ただし、ワンステップ排卵検査薬の感度は、標準よりも高めに作られている関係上、体質によっては濃い陽性が出続ける場合もあるため、その点に関しては注意すべきとのことでした。

 

 

ワンステップ排卵検査薬で陽性反応が薄い時は?

  

排卵検査薬がくっきりとした陽性反応を示すのは、排卵の24〜36時間前となっています。その一方で、一番妊娠しやすい性交渉のタイミングは、排卵の24時間前と言われています。よく、排卵のタイミングで性交渉もすれば良いと思いがちですが、卵子は受精機能維持時間が短い関係上、精子が予め体内で待ち構えている必要があるため、そうした計算になるみたいです。

 

そのため、排卵検査薬を使ってタイミング法を実践する場合は、まだ陽性反応が薄い段階から、性交渉に入るのが無難みたいです。しかし、全部の排卵検査薬がそうとは限らないそうです。なんでも、日本製の排卵検査薬はそれで大丈夫なのですが、アメリカ製のワンステップ排卵検査薬などは少し違うのだとか。

 

詳しく言うと、ワンステップ排卵検査薬は、他の排卵検査薬と違い機能が高く、排卵の48時間前の段階からくっきりとした陽性を示してくれるそうです。つまり、ワンステップ排卵検査薬で薄い陽性が出た段階では、まだ排卵まで大分時間があるため、そこで性交渉に及んでも早過ぎるんですね。

 

そのため、ワンステップ排卵検査薬を使う場合は、薄い陽性反応の時はまだ待って、ちゃんとくっきりとした濃い陽性反応が出てから、性交渉に及ぶべきとのことでした。

 

 

ワンステップ排卵検査薬で薄くても陽性なら性交渉すべき?

 

女性の体は、排卵日に一番妊娠しやすくなっています。となると、性交渉も排卵日に合わせて行えば良いのでは、と思えそうですが、実は違うみたいです。では、性交渉のタイミングは一体どこなのかと言うと…排卵日の前日がベストみたいです。これは意外でした。

 

しかし、これにもちゃんとした理由があります。具体的には、卵子は排出されてから、7〜8時間しか受精機能を有さず、排卵に合わせて精子が入ってきたのではもう遅い関係上、排卵の24時間前に性交渉をすることで、予め体内で精子が卵子を待ち受けている形にしなければいけないそうです。

 

そのため、排卵検査薬を使う際も、くっきりとした濃い陽性まで待たず、薄い陽性の段階から性交渉に入るべきと言われています。しかし、一部ですが、そうした使い方が相応しくない排卵検査薬もあります。その中でも有名どころとしては、アメリカで製造されている、ワンステップ排卵検査薬が挙げられます。

 

詳しく言うと、ワンステップ排卵検査薬が濃い陽性を示すのは、排卵の48時間前と他の排卵検査薬よりも早めとなっているため、薄い陽性の段階だとまだ排卵までかなり時間があるのだとか。そのため、ワンステップ排卵検査薬の場合は、ちゃんと濃い陽性が出るまで、性交渉は待った方が良いみたいです。

 

 

 

ワンステップ排卵検査薬で陽性が出るのは何時?   

 

 

排卵検査薬を使ったタイミング法を実践する人が、最近では多いと聞きます。確かに、これなら産婦人科に頼らず、当事者夫婦だけで妊活をできますからね。それに、排卵検査薬なら尿をかけるだけで排卵を予測できますから、基礎体温を長期間つけ続けなければいけないオギノ式よりも、断然簡単ですし。

 

しかし、排卵検査薬を使ったタイミング法には、簡単な反面、時間的余裕が無いという難点もよく付き纏います。詳しく言うと、妊娠しやすい性交渉のベストタイミングは、排卵の24時間前と言われているのですが、大抵の排卵検査薬が陽性を示すのは、排卵の24〜36時間前となっているんです。

 

つまり、排卵検査薬で陽性が出たら、実質すぐ性交渉に入るしかないんです。確かに、これは色々とバタバタしそうですし、最悪の場合、夫婦の時間が合わずタイミングをとれないということにもなりかねません。そこで、最近よく日本でも推奨されているのが、ワンステップ排卵検査薬だそうです。

 

なぜなら、これは他の排卵検査薬と違って、排卵の48時間前に陽性を示してくれるからです。となると、陽性が出てから性交渉まで24時間の猶予が与えられる訳ですから、バタバタせずに済みそうですね。そのため、時間的余裕を重視するなら、このワンステップ排卵検査薬が1番とのことでした。

 

 

妊娠したいならワンステップ排卵検査薬!

 

真剣に妊娠したいと考えているものの、仕事などの都合で産婦人科に行く時間が無い。そうした人には、排卵検査薬が推奨されるそうです。具体的には、排卵検査薬で排卵日を予測し、妊娠しやすい性交渉のタイミングをはかることで、自然と妊娠に至ることのできる可能性を上げるんですね。

 

しかし、妊娠のための性交渉のベストタイミングは、排卵の24時間前。できれば48時間前から、集中的に行うと良いと言われています。一方、排卵検査薬が排卵を予知して陽性を示してくれるのは、排卵の24〜36時間前となっています。つまり、時間的余裕が全然無いんです。

 

ただ、海外製の排卵検査薬の中には、もう少し早めに陽性を出してくれるものもあります。中でも有名なのは、ワンステップというアメリカ製の排卵検査薬です。なんでも、これなら、排卵の48時間前から陽性を示してくれるため、性交渉のベストタイミングまで、24時間の猶予があるのだとか。

 

確かに、これなら他の排卵検査薬と違って、まだバタバタせずに済みそうですね。そのため、確実に妊娠しやすい性交渉のタイミングをはかりたい場合は、海外製ということのせいで個人輸入を介す手間はありますが、ワンステップ排卵検査薬にした方が良いみたいです。

 

 

 

ワンステップ排卵検査薬でずっと陽性だった!?

 

ワンステップ排卵検査薬は、1回分につき80円ちょっとと、海外製排卵検査薬の中でもずば抜けて安いそうです。加えて、排卵の48時間前から陽性反応を示すことから、他の排卵検査薬よりも時間的余裕があるという理由でも、高い人気を集めているのだとか。確かに、これならわざわざ個人輸入を使ってでも欲しいです。

 

しかし、ワンステップ排卵検査薬の口コミから見るに、どうにも上手くいっている人ばかりではないみたいなんです。具体的には、せっかくワンステップ排卵検査薬を使ったのに、ずっと陽性しか出なくて適切なタイミングがはかれなかった、という声が一定数あるんです。

 

そこで、そうしたトラブルの原因を調べてみたところ、黄体ホルモン検出機能である、感度の問題だということが分かりました。なんでも、ワンステップ排卵検査薬の感度は、20 IU/Lと標準よりも高めに設定されている関係上、体質的に少しでも黄体ホルモンの分泌量が多いと、まだ排卵まで48時間以上ある段階でも陽性となってしまうのだとか。

 

となると、こればかりは体質が全てですから、どうにもしようがありませんね。このように、ワンステップ排卵検査薬でずっと陽性だった場合は、残念ながら感度が一段低い排卵検査薬に切り替えるしかないそうです。

 

 

女の子の産み分けにはワンステップ排卵検査薬!

 

性交渉のタイミングによって、ある程度生まれてくる子供の性別はコントロールできます。これを、産み分けと言うそうです。性交渉のタイミングを考えるだけで良いなら、産婦人科に指導を受けなくても、当事者夫婦だけでできますから、簡単で良さそうな気がしますね。

 

しかし、実際はそう簡単に行えるものではないみたいです。なぜなら、その性交渉のタイミングをはかるのが難しいからです。具体的には、排卵の1〜2日前に性交渉を集中的に行った場合は女の子が、排卵当日と翌日に行った場合は男の子が生まれやすくなる関係上、まずは排卵日を特定しないことには始まらないのだとか。

 

ただし、排卵日を特定するための手段として有名な排卵検査薬だと、排卵の24〜36時間前にならないと陽性を示さないため、女の子の産み分けにはちょっと不都合みたいです。しかし、海外製の排卵検査薬の中には、もう少し早く排卵を予測してくれるものもあります。それは、ワンステップ。

 

ワンステップは、アメリカで製造されている排卵検査薬なのですが、これだと48時間前から陽性を示してくれるそうです。そのため、女の子の産み分けを実践したい場合は、多少面倒ですが個人輸入でワンステップ排卵検査薬を購入して使ってみると良いみたいです。

 

 

女の子が欲しいならワンステップ排卵検査薬!

 

産み分け、というのを実践している夫婦が、最近日本でも増えているそうです。具体的には、性交渉のタイミングを調整することで、どちらか一方の性別の子供を生まれやすくするんです。こういうのって、産婦人科で専門的な指導を受けないとできないイメージだったので、当事者夫婦だけでできるとは意外でした。

 

では、性交渉のタイミングを調整するとは、どういうことなのでしょうか?調べたところ、排卵の1〜2日前に性交渉をした場合は女の子が、排卵当日から翌日の場合は男の子が生まれやすくなるため、そこに合わせて性交渉のタイミングをとると分かりました。

 

となると、難易度的には男の子よりも女の子を望む場合の方が高いと思います。大抵の排卵検査薬は、排卵の24時間前くらいで漸くくっきりとした陽性を示してくれると言いますから。しかし、中にはワンステップのように、2日前から陽性を示して排卵を教えてくれるものもあります。

 

ただし、ワンステップ排卵検査薬自体はアメリカ製である関係上、購入する際は個人輸入を使うしか無いそうです。それでも、基礎体温から排卵日を割り出すオギノ式に頼るよりも、断然かつ確実なため、女の子を望んでワンステップ排卵検査薬を使用する夫婦は、日本でも多いとのことでした。

 

 

ワンステップ排卵検査薬の薄い陽性はまだ早い!?

 

排卵検査薬は大抵、排卵の24〜36時間前に、くっきりとした陽性を示すと言います。しかし、運良く濃い陽性が出るまでの黄体ホルモン分泌量に達したタイミングと、検査のタイミングが合うということは、まずありえません。そのため、濃い陽性が出た時には排卵までの時間的猶予が十分じゃないことも多いそうです。

 

そういうこともあり、排卵検査薬で薄い陽性が出た段階から、性交渉に入るのが無難みたいです。確かに、夫婦で予定を合わせるのはちょっと大変ですが、これならタイミングを逃すことはありませんからね。しかし、中にはこういった形で使わない方が良い排卵検査薬もあります。

 

例えば、ワンステップ排卵検査薬。これは、アメリカで製造されている排卵検査薬なのですが、1回分につき80円弱ととてもお手頃価格で、品質についても折り紙つきなため、日本でも高い人気を集めています。では、なぜこれだと薄い陽性段階で性交渉に及ばない方が良いのかと言うと…濃い陽性を示すタイミングが早いからです。

 

具体的には、他排卵検査薬と異なり、排卵の48時間前に濃い陽性を示してくれるそうです。そのため、薄い陽性の段階ではまだ大分排卵まで時間が残されているため、濃い陽性になるまで待ってから性交渉に入ると良いみたいです。

 

 

 

ワンステップ排卵検査薬の見方は簡単!

 

排卵検査薬は、大抵のものがアナログ式となっています。具体的には、尿をかけて浮かび上がった判定ラインやマークの濃さを、自分の目で見て判断するんですね。そのため、使い慣れない最初の内は、その判断にちょっと苦戦しまって、適切な性交渉のタイミングをとれない場合も多いみたいです。

 

そうかと言って、全部機械で処理して電子画面に結果を表示してくれる、デジタル式の排卵検査薬は、その分お値段が高くなっているので、経済的負担を抑えたい場合は不都合です。そこで、アナログ式だけど見方が簡単な排卵検査薬を探してみたところ…ワンステップという、アメリカ製の排卵検査薬がヒットしました。

 

なぜ、これだと判定ラインの見方が簡単なのかと言うと…そのラインが浮かび上がる横の部分に、テストラインと言って、排卵までの時間の起算点となる陽性ラインの見本も浮かぶようになっているからです。つまり、尿をかけて浮かび上がった判定ラインと、このテストラインを見比べれば、初心者でも簡単に判別できるんですね。

 

そのため、ワンステップ排卵検査薬は、1回分につき80円ちょっとという値段の安さに目が行きがちですが、見方が簡単という使いやすさでも、人気を集めているそうです。

 

 

 

ブログで話題のワンステップ排卵検査薬とは?

 

 

排卵検査薬を使って、妊活や不妊治療を行っている人のブログが、ネットを調べると意外とたくさんヒットします。こういうのを見ると、頑張っているのは自分だけじゃないんだ、という感じで勇気づけられますよね。それに、排卵検査薬は使い慣れるまで色々と難しいと言いますから、こうしたブログがあれば参考にもなりますし。

 

そこで、せっかくなのでそうしたブログで評判の良いものを調べてみたところ…アメリカで製造されている、ワンステップ排卵検査薬がよく挙げられていました。日本製ではなく、海外製の排卵検査薬だったのが、ちょっと意外でした。なぜ高品質と謳われる日本製のものを差し置いて、このワンステップ排卵検査薬が良いのでしょうか?

 

なんでも、他の排卵検査薬よりも早い段階で、排卵までの時間計算の起算点となる濃い陽性を示してくれるから、というのが大きいみたいです。具体的には、大抵の排卵検査薬は、排卵の24時間前にならないと、くっきりした陽性を示しませんが、ワンステップだと48時間も前からそれが可能なのだとか。

 

また、そうした高い性能を有するにもかかわらず、単価が80円弱という安さも魅力の1つみたいです。確かに、これなら日本製の排卵検査薬よりもワンステップを買いたいという気持ちになりそうですね。

 

 

日本にワンステップ排卵検査薬の販売店が無い!?

 

 

ワンステップ排卵検査薬を愛用している日本人は多いと聞きます。なんでも、単価が80円ちょっとしかしないにもかかわらず、48時間も前から排卵を予測して、くっきりとした陽性を示してくれるのだとか。安い上に性能が高いなんて、正に至れり尽くせりですね。日本で人気が高いのも頷けます。

 

しかし、残念なことに、日本にワンステップ排卵検査薬を取り扱う販売店は無いそうです。つまり、調剤薬局に行った所で、ワンステップ排卵検査薬を購入することができないんです。なぜなら、日本ではなくアメリカで製造されている、海外製の排卵検査薬だからです。

 

では、どうすれば入手できるのかと言うと…個人輸入に限られるそうです。とは言っても、最近では個人輸入代行サイトも充実しているため、実質はよくあるネット通販と同じ要領で、簡単に購入できるみたいですが。それでも、調剤薬局で買うのに比べたら、手間には手間ですよね。

 

それでも、先述した安さや性能の方が魅力的だから、個人輸入を介してでもわざわざ購入する日本人が多いんだと思います。ただし、初めてワンステップ排卵検査薬を買う場合は、日本語訳説明書を添付してくれるドクターズチョイスからにした方が良いみたいです。

 

 

排卵検査薬が上手く反応しない人でもワンステップ排卵検査薬なら!

 

せっかく排卵検査薬を使ったのに、上手く反応しなくて性交渉のタイミングをとれなかった。そういった失敗は意外と多いそうです。具体的には、何時まで経っても薄い陽性しか出ず、陰性に戻ってしまったという感じみたいです。確かに、排卵までの時間の起算点となる濃い陽性が出なければ、タイミングも分かりませんよね。

 

そこで、排卵検査薬が中々上手く反応しない人でも使えそうなものを調べてみたところ…ワンステップという、アメリカ製の排卵検査薬が出て来ました。なんでも、感度が20 IU/Lと標準よりも高めとなっている関係上、体質的に、排卵期に入っても黄体ホルモンの分泌量がそこまで多くならない人が使っても、その増え幅を適切に判定へと反映してくれるのだとか。

 

そのため、今まで排卵検査薬で薄い陽性までしか出なかった人でも、ワンステップ排卵検査薬を使えば、くっきりとして濃い陽性が出るため、ちゃんと性交渉のタイミングをはかれるそうです。実際、ネットを調べてみると、ワンステップ排卵検査薬を使って見事妊娠できたという人の声が多々ありました。

 

ただし、ワンステップ排卵検査薬は海外が製造元なため、調剤薬局には無く、入手するには個人輸入に頼る形となるそうです。

 

排卵検査薬をたくさん使いたいならワンステップ記事一覧

ワンステップ排卵検査薬で陽性続く!?ワンステップ排卵検査薬は、アメリカ製の排卵検査薬ですが、日本でも高い人気を誇ると聞き...

ワンステップ排卵検査薬で妊娠検査!?ワンステップ検査薬は、単価が80円ちょっとととても安いため、個人輸入を利用して購入し...

ワンステップ排卵検査薬の陽性は画像を参照しなくても良い!排卵検査薬は、尿をかけるだけで簡単に排卵が予測できそうですが、実...

ワンステップ排卵検査薬は陰性が出にくい!?排卵検査薬を使うと、最初の1、2回は陰性ということが多いみたいです。そこから、...

ワンステップ排卵検査薬は排卵後にも陽性が続く!?ワンステップ排卵検査薬を愛用する日本人は、意外と多いそうです。なぜなら、...