ワンステップ排卵検査薬 排卵後


ワンステップ・クリアブルー


ワンステップ排卵検査薬は排卵後にも陽性が続く!?

 

ワンステップ排卵検査薬を愛用する日本人は、意外と多いそうです。なぜなら、1回分につき80円ちょっとと破格の安さであるにもかかわらず、海外製と言っても製造国はアメリカで、そのアメリカでは正式に認証された上で一般に広く流通されていることから、品質に関しては折り紙つきだからです。

 

しかし、ワンステップ排卵検査薬を実際に使っている人の声を見ると、どうも上手く行っているケースばかりではないみたいなんです。具体的には、排卵まで48時間以内であることを示す、濃い陽性反応が出てしばらくした後も、薄い陽性が続いて、判断に悩んでしまうことがあるのだとか。

 

濃い陽性反応が出て暫く経ったら、排卵も終わっているということですよね。それなのになぜ、薄いながらも陽性が示されるのでしょうか?その点が疑問だったので、詳しく調べたところ、原因はワンステップ排卵検査薬の感度にあると分かりました。

 

なんでも、ワンステップ排卵検査薬の感度は、20IU/Lと少し高めとなっているため、排卵後も暫くは体内に残る少量の黄体ホルモンに反応することがあるのだとか。そのため、濃い陽性の後に薄い陽性が出ても、ワンステップ排卵検査薬の場合は基本的に心配しなくても良いそうです。

 

 

 

ワンステップ排卵検査薬でずっと陰性はまず無い!

 

排卵検査薬を使えば誰でも簡単に排卵を予測できる。そう期待していたのに、いざ排卵検査薬を使ったところ、ずっと陰性しか出ないで全然役に立たなかった。そうしたトラブルは、意外とあるみたいです。最初それを聞いた時は、そもそも排卵が起こっていないからでは、とも思ったのですが、生理は毎月ちゃんとあるためそうではないのだとか。

 

では、なぜずっと陰性しか出なかったというトラブルが起こるのかと言うと、大抵の原因は感度にあるみたいです。詳しく言うと、体質的に黄体ホルモンの分泌量が元々少なかったり、排卵期に入ってもそこまで増えなかったりする場合は、排卵検査薬の黄体ホルモン検出機能が足りず、正しい判定が示されないそうです。

 

そこで、そうした体質の人でもちゃんと使える排卵検査薬を探してみたところ、ワンステップというのがヒットしました。なんでも、ワンステップ排卵検査薬の感度は、標準感度が40IU/L のところ、20IU/Lとかなり高めとなっているため、黄体ホルモン量が少なくても増え幅を適切に判定してくれるのだとか。

 

そのため、排卵検査薬を使ったのにずっと陰性だったり薄い陽性だったりした場合は、ワンステップ排卵検査薬に切り替えてみると良いそうです。