ワンステップ排卵検査薬 陰性


ワンステップ・クリアブルー


ワンステップ排卵検査薬は陰性が出にくい!?

 

排卵検査薬を使うと、最初の1、2回は陰性ということが多いみたいです。そこから、徐々に黄体ホルモンの分泌量が増えていく関係上、薄い陽性が出て、最後に濃いが示されるんですね。しかし、中にはその最初の陰性が出にくい排卵検査薬もあります。有名所としては、ワンステップ排卵検査薬が挙げられるそうです。

 

では、なぜワンステップ排卵検査薬だと、陰性が出にくいのかと言うと…感度が他に比べてちょっと高めだからです。具体的には、30〜40IU/Lが標準感度であるところ、ワンステップ排卵検査薬の感度は20 IU/Lとなっているのだとか。

 

つまり、黄体ホルモンを少量から検出できるため、最初の内からいきなり薄い陽性を示すということも多いみたいです。逆に、ワンステップ排卵検査薬で陰性だった場合は、体質的に黄体ホルモンの分泌量が少なめか、そもそも排卵に問題があるかのどちらか、だそうです。

 

そのため、体質的に黄体ホルモン分泌量が少ないせいで、他の排卵検査薬だと上手く濃い陽性が出なかった場合でも、ワンステップ排卵検査薬に切り替えればくっきりと陽性が示されるそうです。ただし、逆の体質の場合だと、連日濃い陽性が出て全然参考にならない場合もあるため、その点は注意すべきとのことでした。

 

 

男の子が欲しくてもワンステップ排卵検査薬!

 

男の子が欲しい場合は、排卵日の当日と、その翌日に、集中的に性交渉をすると良いそうです。ちなみに、女の子が欲しい場合は、排卵日の前日と前々日と言われています。そのため、男の子が欲しい場合は、どの排卵検査薬でも大丈夫ですが、女の子が欲しい場合だと、陽性が少し早めに示される排卵検査薬を使うべきみたいです。

 

そこで、女の子の産み分けには、ワンステップ排卵検査薬がよく推奨されています。なんでも、これなら排卵の48時間前から濃い陽性を示してくれるとかで。大抵の排卵検査薬は、排卵の24〜36時間前にならないと濃い陽性を示しませんから、これは確かに早いですね。

 

しかし、男の子の産み分けに際しても、ワンステップ排卵検査薬を使う価値は、多いにあります。なぜなら、ワンステップ排卵検査薬の値段は、1回分につき80円ちょっとと、海外製の排卵検査薬の中でもトップクラスの安さを誇るからです。

 

また、判定結果が表示される部分のすぐ横に、見本となるテストラインも示されており、それと自分の判定結果とを見比べて陽性の濃さの段階を判断できる関係上、初心者でも簡単に使えるそうです。そのため、海外製ではありますが、ワンステップ排卵検査薬を愛用する日本人も多いとのことでした。