ワンステップ排卵検査薬で妊娠検査


ワンステップ・クリアブルー


ワンステップ排卵検査薬で妊娠検査!?

 

ワンステップ検査薬は、単価が80円ちょっとととても安いため、個人輸入を利用して購入している日本人も多いそうです。ここまで安いと普通品質の方が心配となりますが、ワンステップ排卵検査薬はアメリカを製造元とし、既にそこでは正式に認証を受けた上で広く流通しているため、その点も問題無いみたいです。

 

確かにこれなら、わざわざ個人輸入を使ってでも購入する日本人が多いのも分かります。しかし、ワンステップ排卵検査薬は、海外製の排卵検査薬ということもあり、一定数からしか購入することができません。そのため、早期に妊娠できた場合は、無駄になってしまうそうです。

 

いくら安いとは言え、使わずに捨てるのはちょっと勿体ないですよね。そこで、何か良い活用方法がないか探してみたところ、ワンステップ排卵検査薬は妊娠検査にも使用できるということが分かりました。

 

なんでも、ワンステップ排卵検査薬が排卵を予測する際に感知する黄体ホルモンと、妊娠検査薬が妊娠の有無を判断する際に感知するヒト絨毛性ゴナドトロピンホルモンは、その構造が似ているとかで。そのため、生理が来なくて妊娠が疑われる場合は、妊娠検査薬を買う前に、ワンステップ排卵検査薬を使ってみるのも良いそうです。

 

 

ワンステップ排卵検査薬は妊娠した後も使える!?ワンステップ排卵検査薬 妊娠した

 

ワンステップ排卵検査薬は、海外製の排卵検査薬の中でも屈指の単価の安さ、製造元がアメリカであるが故の高い品質、テストラインが描かれているための使いやすさなどの関係で、購入の際は個人輸入を経由するという手間があるにもかかわらず、日本人からも高い人気を集めているそうです。

 

しかし、海外製の排卵検査薬となると、単価が安い代わりに、ある程度まとまった量から購入しなければいけません。そのため、ワンステップ排卵検査薬が余ってしまった、ということも多々あるみたいです。安いとは言えタダではありませんから、捨てるのは忍びないですよね。

 

そこで、ワンステップ排卵検査薬の意外な活用方法があります。それは、妊娠検査薬の代わりとして使うというものです。なぜ、黄体ホルモンを検出することで排卵を予測する排卵検査薬を、ヒト絨毛性ゴナドトロピンホルモンの有無によって妊娠を感知する妊娠検査薬としても活用できるのでしょうか?

 

調べたところ、両者のホルモンは構造が似ているからだと分かりました。そのため、妊娠検査薬に比べると一段正確性は落ちますが、悪阻っぽい症状が出たり生理が来なかったりと、妊娠が疑われる状態になったら、妊娠検査薬の前に使ってみると良いそうです。

 

 

ワンステップ排卵検査薬の陽性反応は妊娠反応!?ワンステップ排卵検査薬 妊娠反応

 

ワンステップ排卵検査薬は、単価が80円弱ととても安いため、個人輸入を利用して購入している日本人も多いみたいです。しかし、個人輸入の場合は、ある程度まとまった量からしか買えないため、ワンステップ排卵検査薬が余ってしまった、ということは意外とよくあるそうです。

 

単価が安いとは言え、捨てるのは躊躇われますよね。そうかと言って、人に譲るのも簡単ではありませんし、欲しいと言っている友人がいたとしても、排卵検査薬が合うか合わないかにはかなり個人差があると聞きますから。そこで、ワンステップ排卵検査薬を、排卵予測以外でもなんとか活用できないか調べてみました。

 

すると、意外なことに、妊娠検査薬の代替品になると分かりました。つまり、ワンステップ排卵検査薬の陽性反応が、妊娠検査薬で言う妊娠反応ということですね。ただ、なぜそのように活用できるのでしょうか?排卵検査薬と妊娠検査薬とでは、検出できるホルモンは違うと思うのですが。

 

その点が疑問だったのですが、その両方のホルモン、具体的には黄体ホルモンとヒト絨毛性ゴナドトロピンホルモンの構造が、どうも似ているからだそうです。そのため、妊娠検査薬に比べると精度は一段劣りますが、ワンステップ排卵検査薬が余ったら試すと良いみたいです。

 

 

ワンステップ排卵検査薬は楽天に無い!?

 

ワンステップ排卵検査薬を、ネット上で購入して使っている日本人が、ここ数年で徐々に増えていると聞きます。しかし、ワンステップ排卵検査薬は、日本の調剤薬局には置くことのできない、海外製の排卵検査薬です。つまり、購入手続きには必然と手間がかかることになります。

 

それなのに、なぜ日本製の排卵検査薬を差し置いて、ワンステップ排卵検査薬は人気を集めているのでしょうか?調べたところ、値段がとても安いにもかかわらず、高い品質が保証されているからだと分かりました。具体的には、1回分につき80円ちょっとしかしないのですが、製造元がアメリカでそこでは既に認証されている関係上、まだ日本では認可されていないと言っても、品質に関しても折り紙つきなのだとか。

 

しかし、残念なことに、ワンステップ排卵検査薬は、楽天などのような普通のネット通販では買うことができません。なぜなら、排卵検査薬は通販で扱えない決まりとなっているからです。では、どのようにしてネット上で購入するのかと言うと…個人輸入というシステムを使うみたいです。

 

つまり、自分で直接海外から購入する形をとるんですね。それでも、最近は個人輸入代行サイトも充実しているため、実質は普通の通販とそこまで手間は変わらないとのことでした。

 

ワンステップ排卵検査薬は蒸発線が出やすい!?

 

排卵検査薬で厄介なのが、蒸発線だそうです。蒸発線とは、判定時間を過ぎた後に浮かび上がる、うっすらとした陽性ラインです。なんでも、尿中には排卵期ではなくても、黄体ホルモンが混じっているため、それに反応すると不完全ながら陽性ラインが示されるとかで。

 

そのため、排卵検査薬に関して初心者の人は、少々判断に戸惑うそうなのですが、とりあえずは判定時間を過ぎているか否かを基準にすれば良いそうです。しかし、排卵検査薬の中には、蒸発線が出やすいものもあります。それは、ワンステップなど、感度の高い排卵検査薬です。

 

確かに、感度が高いということは、少量の黄体ホルモンでも検出できてしまいますからね。実際、ワンステップ排卵検査薬について調べると、蒸発線に関する相談の声も一定数出て来ます。となると、ワンステップ排卵検査薬はあまり使わない方が良いのでしょうか?

 

しかし、実際は、蒸発線に関する難点以外は良いこと尽くめでした。具体的には、1回分につき80円弱と、海外製排卵検査薬の中でもトップクラスのコストパフォーマンスに加えて、排卵を48時間前から知らせてくれるという高い性能も備わっているとかで。そのため、ワンステップ排卵検査薬は蒸発線の部分を差し引いても、買う価値は多いにあるとのことでした。