排卵日検査薬 必要性


ワンステップ・クリアブルー


排卵日検査薬の必要性について

 

妊娠を目的に基礎体温計で排卵期を測定しているという方、排卵日検査薬を使用したことはありますか?

 

最近の基礎体温計はコンパクトでデザインも可愛らしく色々な機能もついているので、基礎体温計を使っていれば排卵日検査薬は必要ない!と考える方も多いかもしれません。

 

でも中には基礎体温計の使用方法に煩わしさを感じている方もいるのではないでしょうか?

 

基礎体温計は基本として継続的に測定する必要があり、つい測定を忘れてしまうことや同じ時間に測定ができないような機会に出会うことも少なくはありません。

 

例えば1分以内に測定できるような負担の少ない基礎体温計であっても、毎日決まった時間に測定することはなかなか難しいものです。

 

そんな煩わしさから基礎体温は把握していきたいものの続けてはいけず、結局辞めてしまう方も多く存在します。

 

基礎体温計が幾ら優秀なアイテムであっても、毎日同じ時間に測定ができなければ、そもそもの排卵期についても信頼できる予測は立てられません。

 

そんな風に基礎体温計が続けられなかった方にオススメできるアイテムこそが、排卵日検査薬です。

 

排卵日検査薬を使えばよりシンプルに排卵期の予測を立てることができます。

 

例えば基礎体温計を毎日は使用できない方であっても、日頃から生理期が安定していて基礎体温計で1日測り忘れるようなことがあっても大きな影響はないと言える方であれば、排卵日検査薬は特別必要なものではないかもしれません。

 

ですが、生理周期が規則正しいとは言えない方や排卵期について把握しきれていない方、基礎体温計を続けることは難しいという方であれば、排卵日検査薬は非常に使えるアイテムとなります。

 

中でも、何歳までには子供が欲しいなどより具体的な妊娠の理想がある方ほど、排卵日検査薬は使えるサポートアイテムとなってくれます。

 

排卵日検査薬の正確さ

 

多くの排卵日検査薬は紙製のもので排卵前に上昇する黄体ホルモンの量を感知することで色が変わり、陰性か陽性かの判断ができる製品です。

 

その色の変化については、例えば抗体ホルモンの反応するギリギリのラインであった場合には、はっきりとは濃い色が出ず判断しにくいということもあります。

 

ですが、ほとんどの排卵日検査薬は非常に感度が高く設定されていますので、むしろ黄体ホルモンが上昇しはじめるとすぐに反応してしまって排卵期を長く検出してしまうのがかえって不便ということの方が多いくらいなのです。

 

 

つまり、検査結果自体は信頼できるけれど、紙製の排卵日検査薬の場合は陰性か陽性かの判断に迷ったり、いつが排卵日なのかはっきりと特定できなかったりすることが出てきてしまうこともあります。

 

最近では通販サイト等で様々な種類の排卵日検査薬が販売されていますが、これらの欠点は紙製の検査紙全てが持っているものですので、安いから精度が低く高価だから信頼できるということではなく、どの製品であったとしてもその品質に違いはないと言えます。

 

しかし実際には個人と製品との相性も出てくるものですので、利用しやすいと感じる排卵日検査薬には個人差が生じても不思議はありません。

 

 

排卵日検査薬の欠点とその補い方

 

排卵日検査薬や基礎体温計で正確な排卵日を特定できている方は多く存在しますが、中にはなかなかその特定がうまくいかないという方も存在します。

 

排卵日の特定がうまくいかないということは、生理周期が不規則だったりホルモンバランスやリズムが崩れがちであることが多いですから、同時に妊娠しにくい身体である可能性が高いということでもあります。

 

つまり、体のリズムが安定していて正常に妊娠が出来そうな方にとっては排卵日検査薬の精度も高くなるものの、周期が崩れがちで本当に排卵日を特定したくて苦労している人にとっては排卵日検査薬を使用しても判断しにくい面があります。

 

 

そんな排卵日検査薬の欠点を補う上で知ってもらいたいのが、次の3つのポイントです。

 

1つ目は、費用負担の少ない安価な排卵日検査薬を使い頻繁に測定するようにすること。

 

これによりホルモンの変化を細かく追うことが出来ます。

 

いつ来るか分からない生理や排卵期に備えて比較的長いスパンで検査をし続けるという方法です。

 

 

2つ目は、デジタル式の排卵日検査薬を使うこと。

 

デジタル式の排卵日検査薬は紙製タイプとは違い自分で判断する必要はなく、結果を信頼することができます。

 

ホルモンの量が多めで、紙製の検査薬では陽性期間が長くなってしまいがちという方にオススメの排卵日検査薬です。

 

 

3つ目は、排卵日検査薬と基礎体温計を併用すること。

 

排卵日検査薬と基礎体温計を同時に活用していけば、基礎体温計で体のリズムを正確に測りつつ低温期から高温期に移り変わることを見計らって排卵日検査薬を使うという合わせ技でによって、より正確に排卵日が特定できます。

 

合わせ技はその分精度が高くなりますので、万一女性が罹る病気などがあってもその異変に早く気付けるメリットもあると言えます。

 

将来の妊娠の理想と排卵日検査薬の活用

 

将来的に子供を授かり出産したいという具体的なビジョンがある方であれば、尚更に自分の排卵期を出来る限り正確に把握しておくことが重要になります。

 

その理想的な時期が例えば今年中ということであれば、早々に妊活をスタートさせ、その便利アイテムとして排卵日検査薬を活用することをオススメします。

 

何もしなくても自然と妊娠となれば言うことはありませんが、妊娠が想像しているよりも簡単にできることではなかったりもします。

 

夫婦共に健康で子作りもしているのになかなか子供に恵まれないという方々であれば、その難しさは痛感されていることと思います。

 

もしかしたら不妊症なのでは?と疑う方も多くいますが、その理由の蓋を開けみれば自分の排卵期について勘違いしていたり、子作りのタイミングが間違っていたりといった初歩的なことで妊娠を逃していることも実に多いものです。

 

妊活というものは、何も不妊症の方だけがすることではありません。

 

一昔前と比較してみてもホルモンバランスが乱れがちと言われる現代に生きる私達にとって、想像するようには子供ができないという事態は決して不測の事態ではなく当然にあり得ることとして備えるべき事柄となってきています。

 

言わばそのはじめ一歩となるのが自分の排卵期を正確に知ることで、これも立派な妊活のひとつと言えます。

 

そのためにもはや不可欠とも言えるのが排卵日検査薬や基礎体温計といったアイテムなのです。

 

妊娠の理想が例えば◯歳までには、◯年先までには...といった比較的漠然としたものであっても、同様のことが言えます。

 

いざ子供を作りたい!と思った時から妊活を始めても、すぐに妊娠できるという保証はありません。

 

大まかな理想でも具体的なビジョンでも妊娠に対して意欲があるのであれば、今からでも出来ることをやり進めておくことをオススメします。

 

 

 

排卵期と子作りのタイミング

 

排卵期の勘違いと子作りのタイミングによって妊娠の機会を逃していることは多くあります。

 

排卵期の勘違いは基礎体温計を使っている方であっても起こりえます。

 

基礎体温計は低温期と高温期の二相に分かれるのが正常のグラフで、その体温の移行が正に排卵期と判断できます。

 

排卵日には体温がグッと下がるのでグラフが平均的な方は分かりやすいかと思いますが、排卵期をグラフで確認した=排卵してしまったとも言えます。

 

卵細胞の生殖可能な時間は短く寿命は長くても24時間程度と言われています。

 

更により確立を高めるためには排卵後6時間?12時間の間に受精のタイミングを合わせることが理想的です。

 

これは当然新鮮な方が生殖能力が高いためです。

 

つまり、基礎体温計で朝に排卵日を確認していても、子作りができる夜には既に理想的なタイミングを逃している可能性が高いということになります。

 

ですが、卵細胞に比べ精子の寿命は比較的長く個人差はあっても2日や3日は生きて泳いでいますので、例えば排卵日の前の日と思われる日を狙って子作りをし精子に排卵を待ち受けてもらえば妊娠の確率を高めることができます。

 

排卵日検査薬は排卵期前のホルモンの変化を追ってくれますので、この実現に役立てることができます。

 

正確な排卵期を知る

 

基本的には生理周期に合わせて排卵期も特定できるようになるものですが、たとえ性周期が安定していも排卵期を逃す可能性はあります。

 

予測していた日とは1週間もずれていた...といったことは珍しいことかと思いますが、前述した通り卵細胞の寿命は極めて短いものです。

 

たった一日のズレであっても妊娠に大きな影響を及ぼすことがあります。

 

計画的な妊娠を希望しているからこそに自分の身体に対する思い込みが強く、そのタイミングを逃すということは十分に有り得ます。

 

だからこそ限られた期間のみでも構いませんんで、一度自分の身体を見つめ直す機会をもってみてください。

 

個人で検査をするということではなく病院で様々に検査を受けてみたいというのであれば、もちろんそれでも構いません。

 

ただ病院に行くのはちょっと...と思う方の場合は、通販で購入できる排卵日検査薬などを活用して自分の身体について知る機会をもってみてください。

 

排卵日検査薬は手頃な価格のものからそれなりに高価なものまで様々に揃えられていますが、費用負担の少ない低価格のものでも十分に活用できます。

 

低価格のものであっても使用方法さえ間違いなければ排卵期を確認することは絶対にできます。

 

もしも海外製の排卵検査薬を使用しても排卵が確認できない、異常に周期がずれるといったことがあれば、身体に異常があることも考えられますので一度病院で診察を受けてみるようにしましょう。

 

漠然としたものでも計画的なものでも子供を産みたい理想があるならば、排卵日検査薬はもやは必要不可欠と言っても過言ではありません。

 

将来に向けて準備をするためにも、排卵日検査薬を活用して自分の身体について知る機会をもってみてください。

排卵日検査薬の必要性記事一覧

基礎体温計を併用する排卵検査薬は基礎体温計と併用することで、よりしっかりと排卵そのものや排卵期について把握できるようにな...

排卵検査薬で希望通りに産み分け妊娠して女の子が欲しいと女性は多いけど、希望通りの子供が生まれるかどうかはわかりませんよね...

排卵検査薬で妊娠の確率が低い人排卵検査薬を使っても妊娠の確率が低い人は『月経不順』です。これだけは、自分の経験上、すごく...