基礎体温計を併用する


ワンステップ・クリアブルー


基礎体温計を併用する

 

排卵検査薬は基礎体温計と併用することで、よりしっかりと排卵そのものや排卵期について把握できるようになります。

 

 

女性の身体は排卵期を境に低温期と高温期に分かれますので、排卵がしっかりと行われていれば基礎体温計のグラフは綺麗に二相で表示されます。
生理後、2週間程度で高温期に入るのが確認出来れば、基本的には排卵は行われたと考えて問題ないでしょう。
ただ基礎体温計は、排卵のタイミングを予め知る上では不利な面があります。
高温期に入った段階で排卵は行われていますので、その時には既に受精のタイミングを逃している可能性があるのです。

 

 

排卵検査薬は、この基礎体温計の欠点を補う上でも役立つアイテムです。
排卵検査では排卵のタイミングを予め知ることができますので、性交渉のタイミングを逃す確率も下げることができます。

 

 

また、基礎体温計は婦人系の病気の特定にも役立てられます。
例えば日頃から生理不順といった問題を抱えていて、もしかしたら婦人病を患っているかもしれない...と感じた際、基礎体温計のデータが病気の特定に繋がることがあるのです。
治療方針を決定づける手がかりになることもありますので、女性が使用することに損はないアイテムとも言えます。

 

 

この2つを併用している方の中には、日頃から基礎体温計で体温の変化を認識する癖をつけ、いざという時に確信を得るために排卵検査薬でチェックする...といったやり方で、性交渉のタイミングをより確実なものに近づけている方もいます。
どちらかひとつだけでも十分力は発揮してくれますが、併用するメリットは決して小さいものではないと言えるでしょう。

 

 

排卵検査薬を使うなら生活習慣の改善も大事

 

生理周期が安定しない人は、排卵検査薬を使う前に生活習慣の見直しが大事です。
生理周期は不規則な生活をしていると、どうしてもホルモンバランスが崩れてしまい、安定しなくなってしまいます。
私は精神的に嫌なことがあったり、忙し過ぎてしまうと、生理がない時もありました。
そのため、生理周期の安定っていうのは、心身ともに健康的な状態じゃないと成り立たないということです。
子供が欲しいのであれば、やっぱり排卵がしっかり出来ていることが条件になってきますので、ただ闇雲に排卵検査薬を使っていても、妊娠確率が上がりません!
ちゃんと排卵があるのかを確認してから排卵検査薬を使うようにすることがおすすめです。
排卵が安定していない人は、やっぱりどんなに排卵検査薬を使っても、なかなか結果が出にくいです。
それこそ、排卵予想が外れまくって、一月で1パックを使ってしまう可能性だってあります!
不安になってくると、1日1本の割合では、満足できなくなってしまいます。
朝と夜に惜しげなく排卵検査薬を使えた方がおすすめです。
ケチケチしながら妊活をしていると、それこそストレスが溜まって嫌になってきます。
朝と夜では、結果が異なることも多いですからね。